このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチンゴミ箱は分別できる機能的なものを!うまく分けるアイデアも

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月21日

住んでいる自治体によってはゴミの分別基準が細かくて面倒なところもあるだろう。分別に適したキッチンゴミ箱を使わないと、ゴミを出すときに非常に面倒になる。今回は、狭いキッチンでも収納力があって、細かく分別できるキッチンゴミ箱やうまく分別するアイデアなどを紹介しよう。ゴミ箱周りがスッキリしているとキッチンも清潔でおしゃれに見えるだろう。

1. キッチンゴミ箱はシンプルな無印

すっきりと分別しながら、なおかつ清潔感がありおしゃれに見えるキッチンゴミ箱といえば、やはり無印良品だろう。無印のキッチンゴミ箱はポリプロピレン製で、まるで壁と一体になったかのようなシンプルなデザインがありがたい。主張しすぎないデザインだからこそどんなキッチンに置いても馴染むのだ。20Lと30Lの大きさがあるが、あまり大きくないので分別用に2つ、3つと並べて使っている人も多く、スリムなデザインだから並べて使っても圧迫感がないのがいい。

無印のキッチンゴミ箱がほかと違うのは、蓋の向きを変えられることだろう。横開き、縦開き、どちらにもできるので置く場所によって蓋の開け方を変えられるのが便利なキッチンゴミ箱だ。狭いところに置いても縦開きにできるからゴミも捨てやすい。フタは別売りになっているので、必要だと思う時に後から買い足すことも可能だ。

また、中にはワイヤーがついていてさらに2分別にできるので、缶とビンなど細かい分別もしやすくなっている。下には収納ケース用のキャスターを取り付けられるようになっている。収集日にゴミを出す時も軽々とゴミ箱を取り出すことができるから、忙しい朝でもストレスにならないだろう。

2. 分別しやすいおすすめのキッチンゴミ箱

わずかな隙間も利用しよう

キッチンゴミ箱の数を増やしたいけれど置く場所が足りない!と思ったら、わずかな隙間も有効利用することをおすすめする。ベルメゾンの「隙き間に置けるキャスター付き分別ゴミ箱」は、幅がわずか17cmしかないのに42リットルも入る分別ゴミ箱で、引き出しは3段あるが、中でさらに2つに分別することもでき、最大6つの仕分けができる優れものである。

スリムなのにたっぷり入る

「スムーススタンドダストボックス5P」は、幅が34cmと非常にスリムで場所を取らないのにたっぷり収納できるのが魅力のキッチンゴミ箱だ。置く場所は、横向きにしたB4サイズのスペースを目安にしてほしい。5段になっているので燃えるゴミ、燃えないゴミのほかに缶やペットボトルなどの仕分けもしやすく分別が楽である。

縦型のキッチンボックスは引き出し式のものが多いが、スムーススタンドは蓋がフラップ式で上部を指で軽く触れるだけでゆっくりと開くので両手がふさがっていてもゴミが捨てやすい。そして何よりデザインがおしゃれなのがおすすめのポイントだ。スタイリッシュな鏡面仕上げはキッチンゴミ箱特有の生活感をなくしてくれている。

捨て方が選べる分別

ペットボトルや缶の分別に便利なのが「ユニードプッシュ&ペダルダストボックス」である。小さい缶ならフタを開けずに、フタについているスイングパネルを押して捨てる。大きなペットボトルなら足でペダルを踏んで蓋を開ける、とフタの開け方が選べるのがおすすめのポイントだ。ゴミが落ちる構造にもこだわっており、ゴミが手前にたまらない工夫がされている。

3. キッチンゴミ箱を分別しやすくするアイデア

シンク前のスペースも利用する

狭いキッチンはとにかく空間をうまく利用したい。ゴミ箱を「置く」という発想をなくし、シンク前の引き出しの取っ手に袋をかけて使うというアイデアはどうだろう。フックを取り付けてそこに袋を吊り下げて分別する。料理をしながら「これは燃えるゴミ、これは燃えないごみ」と分別もしやすい。使うのはスーパーの袋でもいいが、せっかくだからちょっとおしゃれなエコバッグなどを引っ掛けて、その中にゴミ袋としてスーパーの袋をセットするようにすれば、見た目にも生活感が出にくくなる。

シンプルなラベルでわかりやすく

ゴミ箱がたくさんあるとどこに何を捨てればいいのかわかりづらくなり、捨て方を間違えたら分別もできなくなってしまうので、子供でもわかりやすいような工夫が必要だ。そこでおすすめしたいのが、数字のラベルを貼るというアイデアである。いくつも並んでいるキッチンゴミ箱に1、2など番号のシールを貼ってみよう。「1番にはペットボトル」などのルールを決めておけば、子どもでも間違えずに捨てることができるだろう。

資源ごみはキッチン以外に置いてしまう

キッチンゴミ箱は、限られたスペースに収めようとするからうまくいかなくなる。それならいっそのこと、違う場所においてもいいのではないだろうか。あまりたくさん出ない資源ごみ用のゴミ箱は、玄関や下駄箱の下のスペースに置くというアイデアもある。ゴミ出しの日も、家を出るついでに玄関からすぐにゴミを持っていけるので便利である。玄関が狭い場合はベランダに置いてもいいだろう。

結論

分別を楽にするには、それなりの数のキッチンゴミ箱が必要になるので、キッチンがごちゃごちゃしないようにスッキリしたデザインのキッチンゴミ箱を揃えたい。また、ゴミを出す時にできるだけストレスがないように置く場所なども工夫しよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ