このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチンの収納術!デッドスペースを探して収納棚を増やしたい

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月 6日

キッチンには、食材や調味料、調理器具など、収納しなければいけないものがたくさんある。家電を置くスペースに場所をとられ、収納スペースが足りなくて困ってはいないだろうか。そんな時は、デッドスペースを見直して収納スペースや収納棚を増やしてみよう。

1. キッチンの収納は引き出しをフル活用しよう

キッチンの収納場所は、案外無駄になっているスペースが多い。なかでも、キッチン本体の引き出しや、シンク下の大きな空間を有効に活用したいものだ。まずは引き出しからチェックしていこう。

食器棚以外でも、引き出し部分にも皿や茶碗などを収納できる。引き出し収納は重ねてしまうと下のものが見えない、取り出しにくい、という点があるため、深さがあれば「立てる収納」がおすすめだ。100均やホームセンターにあるファイルボックスや仕切りラックで立てれば、取り出しやすくなる。フライパンやなべのふたなども、キッチンのコンロ下の引き出しに立てて収納すれば、サッと取り出せて便利だ。

浅い引き出しなら、スプーンやフォークなどカトラリー類やこまごましたものを、仕切りケースで区切って収納しよう。

2. 電子レンジや炊飯器、キッチンの家電をまとめたい

キッチンには必要な家電も多く、置き場所に困ってはいないだろうか。電子レンジや炊飯器は基本アイテムで、コーヒーメーカーやトースターなど、便利なキッチン家電はついつい増えていく。

初めから電子レンジや炊飯器が置ける配置になっている収納棚が理想だが、ない場合は、カラーボックスを組み合わせて収納棚を作ってしまおう。

カラーボックスなら横置きも縦置きもOKなため、さまざまな配置ができる。レールを付けられるタイプのカラーボックスなら、レールの上にバスケットをかけて簡単な引き出しを作ることもできるのだ。

カラーボックス内で収納を増やし、一番上に天板となる板を渡せば、カウンターキッチン風の収納棚ができあがり。天板に電子レンジや炊飯器などの家電を置けば、まとめて整理できる。

カラーボックスの中をさらにすっきりと見せるコツもある。
  • つっぱり棒とカーテンで目隠し
  • DIYで扉をつける
  • カゴやケースをいれて統一感を出す
統一感を出すには、同じ色や素材のケースでそろえることだ。100均やホームセンターで好みのものを見つけよう。

3. キッチンのスペース不足は100均アイテムで収納を増やす

既存の収納のデッドスペースに棚や段を増やすのもひとつの手だ。たとえば食器棚に空間があれば、コの字ラックで段をつくる。簡易的な棚ではあるが、棚が増えることで取り出す収納がしやすくなっていく。

100均アイテムでの収納ワザはいくつかあるが、代表的なものをまとめると、次の例が使いやすい。
  • 引き出しの収納には仕切り板を使って整理
  • S字フックやマグネットフックでつりさげ収納スペースをつくる
  • かさばるフライパンは、ファイルボックスに立てて収納
  • お皿はそのまま重ねずにコの字ラック段をつくり出しやすくする
  • ブックスタンドにお皿を立てて収納する
これらはすべて100均でそろえることができる。統一感を出したければ、調味料を同じ容器に詰め替えたり、シンプルなカラーでそろえてラベルを貼ることで美しく見せたりというテクニックを使ってみてはいかがだろうか。100均のアイテムなら、気軽に購入できて試しやすいので、取り入れてみよう。

結論

ものが増えがちなキッチンの収納スペースも、アイデア次第で増やすことができる。デッドスペースになっている上部の空間使いや、収納棚をつくってしまうことで、収納場所を増やしたい。収納ケースやカゴですっきりと見せることも重要だ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ