このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチンに収納棚を簡単に作る方法。カラーボックスリメイク術

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月 7日

家族が増えるごとにキッチンには食器だけでなく、お弁当箱に水筒、タッパーなどとかく物が増えがちである。キッチンはすっきりと見た目にこだわりたいものではあるが、日々忙しくしていると、いつの間にか定位置の定まらない物が、雑然と棚の上やテーブルの上に置かれたままになっていることもあるだろう。そこで今回は、カラーボックスをリメイクした簡単で機能的なキッチン収納棚のアイデアについて紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カラーボックスをリメイクしてキッチンをすっきりさせる

キッチンには食器や調理道具だけでなく、子どもの成長とともに子ども用のお皿、カトラリー、さらにはお弁当箱、お弁当用のプチカップなどいろいろな食事用のアイテムが増えている。それだけではなく、郊外の大型スーパーへ行った際の調味料や乾物の買い置きや、実家から送られてくるお米など食料品の量は増えたり減ったりとなかなか計画的な収納が難しい場合もある。そんな時、あと一つ収納場所があればと考えることはないだろうか。

賃貸住宅の場合は、あまり重い家具を用意したくないこともあるだろう。そんな時はカラーボックスを利用し収納場所を増やしてみてはいかがだろうか。カラーボックスは、ホームセンターへ行くと比較的購入しやすい価格で販売されている。カラーボックス用にぴったりサイズの収納ケースやワイヤーバスケットなどもあるので、工夫次第で手軽で安価な収納場所を増やすことが可能だ。

カラーボックスはそのままの単体ではデザイン性のない単調な棚であり、サイズも決まっている。そこでもし、自宅キッチンにぴったりなサイズの収納棚がほしい場合は、カラーボックスのリメイクに挑戦してはいかがだろうか。

では、具体的にどのようなリメイクができるか紹介しよう。

2. カラーボックスでキッチンカウンターをリメイクするアイデア

カラーボックスに天板をつけることでキッチンカウンターを作るアイデアがある。作り方は至って簡単で、カラーボックスを2つ用意し、その上に天板をのせるだけである。しかしこのカラーボックスのキッチンカウンターは、カラーボックス同士の間隔を自由に決めることができるので、作り方によってはゴミ箱を隠すための収納にしたり、独立したキッチンカウンターにしたりとアイデア次第で使い方の可能性は案外大きい。

天板に金具を使ってカラーボックスとしっかり固定すれば収納機能付きの簡単なテーブルに活用できる。背面にはすのこをつけたり、カッティングシートを貼ったりすることで見た目をオシャレにするアイデアもある。天板に使用する板を厚めで肌触りのよいしっかりとしたものにすれば、カラーボックスでできているとは思えないほどきちんとしたテーブルに見えるだろう。もちろん天板の下は収納となっているので、キッチンにあふれかえりがちなこまごましたものをスッキリ片付けることもでき、収納家具としても便利に使えるだろう。

3. カラーボックスを食器棚にリメイクするアイデア

キッチンカウンターといった大がかりなリメイクをしなくとも、すでに市販されているパーツを使って食器棚をリメイクする方法もある。

カラーボックスには専用の収納ボックスやワイヤーバスケットはもちろん、収納ボックス専用レールまであることをご存じだろうか。それらのパーツを利用すれば、簡単にレール付きの引き出しを作ることができる。こまごまとした食器類も、レール付きの引き出しに入れて収納すれば出し入れも簡単で落下の危険も減るので安心だ。

カラーボックスに扉をつければ食器棚にしても安心

カラーボックスを食器棚として使うには、もちろんそのまま収納してもよいが、ほこりが気になる場合は、扉をつければより安心だ。もともと扉付きのカラーボックスも市販されているが、中の状態が見えるようにしたい場合はアクリル板と蝶番を利用してリメイクするとよりよいだろう。

日々の生活では、ちょっとした時間の節約がストレスのない毎日の実現となる。キッチンで使う収納は、こまめに出し入れするものであればなおさら、中に何が入っているのか分かりやすくすることが家事を効率的に進めるためのポイントだ。そこで、カラーボックスリメイク一つでもよく検討してDIYすることをおすすめする。

結論

カラーボックスをリメイクしたキッチン収納棚のアイデアについて紹介したが、いかがだっただろうか。カラーボックスは安価に購入できてしかも工夫次第では使い勝手のいい収納にできる便利な家具である。キッチンにあともう一つ収納がほしいという場合は、カラーボックスのリメイクに挑戦してはいかがだろうか。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ