このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチンハイターと片栗粉の合わせワザで、気になるカビを撃退!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月 6日

キッチンの除菌や漂白に使われるキッチンハイターは、カビとりにも効果があるのはご存知だろうか。風呂場や洗面所でも試してみたいが、なにせ液体なので流れおちやすい。そこで、片栗粉とキッチンハイターを使った画期的なカビとりアイデアをご紹介しよう。

1. キッチンハイターでカビとりができる

キッチンハイターはキッチン用として販売されているが、カビとりにも効果があることをご存知だろうか。キッチンハイターは液体で「次亜塩素酸ナトリウム」の成分濃度がかなり濃い。実は市販のカビとり剤よりも高濃度なため、カビとり効果も期待されるのだ。

ただ、液体のキッチンハイターだと、壁のカビの部分にかけても、すぐに流れ落ちてしまう。キッチンハイターが飛び散ると、空気中に塩素成分が広がり、目やのどを刺激して身体に危険を及ぼす心配もある。泡で出てくるタイプの「キッチン泡ハイタ―」も販売されており、スプレー式で空気中に飛び散りにくい工夫がされているが、やはり液だれして流れやすいという弱点もある。カビとりは、カビの根にまでしっかりとカビとり成分を浸透させることが重要なのだ。

そこで、キッチンハイターと片栗粉を使ってカビの部分にしっかりと浸透させ、カビとり効果をアップさせよう。

2. キッチンハイターで風呂のカビをとるには片栗粉を使おう

風呂や洗面所はカビが発生しやすく、手ごわい場所だ。風呂のタイルの目地、ドアのゴムパッキン、風呂用のイスなどは油断するとすぐにカビの餌食に。液体のキッチンハイターだと、カビの部分にかけても流れ落ちてしまうため、片栗粉の登場だ。

用意するもの

  • 片栗粉
  • 塩素系漂白剤(キッチンハイタ―など)
  • ゴム手袋

使い方

キッチンハイターと片栗粉を適量ずつ混ぜてペースト状にし、カビの部分に塗るだけ
(片栗粉はとろみをつけるのが目的なので、1:1程度が目安。混ぜたらすぐにつかうこと)。5分くらいおいて、カビがとれていたら、シャワーでしっかりと洗い流そう。キッチンハイターなどの塩素系漂白剤は、長時間使うと素材をいためる危険がある。

また、塩素系漂白剤は手につくとヌルヌルしてとれにくく、独特の刺激臭もあるため、手袋は必須アイテムだ。風呂の窓はあけ、かならず換気もおこなうこと。

キッチンハイターの容器には、「まぜるな危険」という表示がある。酸性のものと、塩素系のキッチンハイターを混ぜると、身体に有害な塩素ガスが発生するため、ほかのものはまぜないように注意してほしい。

3. キッチンハイターと片栗粉で、掃除が簡単に

カビが気になる部分といえば、結露の多い窓のゴムパッキンも黒カビがつきやすい場所だ。ふつうに掃除をしても、なかなかカビは落ちない。そこで、ゴムパッキンにもキッチンハイターと片栗粉をまぜたペーストをぬって、カビをおとそう。時間がきたら、ぬれたティッシュやぞうきんで、ある程度ふきとってから、サッシ部分の掃除をすればOK。

もしまだ目立つ黒カビがあるようなら、再度繰り返してみよう。しっかりと浸透させたい場合は、上からラップをして密着させると、より効果がある。この方法だと、液だれの心配が少ないため、掃除しにくかった場所にもおすすめだ。

泡タイプのカビとり剤も売られているが、キッチンハイターと片栗粉の組み合わせでも充分効果はあるようだ。

結論

風呂専用のカビとり剤や泡タイプのカビとり剤も売られているが、垂直な部分だと、どうしても液だれしやすい。わざわざ使い分けなくても、キッチンハイターと片栗粉の組み合わせでも充分活用できそうだ。カビとりは、カビの根にまでしっかりと浸透させることが大切なので、ラップを使うとより効果があがる。ジメジメした梅雨や、結露の多い時期も、この方法でカビを撃退しよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ