このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

もうお風呂場のカビとはさようなら!ヌメリと黒カビの防御策と撃退法

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月 1日

いつの間にかできているお風呂場のヌメリや黒カビに悩まされてはいないだろうか。壁の隅にうっすらついているピンク色のヌメリ、ゴムパッキンに点々とついた黒いカビなど、できれば目にしたくないものだ。しかし、小さな子どもがいる場合、刺激の強い薬品の多用は避けたいものである。そこで今回は、重曹を中心とした、お風呂場のヌメリや黒カビの防御策と撃退法について紹介しよう。

1. お風呂の壁についたヌメリや黒カビの正体と防御策

日々の汗や汚れを洗い流し、さっぱりとさせるためのお風呂は、できればいつも清潔な状態を保ちたいものである。しかし、いくらこまめに掃除しているつもりでも、気づくとヌメリや黒カビが発生している。

そもそも、壁の隅につくピンク色をしたヌメリや、壁のゴムパッキンにつく黒い点々のカビの正体は何だろうか。

ヌメリの正体

お風呂場の壁の隅につくピンク色のヌメリは、シャンプーボトルの裏、排水口など、お風呂場の中の乾きにくい場所で見ることが多い。この正体は、「ロドトルラ」と呼ばれる菌の一種で、カビと同じような環境で繁殖しやすい。人体に強い悪影響を及ぼすものではないが、放っておくとで黒カビの栄養源となるので、見かけたらすぐ掃除をする必要がある。

黒カビの正体

お風呂場の壁やドア周辺の、ゴムパッキンにつく黒い点々。この正体は「クラドスポリウム」と呼ばれる黒カビの一種で、根を張って奥まで入り込む特徴がある。壁のゴムパッキンなどの柔らかい素材で繁殖すると、いくら表面をこすっても落とせない事態になる。黒カビは、吸い込むとアレルギー反応を引き起こす可能性もあるので注意が必要だ。

黒カビは、温度20~30℃、湿度70%以上、皮脂や水垢などの栄養分がある環境で繁殖する。つまり、お風呂場は絶好の黒カビの繁殖環境といえる。もし、黒カビを繁殖させたくなければこの条件とは逆の環境にすればよいということになる。

ヌメリと黒カビの防御策

それでは、日ごろどのような習慣をつけておけば、ヌメリの発生や、黒カビの繁殖を抑えることができるのだろうか。方法は簡単で、まず黒カビの繁殖力を弱めるもしくは死滅させ、次に繁殖できない環境にするだけである。

具体的な方法は、入浴後などに、50℃以上の熱いシャワーを1ヵ所当たり90秒程度かける。これは、黒カビが、50℃以上の熱に弱いので、黒カビの繁殖力を弱めるためだ。その際、身体にかからないよう十分注意してほしい。次に、お風呂場の壁に冷水をかける。これは、お風呂場内を、黒カビ繁殖条件である適温以下にするためだ。最後に、換気扇もしくは浴室乾燥機をつけ、乾燥させれば完了だ。

比較的簡単な作業なので、できれば最後に入浴した人が行うということを家族の中でルール化するとよいだろう。ただし、熱いシャワーは危険なので、基本原則として、大人が行う作業であることはいうまでもない。

2. お風呂のヌメリや軽めの黒カビの撃退には重曹と酢(またはクエン酸)

では続いて、重曹と酢(またはクエン酸)を使ったお風呂のヌメリや黒カビの撃退方法を紹介しよう。

重曹とは

重曹とは正式名称を「炭酸水素ナトリウム」といい、食品添加物ベーキングパウダーの主成分としても使われる人体に安全な物質である。弱アルカリ性の性質を持ち、皮脂や石鹸カスのような酸性の汚れを中和し、汚れを落としやすくする特徴を持っている。

クエン酸とは

柑橘系の果物にも含まれる、酸味のある白い粉末で、アルカリ性の性質を持つので、水垢などアルカリ性の汚れを中和し落としやすくする特徴を持っている。

重曹&酢(またはクエン酸)でヌメリや黒カビを撃退する方法

まず、酢50mlと水100mlをスプレーボトルに入れた酢スプレーを用意する。次に、黒カビに酢スプレーを振りかけた上に重曹を振りかける。その上に更に酢スプレーを振りかけ、1時間ほど放置し、洗い流せば完了である。この際、乾燥しないようにサランラップなどで覆っておくとより効果的である。

重曹は水を少量加えた重曹ペーストを作り、黒カビ部分に塗ってから酢スプレーをかければ流れ落ちやすい部分でもカビ取りができるだろう。酢の代わりにクエン酸を使う場合は、クエン酸200mlに対し小さじ1の割合で混ぜればよい。

重曹と酢(またはクエン酸)を混ぜると、重曹の特性上発泡するが、危険なものではないので、小さな子どもがいる家庭でも安心して使用できる。ただし、頑固なカビの場合は効果が期待できない可能性があるので、その場合は、次の方法を試してほしい。

3. 重曹と酸素系漂白剤を使ったお風呂の黒カビ撃退法

重曹と酢だけでは対処しきれない黒カビの場合は、重曹と酸素系漂白剤を使い、酸素の力での黒カビ撃退に挑戦してほしい。

重曹と酸素系漂白剤で黒カビを撃退する方法

まず、重曹と酸素系漂白剤を1対1の割合でよく混ぜ、少量の水を加えペースト状にし、カビの発生している部分に塗る。この時、しっかりと黒カビを落としたい部分に密着させる必要があるので、ゴム手袋をはめてしっかり塗り込むように塗布することがポイントだ。後は乾燥しないように上からサランラップをかけて、半日程度放置し洗い流せば完了である。

重曹、クエン酸、酸素系漂白剤、スプレーボトルは、どれも100均でも取り扱っている場合が多いので、まずは100均へ行って探してみてはいかがだろうか。

結論

重曹を中心とした、お風呂場のヌメリや黒カビの防御策と撃退法について紹介したが、いかがだっただろうか。お風呂場は一日の疲れを癒すリフレッシュの場でもある。カビのないいつも清潔な状態を保てるよう、今回紹介した内容を参考に、ヌメリやカビのない空間を目指してほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ