このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【DIY初心者向け】100均アイテムでつくるキッチン収納棚アイデア3選

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月10日

キッチンには食器や調理道具、調味料といった細々としたものが多い。限られたスペースに全て収納するのは結構大変だ。そこで今回は、100円ショップのアイテムを使ったキッチン収納棚のアイデアを3つ紹介する。DIY初心者でも簡単にできるので、キッチンの収納スペースを増やしたい人は是非実践してほしい。

1. 突っ張り棒とワイヤーネットでつくる即席キッチン収納棚

加熱調理をする際は、調味料やキッチンツールなどがすぐ近くにあると便利だ。しかし、ガスコンロやクッキングヒーターの付近は収納スペースが少ないことが多い。そこで取り入れていきたいのが、突っ張り棒とワイヤーネットを使ったキッチン収納棚だ。

用意するもの

突っ張り棒2本(70cm~120cmに伸縮するものが好ましい)
ワイヤーネット1枚
結束バンド
ワイヤーラックやS字フックなど

作り方

1.ワイヤーネットと突っ張り棒を結束バンドでしっかり結ぶ
2.シンク台とレンジフードの間に合わせて取り付ける
3.ワイヤーネットのマス目に、ワイヤーラックやS字フックをひっかける

あとは調味料をワイヤーラックに入れたり、フライ返しやお玉などのキッチンツールをS字フックにぶら下げたりすれば完成である。加熱調理中でその場から動けないときでも、サッと手を伸ばせばすぐにものが取り出せる即席キッチン収納棚に早変わりする。ただし調理中は熱気が籠りやすくなるため、熱に弱いものを収納する際は、換気扇付近に置くようにするなどの工夫が必要だ。

2. キャスター付きのキッチン収納棚は隙間収納に便利

冷蔵庫や食器棚の近くには、ちょっとした隙間ができてしまうことが多い。狭いスペースなため、ついついそのままにしておきがちだが、せっかくならその隙間も利用してキッチンの収納スペースをもっと増やしていこう。

用意するもの

すのこ2枚
インテリアハンドル(取っ手)
キャスター4個
接着剤

作り方

1.すのこを全て縦半分に切る
2.下駄の部分が内側にくるように2枚のすのこを立てる
3.残った2枚のすのこを横にして、両端を立てたすのこの下駄に接着剤でくっつける
4.横にしているすのこの四隅にキャスターをつける
5.立てたすのこの上部にインテリアハンドルを取り付けて完成

収納スペースとしては狭いが、ペットボトル飲料や調味料をはじめとする未開封のストックを置いておくには丁度良い大きさの棚になる。移動式のキッチン棚なので、狭くて奥行きがある隙間においても楽にものを取り出すことができるだろう。とはいえ、あまりに重たいものを収納する際は強度が足りずに壊れてしまうこともあるため、ストック収納に使うのであれば釘などでしっかり固定しておくことが必要だ。

3. ウォールボックスを使ったキッチン収納棚なら食器がインテリアに早変わり

カップボード上などの壁面には、100円ショップのウォールラックを取り付けることでちょっとしたキッチン棚をつくることができる。ウォールラックを使ったキッチン棚は、調味料やキッチンタイマーなど細々したものを置いてもよいが、使用頻度の少ない食器をインテリアとして飾っておくのもおすすめだ。

グラス食器やマグカップなどを観葉植物と一緒に置いておくだけで、おしゃれなキッチンに早変わりする。また、あらかじめウォールラックを食器に合わせた色でペイントしておけば、スタイリッシュなインテリアを楽しむこともできるので是非試してほしい。

結論

自作のキッチン収納棚が活躍するのは、ものが増えてきたときだけではない。キッチンの模様替えをしたいときや、キッチン収納棚自体を新しいものに変えたいときも役立つこと間違いなしだ。今回紹介したキッチン収納棚はどれもリーズナブルな価格でつくることができるので、既製品のキッチン収納棚を買う前に是非チャレンジしてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ