このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キャンドゥのおすすめ収納で、電子レンジの生活感から解放!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月16日

日々の調理をサポートしてくれる電子レンジは、なくてはならないものだ。しかし置くだけで生活感があふれ、できれば簡単にスタイリッシュに見せたいと考えている人もいるだろう。今回は100均のキャンドゥで入手できるアイテムを使い、電子レンジや周辺をスッキリとさせる方法を紹介する。キャンドゥによく行く人や、生活圏に店がある場合はぜひ参考にしてほしい。

1. 隠す収納でスッキリ!キャンドゥの布を使おう

電子レンジは大きく、キッチン家電の中でも目立つ存在ではないだろうか。重さもあるため、頻繁に移動させることもできず、一度設置場所を決めたら変更することはあまりないだろう。そんな圧倒的な存在感を放つ電子レンジを、少しでも目立たなくする収納をしたい。そこで試してほしいのが、キャンドゥの布を使った隠す収納だ。

電子レンジを使用しないときは、布を1枚かけておくだけ。全体を覆わなくても、上部や手前の扉が隠せるよう、布をL字にかければOKだ。電子レンジのボタン部分が見えなくなり、スッキリとした印象になるだろう。

キャンドゥの布は、色や柄が豊富に揃っている。手芸に使用するカットクロスや、食卓で使うオシャレなランチョンマット、カフェカーテンも充実している。電子レンジよりサイズが大きければたたんで使うといい。布を選ぶときは、キッチンの雰囲気を考えて選ぼう。またオシャレなものが多く、気に入る1枚がきっと見つかるだろう。

電子レンジと併せて、炊飯器に同じ布をかけて統一感を出すのもおすすめだ。見せない収納で整然としたオシャレキッチンを目指そう。

2. 電子レンジをオシャレに!キャンドゥの転写シールがおすすめ

電子レンジは隠さずに電子レンジの生活感のみを消したい。そんなときはキャンドゥの転写シールを使って電子レンジをリメイクするのがおすすめだ。

転写シールは、好きな場所に貼り付けて上からこする。シートをそっとはがしたら転写の完成だ。ちなみに電子レンジに貼る場合は、扉のツルツルした部分がおすすめだ。ボタンやメニュー番号が隠れないよう、どこに貼るかをじっくり考えよう。

キャンドゥの転写シールでおすすめなのは、英字がデザインされたモノトーンタイプだ。貼るだけでオシャレになり、カフェのような雰囲気にも変えられる。貼り方次第でクールな印象にもなる。転写シールを使えば、電子レンジの収納場所を変えなくても手軽に生活感のない洗練された印象にすることができるのだ。キャンドゥで好みの転写シールを探してみよう。

3. 価格以上の実力発揮!キャンドゥの便利アイテムを紹介

電子レンジを使うときに役立ち、収納にも困らないキャンドゥのアイテムを2つ紹介する。

レンジブラシ

  • 材質:ポリプロピレン(本体・ケース・ブラシ)・ラバーマグネット(マグネット)
  • 耐熱温度:90℃
  • 価格:100円(税抜き)

特徴

一方にはブラシ、もう一方にはヘラが付いたレンジ用掃除ブラシで、ちりとり兼用ケースに便利に収納することができる。電子レンジ内でこぼれた食べ物カスやこびりついた汚れを簡単に落とすことができる。ケースにはマグネットが付いており、電子レンジの側面にくっ付けられるため収納場所に困らない。至れり尽くせりのアイテムで、100円という価格で購入できるのもポイントが高い。

ケロケロキャッチ

サイズ:縦約5.8㎝×横約8㎝
材質:エラストマー・磁石
カラー:黄緑・赤
耐熱温度:80℃
価格:100円(税抜き)

特徴
電子レンジで温めたものを取り出すときに、皿が熱くて取り出せない。そんなときに使える手のひらサイズの皿つかみだ。ミトンタイプの鍋つかみだと生地が厚く皿をつかみにくいことがある。しかしキャンドゥの「ケロケロキャッチ」はサイズが小さく親指を入れて指先で簡単に皿をつかめる造りになっている。磁石付きなので、使用しないときは電子レンジの側面に貼り付けて収納ができる。

キャンドゥのレンジブラシ・ケロケロキャッチともに、機能面・収納面を考慮すると価格以上の価値があるといえるだろう。

結論

キャンドゥのアイテムを使うと、電子レンジの収納場所を変えなくてもスッキリとした印象に変えられる。キッチンの雰囲気にスッとなじむよう、ぜひ工夫してみよう。また、意外とかさばる電子レンジ周りの小物類も、キャンドゥのアイディア商品を使えば快適になるだろう。今回紹介した方法を参考に、収納上手を目指してほしい。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ