このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

トイレの掃除は重曹とクエン酸で!頑固な汚れになる前に掃除しよう

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月 5日

清潔なトイレに入るだけで、気分がよくなると感じることはないだろうか。こまめに掃除さえしていれば、簡単に汚れを落とすこともでき、においもしないトイレであるが、掃除を怠っていると、汚れは頑固になりにおいも気になり始める。しかし、環境を考えると洗剤の多用は差し控えたい。そこで今回は、エコ洗剤としても知られている重曹とクエン酸を使ったトイレ掃除の方法について紹介しよう。

1. 重曹で落とせるトイレの汚れ

トイレの汚れには重曹で落とせる汚れと、クエン酸で落とせる汚れの2種類があることをご存じだろうか。反対にいえば、使い方を間違えると効果が期待できなくなるため注意が必要だ。では、重曹で落とせる汚れとはどのような汚れだろうか

重曹で落としやすい汚れ

重曹は弱アルカリ性の性質を持っているため、酸性の汚れを落とすために利用するとよい。トイレの中で酸性の汚れといえば、便器やトイレタンク内に生える黒カビやぬめりである。黒カビは温度が20~30℃、湿度70%以上で発生しやすいカビであり、ホコリや汚れなどの養分が揃うと繁殖力が増す性質を持っている。

トイレ便器の中、トイレタンクの中は常に水が溜まっているので湿度が高い。トイレの便器内は汚れも付着しやすいため黒カビの養分も存在する。トイレタンクも、手洗いのついているトイレタンクは手垢やホコリなどの汚れが入りやすい。トイレは室内にあることを考え合わせると、黒カビにとっての好条件は揃っている環境といえるだろう。

そこで、トイレ掃除をする際、酸性の黒カビ汚れを落としたい場合は、アルカリ性の重曹を利用すればよい。

2. クエン酸で落とせるトイレの汚れ

次に、クエン酸で落とせる汚れとはどのような汚れがあるのか見ていこう。

クエン酸で落としやすい汚れ

クエン酸は酸性の性質を持っているので、アルカリ性の汚れを落とすために利用するとよい。トイレの中の汚れでアルカリ性の汚れといえば、水垢や尿である。普段の便器内の掃除の際、こまめにクエン酸で掃除をすると、水垢や尿が中和されるので、尿による黄ばみも付きにくくなる。

便器内に付着する汚れに尿石がある。尿石とは、便器に付着した尿がカルシウムと混ざって堆積したものだ。一旦尿石となり便器に堆積すると、落とすことが厄介な汚れになり、においの元ともなる。そこで、できるだけ尿石になる前に、クエン酸を使ったこまめな掃除をすることをおすすめする。

3. トイレ掃除に必要な道具と掃除方法

ここでは、重曹、クエン酸それぞれを使った掃除方法について紹介しよう。

掃除の際の準備と必要な道具

トイレ掃除する際に、重曹やクエン酸を使用するには、まんべんなく吹きかけるための道具として、スプレー用のボトルを用意するとよいだろう。そのほか、掃除用のゴム手袋や、拭き取り用のキッチンペーパー、清潔な雑巾、トイレ用ブラシなどの道具を用意してほしい。

重曹スプレーは40度程度のぬるま湯200mlに対して、重曹大さじ1程度をスプレーボトルに入れてよく混ぜれば完成だ。

クエン酸は水に溶けやすいため、200mlの水に小さじ1程度のクエン酸を、やはりスプレーボトルへ入れてよく混ぜればよい。

掃除方法

それぞれの場所の掃除方法は、下記を参考にしてほしい。
  • 便器のふたや、トイレタンク周辺に付く酸性の汚れ落としには重曹スプレーを吹きかけ、清潔な布や厚手のペーパータオルで拭く。
  • トイレタンクの手洗い用蛇口や、受け皿に付く水垢などのアルカリ性の汚れには、クエン酸スプレーを吹きかけて拭く。ただし、タンクの中にクエン酸が入るとタンク内部を傷める可能性があるので、クエン酸が入らないよう気を付けて掃除してほしい。
  • トイレタンク内部の黒カビ掃除は、重曹1カップ(120g)程度を、トイレタンクの水の中に入れ、6時間程度放置してから水を流す。時間をかけて汚れを浮かせる必要があるので、トイレを使わない夜間や、家族が出かけている時間に行うようにしよう。
  • 便器内部の掃除は、黒ずみが気になる場合は重曹スプレー、黄ばみが気になる場合や尿を掃除したい場合はクエン酸スプレーを、それぞれ使い分けて交互に使用するとよいだろう。もし、便器内部に輪染みのような黒ずみがある場合は、重曹とクエン酸を同時にふりかけて発泡させ、20分ほど放置してからブラシでこすると汚れが落ちやすくなる。
  • 床、壁の掃除は消臭目的も兼ねて重曹スプレー掃除を、除菌効果を兼ねてクエン酸スプレー掃除を交互にするとよい。ドアノブに付いた手垢は、重曹スプレーできれいにすることができる。ただし、拭いた後白く残る場合があるので、手垢を落とした後、さらにクエン酸で中和させ拭き取るときれいになるので試してほしい。

結論

重曹とクエン酸を使ったトイレ掃除の方法について紹介したが、いかがだっただろうか。トイレは毎日使う場所であり、いつも清潔な状態になっていると気持ちのいいものである。トイレ掃除に関しては、家族全員が協力し、使った後は、各人がこまめに拭き掃除する、などのルールを決め、常に清潔な空間を保てるよう心がけるとよいだろう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ