このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ダイソーの突っ張り棒で収納上手になり、家中の収納に役立てよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月10日

ダイソーの突っ張り棒は、家中のさまざまな収納に役立つアイテムのひとつだ。突っ張るスペースさえあれば、どこででも使用できる。壁に傷をつけないので賃貸住宅でも安心して使用できるのも魅力のひとつだ。ここでは、ダイソーの突っ張り棒のさまざまな使い方を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ダイソーの突っ張り棒のおすすめの使い方

ダイソーの突っ張り棒は、長さや耐荷重(何キロまで耐えられるかを示した数値)別に種類が豊富にある。柄も白や木目、花柄などがあるので、好みや用途に応じて使いやすいものを選ぶとよい。ダイソーの突っ張り棒には次のようなおすすめの使い方がある。

押し入れをクローゼットに

押し入れにダイソーの突っ張り棒を設置し、ハンガーをかければ洋服を収納できる。

吊り下げ収納に

ダイソーの突っ張り棒にS 字フックをひっかけると、いろいろなものを吊り下げて収納できる。キッチンではお玉やフライ返しなどのキッチンツールやフライパンなどを吊り下げて収納できる。洋服ダンスやクローゼットに使用すると、カバンやバッグを収納できるので、おすすめの使い方だ。

仕切りに

押し入れの中にダイソーの突っ張り棒を縦に設置すると、押し入れの空間を仕切ることができる。マットレスを立てて収納し、縦に設置した突っ張り棒で支えるとデッドスペースなく収納できる。

また、キッチンの引き出し、タンスの引き出し、床下収納庫の中、などを突っ張り棒で仕切ると、雑貨や衣類などが倒れたり崩れたりせずに収納できるのでおすすめだ。

2. ダイソーの突っ張り棒で棚をつくる

突っ張り棒を2本、必要な間隔を開けて設置し、突っ張り棒用棚を取り付ければあっと言う間に棚が完成する。突っ張り棒用棚は、ダイソーで販売されている突っ張り棒専用の棚板だ。突っ張り棒用の棚がない場合は、板やプラスチックボードを乗せるといいだろう。

トイレに設置してトイレットペーパーを収納したり、洋服ダンスやクローゼットの上部に設置してあまり使用しないものを収納したり、と用途はさまざまだ。テーブルの下に取り付けて新聞や雑誌、ティッシュなどを収納してもよいだろう。ちょっとオシャレに使用したい場合は、棚にダイソーのリメイクシートを貼るとよい。

また、突っ張り棒を縦に2本設置し、間にワイヤーネットを結束バンドで取り付けると壁面収納棚ができる。S字フックやワイヤーラックを設置するとアクセサリーを収納したり、キッチンの小物や調味料を収納したりできる。

3. ダイソーの突っ張り棒と布でカーテンをつくる

ダイソーの突っ張り棒を使うと、どこにでもカーテンを吊るすことができる。作り方は簡単で、突っ張り棒にクリップハンガーを取り付け、クリップに布をつければできあがりだ。ダイソーのクリップハンガーはオシャレなデザインも多いのでおすすめだ。

あらかじめ突っ張り棒を通す穴が開いた布を使用すれば、クリップハンガーは必要ない。また、布の端を折り曲げて筒状にし、突っ張り棒を通してもよい。ミシンが使えなかったり手縫いができなかったりする場合は、布用の接着剤を使用すると簡単だ。

窓に取り付けてカーテンとして使用するのはもちろん、部屋の目隠しや仕切り、カラーボックスの目隠し、2段ベッドの目隠し、とさまざまな用途がある。ダイソーにはカーテン用の布が多く販売されている。カフェカーテン用のものからドレープカーテン用のものまで多種取り扱っているので、用途に合わせて購入するとよい。

結論

ダイソーの突っ張り棒は、家中のさまざまな収納に利用できるのでおすすめのアイテムだ。押し入れに使用して洋服ダンスとして利用する、引き出しや押し入れの仕切りとして利用する、S字フックを取り付けて吊り下げ収納をする、カーテンをつくる、棚をつくる、などいろいろな使い方がある。突っ張り棒は釘やねじを使わずに使用できるので賃貸の人も安心して利用できる。ダイソーの突っ張り棒を上手に利用してすっきりとした住まいを目指ざそう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ