このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

床下収納の種類と外し方。庫内整理におすすめのアイテムとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月25日

床下収納の形状には種類があり、扉を外せば内側の床下収納庫を外すことができる。収納庫を取り外すと整理整頓や掃除がしやすくなるので、自宅に床下収納がある人はぜひ外し方を知っておきたい。今回は、床下収納の3つの種類と外し方、整理整頓におすすめの収納アイテムを紹介する。

1. パナソニックの床下収納は3種類

床下収納はメーカーによって形状が異なるが、パナソニック製品は固定式とスライド式、和室用の3種類がある。

固定式

扉の下が床下収納になったスタンダードな形状で、床下収納庫は深型と浅型があり、深型はお酒や瓶など高さのあるものの収納に適している。浅型は食品や背の低いボトルの収納にぴったりで、深くしゃがまなくてもいいため出し入れがしやすい。

スライド式

2~3個の床下収納庫が横に並んだタイプで、横にスライドさせてものを取り出す仕組みだ。固定式よりも収納スペースが広く、キッチンにおすすめの形状。

和室用

畳一畳分の床下を収納庫にしたタイプで、和室の収納スペースを広げることができ、暖房器具や来客用座布団など使用頻度の低いものを収納するのに向いている。

パナソニックの床下収納は、リフォーム会社に依頼することで設置できる。実物を見てみたい人はパナソニックリビングショウルームで使い勝手を確認しよう。

2. 床下収納庫の外し方

床下収納内に設置されている床下収納庫は、取り外して水洗いできるタイプが多い。抗菌仕様のプラスチック製商品もあり、食品や飲料も安心して収納できる。スライド式は床下収納庫同士を連結させている金具を外すことでものを直接収納することも可能だ。

床下収納庫を取り出して全体を整理したくなったときや、水洗いしたくなったときは床下収納庫を取り出してみよう。床下収納庫の外し方はメーカーによって異なるが、蓋(扉)を外してから引き出すケースがほとんどで、蓋と床が結合しているタイプは、結合部分の金具を外す必要がある。

【床下収納庫の外し方】
1.蓋が急に締まらないよう、取っ手をしっかり持つ。
2.取扱説明書を確認しながら、蓋と床の連結部分の金具を操作する。
3.蓋を取り外して床下収納庫を真上に引き出す。

上記は一般的な床下収納庫の外し方で、各メーカーによって仕様が異なるので、作業前にメーカーの取り扱い説明書をしっかり確認して安全に取り外してほしい。

3. 床下収納庫の整理におすすめ!無印収納グッズ

床下収納は食料や日用品、掃除道具などを立てて収納するだけでも取り出しやすく見やすい収納ができる。しかし、小物をたくさん収納したい場合やものを詰め込みすぎて雑然としてしまう場合は、無印の収納グッズを使って整理しよう。

アクリル仕切り棚

ちょっとした段差をつけたいときに便利なのが透明のアクリル仕切り棚だ。下に置いたものが見えるので、どこに何を収納したのか一目瞭然で、棚の高さは10cmと16cmの2種類あり、収納したいアイテムの大きさに合わせて選べる。

ポリプロピレンファイルボックス

お酒や調味料、飲料など高さのあるボトルを立てて収納したいなら無印のファイルボックスがおすすめだ。複数個を並べるだけで床下収納庫内に仕切りができ、ボトルを入れても倒れない。シンプルなカラーとデザインでスッキリとした見た目が特徴だ。

ステンレスワイヤーバスケット

缶詰やレトルト食品など保存食の保管にはシンプルなワイヤーバスケットを活用しよう。床下収納庫内にワイヤーバスケットを複数個並べることで小物の仕分けが簡単になる。ステンレスはさびにくいため、湿気が気になる床下収納に最適だ。無印のワイヤーバスケットは見た目がおしゃれで、積み重ねもできる。

結論

床下収納の形状には3つの種類があり、扉を外すことで床下収納庫を取り出すことができる。水洗いできるので、ものを収納する前に一度洗ってもいいだろう。床下収納庫内に仕切りがない場合は、収納グッズを活用して整理整頓してほしい。収納ケースで仕切ると収納スペースが広がって使いやすくなる。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ