このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

狭いキッチンでもできる!アイデア収納術をご紹介。

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月 7日

何かとものが増えやすく散らかりがちなのが、キッチンだ。そこで、ちょっとしたアイデアや収納アイテムを使って、収納スペースをふやしてみてはいかがだろうか。おすすめの収納グッズや目からうろこの収納術もあわせてご紹介しよう。

1. キッチン収納にも、100均アイテムが大活躍!

キッチンにはこまごましたものや、カラフルなパッケージ、さまざまなサイズの食器など、収納したいものが沢山ある。100均には豊富なサイズの収納アイテムがあり、迷ってしまうところだが、基本はプラスチック製のカゴやケースにカテゴリーごとにわけて収納すると、散らからない。

ほかにも100均アイテムを使った簡単な収納方法を紹介しよう。
  • 引き出しの収納には仕切り板を使って整理
  • S字フックやマグネットフックでつりさげ収納スペースをつくる
  • かさばるフライパンは、ファイルボックスに立てて収納
  • お皿はそのまま重ねずにコの字ラック段をつくり出しやすくする
  • ブックスタンドにも、お皿を立てて収納できる
これらはすべて100均でそろえることができる。

上級者になると、統一感をだせるよう調味料を同じ容器に詰め替えたり、ラベルを貼って美しくみせたりというテクニックを使っているようだ。壁面にラックを立ててキッチンツールを引っかけて収納するのも、無駄なスペースがないよう工夫されている。

収納初心者や、面倒くさがりタイプは、まずプラスチックカゴや整理ケース、カゴなどをそろえてこよう。出しっぱなしにせず、まとめて入れるだけでも見た目は変わってくる。

注意するポイントは、同じテイストの収納ケースでまとめることだ。素材をバラバラにしてしまうと、統一感がなくなってしまう。迷うなら、100均の収納代表アイテム、白のプラスチック収納ケースが無難だろう。

2. 1人暮らしのせまいキッチン収納術

1人暮らしの場合、部屋やキッチンもせまいことが多い。1人暮らしなら食器があふれる心配はないだろうが、それなりに調理器具や食器、食材や調味料をしまうスペースが必要だろう。せまいキッチンで収納するには、壁や空間を上手に有効活用することが大切だ。換気扇の下や、扉の裏のスペースを利用しないのはもったいない。主に、次の工夫で、収納量は増えていく。
  • 壁面にワイヤーネットを立てて固定し、つりさげ収納スペースにする
  • シンク下の扉の裏にフックやワイヤーラックをつりさげ、収納スペースをつくる
  • シンク下の空間も、仕切りやカゴで棚を作る
  • 小さな隙間があれば棚やワゴンを入れて有効活用する
1人暮らしのキッチンは、玄関や部屋から丸見えになる間取りも多いため、なるべく収納アイテムの色も統一しておきたい。空いている空間や高さをいかに活用できるかがポイントだろう。

3. キッチンのゴミ箱、どうする?

キッチンのゴミ箱は、どうしても生活感がでやすく、悩むところだ。ゴミ箱自体をインテリアに合わせてとけこませるか、見えないように隠してしまうかがよいだろう。ゴミ箱を隠したいなら、キッチンワゴンの下にゴミ箱が隠れている、家具一体型のものだと、すっきりと見えるうえに、天板が有効に使える。もしくは、カウンターやシンクの下におさめてしまう方法がある。

ゴミ箱が見えても気にならないなら、紙製のオシャレなダストボックスやランドリーバッグをポンと置くだけでもいいだろう。料理をしない1人暮らしなら、ゴミの量もそれほどなく対応できそうだ。汚れたら気軽に使い捨てにできる点も嬉しい。

ゴミ箱もオシャレにしたいなら、キッチンの色と合わせたり、逆にカラフルでポップなものを置いたりと工夫してみよう。キッチンのゴミ箱は、見た目とにおいの対策もしたいため、ふた付きが安心だ。

結論

収納アイテムといえば、無印良品やIKEA、ニトリなどホームセンターのものが人気だが、100均でも意外に優れたクオリティのものが購入できる。100均のアイテムなら、手軽に購入したり、汚れたら買い替えたりできるため、ホームセンターだけでなく、100均ものぞいてみよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ