このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

さまざまな部屋に床下収納を!収納のアイデアも紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月27日

床下収納といえばキッチンや洗面所にあるもの、と思っている人は多いのではないだろうか?実は、床下収納は玄関や和室、子ども部屋などにも作って活用できる。また、床下収納は深さがあるため、デットスペースが多く使いこなしていない人が多い。しかし、アイデア次第で収納量をグンと増やすことができるのだ。ここでは、さまざまな床下収納の活用法や収納量を増やすコツおよびアイデアを紹介する。

1. 床下収納はキッチンや洗面所だけではない

床下収納は、床下というデッドスペースを活かして利用するので、キッチンや洗面所だけでなく次のような場所に作って活用できる。

玄関の段差の下

玄関の上り口は段差がある。その段差の下に引き出しをつけると、玄関下の床下収納ができる。家族が多い家庭や、下駄箱だけでは靴の収納が足りない家にはおすすめだ。

小上がりの和室

最近は、フローリングのリビングに小上がりの和室がある家も多い。小上がりの段差の下に引き出しをつけると、高さはあまりないがかなり広いスペースの床下収納ができる。客用の座布団や布団、シーツ、まくらなどを収納するといいだろう。キッチンや洗面所の床下収納だけでは入りきれなかった日用品などのストックを入れてもよい。

和室の畳の下

和室の畳の下はスペースが広いので、大容量の床下収納をつくることができる。クリスマスツリーや雛人形、五月人形など、一年に一度しか使わないものや、扇風機など特定の季節しか使用しない家電、キッチンや洗面所の床下収納には入らないバーベキューセットなどを収納すると便利だ。

2. 床下収納を使いやすくする3つのコツ

コツ1.上から見て収納しているものがわかるようにする

床下収納は普段使わないものを収納することが多いので、どこに何を入れたかを忘れることが多い。上から見て何がどこに収納されているのかがすぐにわかると、ストレスなく使用できる。

鍋やホットプレートなどは立てて収納するとわかりやすく、場所もとらない。しかも、すぐに取り出せるので便利だ。カゴやケースを積み重ねて収納する場合は、ふたや取っ手にラベルを貼るとよい。

コツ2.取り出しやすいように収納する

床下収納に入っているものを取り出すにはかがまなくてはならず、腰に負担がくる。取っ手のついたカゴやバッグに収納し、カゴやバッグごと取り出すことをおすすめする。

また、上のものが邪魔で下のものが取り出しにくい場合は、突っ張り棒を収納ボックスの上部に2本設置し、浅いカゴをひっかけるとよい。こうすると、カゴを左右にスライドできるので、下に収納したものが取り出しやすくなる。

ただし、突っ張り棒の耐荷重(何kgまで耐えられるかの数値)を超える重さのものを収納すると、突っ張り棒が落下してしまうので注意が必要だ。

コツ3.重すぎるものは収納しない

床下収納は取り出す際にはかがまなくてはならないので、あまりに重いものを収納すると、取り出す際に大変になる。取り出す時に負担になるほど重いものは収納しないようにしよう。

どうしても収納したい場合は、取っ手のついた袋やカゴに入れて取り出しやすいようにするとよい。

3. 100均グッズで床下収納を有効活用しよう

100均グッズは、床下収納の強い味方だ。100均グッズを使いこなして床下収納の収納量を増やそう。

カゴ、ケース

同じサイズのカゴやケースを積み重ねて収納すると、床下収納の上部まで使える。一番上は取り出しやすいように取っ手つきのカゴにしたり、ふたつきのケースには中身がわかるようにラベルを貼ったりするとよい。

ファスナーつきトートバッグ

ファスナーのついたトートバッグは立てて収納できる。中身を書いたタグをつけて並べて収納すると必要なバッグだけ取っ手をつかんで取り出すことができる。

書類スタンド

書類スタンドは取り出し口が斜めに切り込んであるので、取り出しやすい。予備の調味料をストックするのに適している。

突っ張り棒

2.で説明したように、突っ張り棒は床下収納庫の上部のデッドスペースの活用に役に立つ。ただし、100均の突っ張り棒は耐荷重が1キロ前後なので軽いものを収納しよう。

結論

床下収納は深さがあるのでデッドスペースができやすく、取り出しにくいのがデメリットだ。しかし、収納方法を工夫したり、100均グッズのアイデアを活かして利用したりすると、デメリットを改善し、収納量を増やすことができる。また、床下収納はキッチンや洗面所だけではなく、玄関や和室、子ども部屋などに作ると、普段使わないが必要なものの収納に大変役に立つ。これから家を建てる人やリフォームを考えている人はぜひ活用してほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ