このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

コインランドリーでふとんを丸洗い!使い方や料金、時間の目安を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月 9日

みなさんは自宅で定期的にふとんのお手入れを行っているだろうか。就寝時の汗や皮脂が蓄積されるふとんは、定期的にお手入れしないと菌の湯床になりかねない。とはいえ、自宅で洗濯するのは大変だし、クリーニングに出すと出費がかさんでしまう。そこでおすすめなのがコインランドリーの活用だ。今回はコインランドリーでふとんを洗濯するときの方法や時間、料金について詳しく解説していきたいと思う。

1. コインランドリーで洗えるふとん、洗えないふとん

ふとんは素材によって、洗えるものと洗えないものがある。

コインランドリーで洗えるふとんの種類

  • キルティングのあるふとん
  • 羽毛ふとん
  • こたつ用ふとん
  • 毛布
  • シーツ・カバー

コインランドリーで洗えないふとんの種類

  • キルティングのないふとん
  • 綿ふとん
  • 羊毛ふとん
  • 真綿ふとん など
コインランドリーにふとんを持っていく際は、事前にふとんの洗濯表示タグを確認しておくことが大切だ。

2. コインランドリーでふとんを洗うときの手順

キルティング加工されていないふとんは、洗濯中にふとんの中身が偏りやすいので注意が必要だ。崩れを防ぐためにも洗う前に布団をロール状に丸めて、数ヵ所ひもで縛っておくとよいだろう。用意ができたら、あとは洗濯機に布団を投入するだけだ。詳しい手順は以下を参考にしてほしい。

1. 洗濯機の中に忘れ物や汚れがないか確認する
2. 布団を入れる(詰め込みすぎると乾燥ができないため注意)
3. 扉を閉める(ロックレバーがあるものは必ず引く)
4. お金を入れてスタートボタンを押す

コインランドリーの洗濯機は基本的に洗剤が内蔵されているため、基本的には自宅から洗剤や柔軟剤を持っていく必要がない。ただ、古いタイプの洗濯機には洗剤が内蔵されていないものもあるので、コインランドリーをはじめて利用する際は事前に確認しておくことをおすすめする。

3. コインランドリーでふとんを洗うときの時間や料金は?

コインランドリーの利用料金や時間は店舗によって異なるので、以下で紹介している料金と時間は、あくまでも参考程度にみてほしい。

料金

※毛布1枚または羽毛ふとん1枚程度を想定

洗濯・乾燥...1,000~1,500円
洗濯のみ...500~600円
乾燥のみ...10分間で約100円

クリーニングより安いとはいえ、コインランドリーで洗濯から乾燥まで行うとトータル1,000円以上はかかってしまう。少しでもコストを抑えたいときは、自宅で洗濯を行い乾燥のみをコインランドリーで行うのも一つの手だ。

時間

※毛布1枚または羽毛ふとん1枚程度を想定

洗濯・乾燥...60~80分
洗濯のみ...30~40分
乾燥のみ...30~40分

コインランドリーで布団を選択する時間は平均1時間程度と考えておくのがよいだろう。時間を有効活用したい人は、コインランドリーの待ち時間でちょっとした買い物などしてもよいだろう。

4. コインランドリーでふとん乾燥のみを利用する場合

多くのコインランドリーには洗濯機・乾燥機・洗濯乾燥機の3種類の機械が設置されている。定期的なふとんのお手入れには洗濯乾燥機を利用してほしいが、寒い季節や梅雨の時期など、ふとんの天日干しができないときは乾燥のみの利用もおすすめだ。

コインランドリーの乾燥機は、天日干し以上にダニ退治や防臭効果が期待できる。洗濯をせずに乾燥のみでも使うことができるので、こちらも是非使ってみてはいかがだろうか。

コインランドリーでふとんの乾燥のみを行う場合の手順

1. 乾燥機の中に忘れ物や汚れがないか確認する
2. ふとんを入れて扉を閉める
3. お金を乾燥したい時間分投入する
4. 乾燥のコース選択ができるものであれば希望するコースボタンを押す
5. スタートボタンを押す

乾燥機は途中で温度を変えたり扉を開けたりできるタイプのものが多いので、乾き具合を見ながら上手に乾燥機を利用しよう。

結論

ふとんは自宅でもお手入れが可能だが、何度も洗濯機をまわしたり、濡れて重たくなったふとんを持ち上げて干したりしなくてはいけない。手間や労力を考えるとなかなか実行に移れない人が多いことだろう。一方で、コインランドリーはたった1時間程度でふとんをしっかり丸洗いすることができる。ふわふわに仕上がったふとんで寝れば、やみつきになること間違いなしだ。ふとんのお手入れに困っている人は、ぜひ近所のコインランドリーを活用してみてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ