このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

お風呂場のスッキリ収納術。100均アイテムを組み合わせた収納術。

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月12日

水やお湯を使うお風呂場は、収納スペースを最小限にすることで水垢やカビの繁殖を抑える造りになっている。しかしシャンプーやリンス、石けん、子どものおもちゃなど物があふれ、床に置いているお宅も少なくないのではないだろうか。本日は衛生的に保つためにお風呂で使える収納術を紹介する。100均アイテムを活用した収納術から賃貸でも使えるアイデアまで、さまざまな人に役立つ情報を集めてみた。

1. お風呂の取っ手や壁を有効活用した収納術

収納スペースが少ないといっても、工夫次第で収納できる箇所を増やすことが可能だ。どのお風呂場にもある物を有効活用すれば、物を衛生的かつキレイに収納できる。2つのポイントを押さえて、早速実践してみよう。

タオルバーや取っ手を有効活用

床に物を置くとヌメリや水垢の原因になるが、タオルバーや取っ手に「かける収納」をすれば予防できる。たとえばタオルバーにワイヤーネットをかけて収納スペースを増やしたり、Sフックに泡立てネットなどをかけておいたりすれば乾燥時間が短くなり衛生的だ。またタオルバーの上にシャンプーボトルや桶を載せるだけで、底のヌメリ防止にも繋がる。もしタオルバーがない場合は、ホームセンターなどで販売されている吸盤式またはマグネット式のタオルバーを活用してみるとよいだろう。

壁面収納術を有効活用

お風呂の壁に収納スペースを作れば一気に物を片付けることができる。吸盤式やマグネット式のフックをかければ「浮かす収納」の完成だ。また吸盤もマグネットも取り外し可能なので賃貸物件にも使えるうえ、子どもの成長に合わせて高さを調整することも可能だ。

2. お風呂場を整理整頓!100均アイテムで作れる収納アイデア

お風呂場の整理整頓は100均アイテムで簡単に実現できる。リーズナブルなうえデザインも豊富なので、自宅のお風呂場に合う収納アイテムを活用するとよい。100均の中でとくにおすすめする3つのアイテムを紹介する。

マグネット

壁に磁石がつくお風呂は、収納の幅が一気に広がる。近年、浴室の壁は化粧鋼板が組み込まれているタイプが多く、マグネット付きの収納アイテムが活用できるようになっている。吸盤タイプよりも重みに耐えられるので、物をまとめて収納したい時にも便利だ。バスフックや水切りラックなど、マグネットがついている浴室用のアイテムが充実している。

S字フック

タオルバーやドアの取っ手部分にS字フックをかければ、浮かす収納ができる。床に置きたくない物や早く乾燥させたい物を収納したい時に便利だ。泡立てネットや掃除用のスポンジなど、引っかける物によってフックの数を増減できるのもポイントの1つだ。

また、S字フックと似ているワイヤークリップは挟んで浮かす収納ができる。たとえばシャンプーの詰め替えやチューブ型の洗顔料などをクリップに挟んで引っかけておけば、底がヌメらず衛生的に保てる。

つっぱり棒

100均の王道アイテムともいえるつっぱり棒は、太さや長さなど種類が豊富で、さまざまな物を収納するのに便利だ。つっぱり棒にS字フックやワイヤークリップ、水切りカゴなど組み合わせ次第で収納の幅が広がる。また梅雨の時期には、太めのつっぱり棒があれば物干し竿代わりとなり、風呂干しに活用できる。

カゴ

カゴ単体ではお風呂場での収納には不向きだが、フックと組み合わせて浮かすことで最強の収納アイテムとなる。またカゴはカゴでも、水切りができるよう網目がついているものが好ましい。網目の大きさによってシャンプーや石けんなど大きめの物から、子どものおもちゃなど小物までまとめて収納できる。素材もさまざまで、安価重視であればプラスチック製を、見た目をスッキリさせたいのであればステンレス製がおすすめだ。

3. 賃貸でも問題なし!お風呂の収納スペースは無限大

賃貸の場合、お風呂が狭かったり収納スペースを作ることすら難しかったりする。また大がかりなリフォームもできないので、床に物を置いてしまいがちだ。しかしマグネットや吸盤、S字フック、つっぱり棒といったアイテムを活用すれば、傷を付けずに収納スペースを確保することができるので、賃貸にこそおすすめ。

狭い浴室で収納スペースを作る時は、横に作るのではなく上に作るとよい。たとえばつっぱり棒とコーナーラックを合わせた収納棚は上に伸びているので場所を取らず、いろいろな物を収納するのに重宝する。退去する時も簡単に取り外せるのも、おすすめする理由の1つだ。アイテムを自由に組み合わせれば収納の幅は無限大に広がるので、賃貸でも諦める必要はない。

結論

お風呂の収納スペースが増えればスッキリするだけでなく、床に物を置かなくなり衛生的に保てる。水垢やカビの繁殖も抑えられるので、いますぐにでも実践するとよいだろう。また100均アイテムは種類も豊富で自由度が高い。市販の収納アイテムではサイズが合わなかったり、デザインが好みでなかったりすることもあるので、自分でカスタマイズできる100均アイテムは便利だ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ