このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチンの棚をお洒落にする方法と、カラーボックスを使って棚を作る

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月27日

お洒落なキッチンに憧れを抱く人は多いだろう。食器や調理器具は形や大きさがバラバラなので、「なんとなく」で収納すると途端に雑多な印象になってしまう。キッチンをお洒落な空間にするために、キッチン棚のアレンジ方法を紹介する。

1. キッチンの棚をお洒落にするアイデア

キッチン棚に最も多く収納されるのは食器類だ。食器を収納するときのポイントは「色をそろえる」ということ。白色のゾーン、黒色のゾーンなど色別に食器を分けることで統一感が生まれ、見た目の印象もお洒落になる。収納の際にも同じ色の場所に入れればよいので収納場所に迷うこともなくなるだろう。

デザイン性の高いお洒落な食器は、「見せる収納」として飾ってもよい。お気に入りの食器をガラス棚に入れておくだけでキッチンが華やかになり、料理に対するモチベーションの向上にもつながる。棚の中を見せたくない場合はお洒落なカフェカーテンで「隠す収納」にする方法もある。カフェカーテンは突っ張り棒で簡単に取りつけられるので、オープンタイプのキッチン棚を手軽にアレンジできる。

キッチン用の掃除用品やゴミ袋は生活感が出やすいので、カゴや箱にまとめて入れてしまうのをおすすめする。ナチュラルなキッチンにしたいなら木製のカゴ、シンプルなキッチンなら白い箱、お洒落なキッチンならデザイン性の高い箱など、好みに合わせて入れものを選ぼう。高い位置などに収納するものは取っ手つきの入れものだと出し入れがしやすい。入れものを複数使うときはデザインを統一するとお洒落に見える。

2. キッチンの隙間にフィットするスリムな棚

キッチンは意外にデッドスペースが多く、いろいろなところに隙間ができることがある。とくに多いのが冷蔵庫と壁の隙間だ。キッチンのデッドスペースを活用したいときは、隙間にフィットするスリムな棚を探そう。隙間用のスリムな棚には「キッチンワゴンタイプ」「メタルラックタイプ」「プラスチックタイプ」などがある。隙間から引き出して使う場合はキャスターつきのタイプがおすすめだ。

キッチンワゴンタイプは棚にカゴがついた形状で、置いているものが外から確認しやすいのが特徴だ。出し入れもしやすいので、使用頻度の高いラップやタッパーなどの収納に適している。カゴを取り外しできるタイプのワゴンなら、自分の好きなカゴと入れ替えてカスタマイズも楽しめる。また、キッチンワゴンは構造が単純なので比較的簡単に作ることもできるアレンジの幅が広い隙間収納だ。

頑丈な隙間収納がほしい人にはメタルラックがおすすめだ。メタルラックは金属製なので耐荷重が高く熱にも強いため、電子レンジやトースターなどの調理家電の収納にも適している。幅や高さのバリエーションが豊富なので、隙間収納から大物収納までさまざまな場面で活躍できる。

プラスチックタイプは食品のストックなどに適した隙間収納だ。ホコリを避けたい食品やコーヒーメーカーなどを引き出しに入れられるので、衛生的に使用できる。置き場に困るレシピブックなどの収納にもおすすめだ。

3. カラーボックスがキッチン棚に早変わり

カラーボックスは家中のどこでも活躍できる万能アイテム。そのままキッチンに置けば棚として使用することもでき、アレンジ次第でオリジナルのお洒落な棚を作ることも可能だ。カラーボックスは縦置きでも横置きでも使用できるので、並べたり重ねたりすることで収納スペースを増やすことができる。カラーボックスはピッタリのサイズの箱や引き出しを調達しやすいので、お気に入りの箱でカスタマイズを楽しめる。

カラーボックスは加工がしやすいのも特徴だ。木製なので接着剤やクギを使用しやすく、用途に合わせて棚を増やしたり減らしたりすることができる。中を隠したい場合は扉を取りつけてもいいだろう。カフェカーテンや布の取りつけも簡単なので、隠す収納としても優秀なアイテムだ。カラーボックスを複数重ねて使用する場合は落下防止のためにしっかりと固定するよう注意しよう。

カラーボックスの塗装を変えてキッチンの模様替えをすることもできる。ペンキを塗るときは塗装する面にサンドペーパーをかけると塗りやすくなる。ペンキの水分によって板が反ることがあるため、塗装する際は組み立ててからペンキを塗るように注意が必要だ。塗装が難しい場合は「リメイクシート」などで模様替えすることもできる。リメイクシートは貼るだけで雰囲気を変えられるシートで、手軽にアレンジを楽しめるアイテムだ。キッチンの雰囲気を変えたいときにはカラーボックスで棚を作ってみるのもよいだろう。

結論

キッチン棚をお洒落に見せるポイントは同系色の食器をまとめて統一感を出すことと、こまごましたものは箱などに収納することだ。隠したい場所にはカフェカーテンなどで目隠しをし、デザイン性の高い食器はあえて見せることで一気にキッチンがお洒落になる。カラーボックスでオリジナルのキッチン棚を作れば、楽しみながら模様替えもできる。紹介したアイデアを参考に、理想のキッチンを作ってみてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ