このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

風呂の排水溝がつまったら!浴室のつまり解消方法とつまり防止対策

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月30日

風呂の排水溝掃除はどのくらいの頻度で行っているだろうか。風呂の縁のカビや、水垢汚れと違い、風呂場の排水溝内部は目に付きにくいため、掃除がおろそかになってはいないだろうか。排水溝の汚れによるつまりが原因で、水が流れなくなった場合、状況によっては深刻な事態になりかねない。そこで今回は、風呂の排水溝のつまり解消方法と対策について紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 風呂の排水溝つまりの原因

風呂の排水溝つまりが原因で、シャワーを使っていて足元に水が溜まっている、浴槽のお湯を抜いたら排水溝から水があふれてきた、といった経験をしたことはないだろうか。

風呂の汚れに関しては、浴槽の縁のゴムパッキンのカビや、鏡に付いた水垢は目に付きやすいが、排水口から配水管までに関しては、目に付きにくいため、掃除がおろそかになることもあるだろう。しかし、定期的な掃除を怠ると排水溝つまりの原因となり、状況によっては専門の業者への依頼が必要な事態にもなりかねないので注意が必要だ。

風呂の排水溝つまりの原因として挙げられるものには、髪の毛、皮脂や垢、石鹸やシャンプーのカス、それらが混ざり合ってできたヘドロ状の雑菌、シャンプーやリンスを詰め替えた際に切り取った容器の切れ端などの固形物がある。それらのつまり解消方法にはどのような方法があるだろうか。

2. 風呂の排水溝つまり解消方法と対策

風呂の排水溝がつまり、風呂の洗い場に水が溜まるなどの症状がある場合、原因として考えられる場所は、浴槽内の排水栓部分、洗い場の排水口の目皿、排水トラップと、配水管内部だ。まずは、排水溝の手の届く範囲でのつまり解消方法と対策について紹介しよう。

浴槽内の排水栓のつまり解消方法と対策

風呂浴槽の排水がスムーズにいかない場合は、排水栓下の排水口フィルターに髪の毛などがつまっていないか確認してみよう。

排水栓は、チェーンでつながったゴム栓タイプと、ボタンを押すと排水栓が上がり排水できるワンプッシュ式排水栓タイプの2種類がある。ワンプッシュ式排水栓の場合、排水ボタンを押して浮き上がった排水栓を、真っすぐ引き上げると取り外すことが可能だ。いずれの場合も、排水栓を抜いたら、排水口につまった髪の毛やゴミを、綿棒や細いブラシで取り除こう。

排水栓のつまり対策は、浴槽の水を抜く際、浴槽内の髪の毛は取り除いてから排水するとよいだろう。

洗い場排水口の目皿のつまり解消方法と対策

風呂の洗い場側の排水口には、目皿(ヘアキャッチャー)と呼ばれる、排水用の隙間の空いたふたが付いている。目皿が排水口カバーの下にある風呂の場合、目が行き届きにくいため、目皿の隙間をふさぐくらい髪の毛や汚れが溜まっていることもある。

目皿のつまり対策には、使い捨てタイプの排水口シートやネットがおすすめだ。髪の毛などが溜まったら取り換えるだけで済むので、目皿のつまりは簡単に解消できるだろう。

排水トラップのつまり解消方法と対策

排水トラップとは、水を使って排水管内部からの悪臭をせき止める構造のことを指し、洗い場の排水口から排水管へ続く箇所に設置されていることがほとんどだ。風呂の排水トラップには、髪の毛や皮脂、ヘドロ状の汚れが溜まり排水溝つまりの原因となることがある。

風呂の排水トラップのつまり解消方法は、まず排水トラップ内の部品(封水筒、ワンなど)を取り外し、髪の毛などのゴミをビニール袋に回収する。封水筒は、若干回すか、スライドさせ、ワンはそのまま持ち上げれば取り外せる場合が多い。ただし、無理な力を加えると破損の恐れがあるので、簡単に取り外せない場合は無理に取り外さないようにしよう。次に、各部品と、排水溝内部の汚れをスポンジや歯ブラシで掃除し、最後に部品を元に戻せば終了だ。

排水トラップ内のつまり対策にも、目皿に付けた目の細かい排水口シートやネットが役に立つ。目皿は目の粗いものが多いため、髪の毛などは穴をすり抜け、排水トラップに流れ落ちつまりの原因となる可能性が高いからである。

3. 風呂の排水溝奥のつまり解消にワイヤーブラシなど専用の道具を使う時は慎重に

風呂の排水溝奥の排水管部分につまりが生じた場合は、道具を使用し、空気圧や道具の力で直接つまりにアプローチする方法と、パイプクリーナーを使用し汚れを溶かす方法がある。

使用できる道具には、トイレのつまり解消に使用されることの多いラバーカップ(すっぽん)や、真空式ポンプ、排水管掃除用ワイヤーブラシなどがある。いずれもホームセンターやネットショップで購入できるが、風呂の排水がまったくできず水が溜まっている場合、まずは手軽なラバーカップで試してみてはいかがだろうか。

ワイヤーブラシは、ワイヤーの先にブラシのついた排水管掃除用の道具であり、風呂の排水溝が、排水管の奥まで届く構造の場合は有効だ。ただし、排水管が劣化しているなど、状況によっては排水管にダメージを与えてしまう可能性があるので、使用する際は十分検討し、慎重に作業したい。

排水管内部に汚れを蓄積させない対策としては、つまりが発生していなくとも、定期的にパイプクリーナーを使った排水管掃除をするとよいだろう。なお、つまりの原因が、固形物を落とした可能性がある場合は、専門の業者に相談することをおすすめする。

結論

風呂の排水溝奥の排水管内部がつまり、排水が全くできなくなる状況に至ることはめったにないかもしれない。しかし、もし手の届かない部分がつまってしまった場合、状況によっては専門の業者に依頼しなければならない事態にもなり得る。そのような状況にならないために、日ごろからこまめに排水口や排水トラップの掃除、パイプクリーナーを使用した排水管内部の掃除を心がけるとよいだろう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ