このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カインズホームのカラーボックスの人気の秘密とおすすめの使い方を3選

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月10日

カラーボックスはどこの家庭にもひとつはある収納アイテムだ。しかしカインズホームのカラーボックスはカラーバリエーションが豊富でオリジナルのカスタマイズができる。今回は、そんなカインズホームのカラーボックスの人気の秘密とおすすめの使い方を3つ紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カインズホームのカラーボックスにインナーボックスを組み合わせる

カインズホームのカラーボックスは、インナーボックスと組み合わせるとおしゃれに「隠す収納」ができる。

このインナーボックスは、天然素材のバスケットやラタンバスケット、桐バスケット、インテリアバスケットなどさまざまな種類や大きさのものがあるので、好みや用途に合わせて選べるのが嬉しい。

とくにナチュラルエルムやブラウンのカラーボックスに合わせると、シックでおしゃれにまとまる。また、ほとんどのインナーボックスには取っ手がついているので、取り出しや持ち運びも便利だが、使い勝手のよさで選ぶのならパタパがおすすめだ。

パタパは、ボックスの手前の部分の底が傾いているため、引き出さなくても手前にちょっと傾けるだけで中のものがさっと取り出せるので使い勝手がよい。

2. カインズホームのカラーボックスに引き出しをつける

カラーボックスにものを収納しても取り出しにくい、という場合はカインズホームの「シキレール」を使ってカラーボックスに引き出しをつけるとよい。

シキレールはカインズホームの人気商品のひとつで、カラーボックスに取り付けると、上に置いたコンテナなどを引き出しのように取り出すことができ、カラーボックスを何段にも仕切って引き出しを置くことができる。作り方も簡単で、取り付けたシキレールにコンテナなどを乗せるだけだ。サイズが合わない場合や小さいカゴなどを置きたい場合はシキレールに板やすのこを乗せ、その上に置くとよい。

カラーボックスに引き出しをつけると、使いたい時やしまいたい時にさっと引き出して使えるので大変便利だ。子ども部屋に置いておもちゃを収納したり、リビングや寝室に置いてタオルや着替えを収納したりとさまざまな用途がある。

3. カインズホームのカラーボックスにキャスターをつける

カインズホームのカラーボックスにキャスターをつけると、移動が可能な収納ボックスになる。作り方も簡単で、カラーボックスの底にキャスターを取り付けるだけ。

ねじで取り付けるのが面倒な場合は両面テープで貼るだけのキャスターを利用するか、両面テープでキャスターを張り付けてもいいだろう。

引き出し用の取っ手を付けてキッチンワゴンとして利用したり、リビングに置いて可動式の収納棚として利用できるし、隙間家具として狭い空間に置いてもいいだろう。

カラーボックスは、横にしてキャスターを取り付けてもよいし、子どものおもちゃの収納やロータイプの収納ボックスとして利用するのもおすすめだ。カインズホームのカラーボックスにキャスターをつけると、このような利用方法があるうえに、掃除も楽になる。

結論

カインズホームのカラーボックスは、カラーバリエーションが豊富なのでインテリアに合わせやすいうえ、インナーボックスと組み合わせるとおしゃれな隠す収納ができる。また、カインズホームのシキレールを使えば、カラーボックスに引き出しをつけることで、取り出したいものがさっとだせるので便利である。カラーボックスの底にキャスターをつけるとワゴンや移動式の収納家具としても使用できるため、カインズホームのカラーボックスを利用して、住まいをすっきりおしゃれに収納してはどうだろうか?

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ