このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチンの収納棚を使いこなすアイデア!家電や調理器具もすっきり

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月18日

キッチンの整理整頓に欠かせないのがキッチン収納棚だ。しかし、なぜか片付かない、すっきりと整理できないとお悩みではないだろうか。いろいろと詰め込みすぎて必要な物が取り出せないなど、使いづらくなってしまうこともある。収納棚のスペースをどう使えばうまく整理できるか、そのコツを紹介しよう。

1. キッチンで場所を取るフライパンの収納アイデア

キッチンの中でも大きくて場所を取るのがフライパンだ。うまく重ねることもできないうえに、取っ手の部分が長いからとにかく場所を取る。そこでおすすめしたい収納方法が3つある。

1つめは、立てて収納する方法である。コンロ下の収納棚にそのまま入れるのではなく、無印良品やニトリの仕切りスタンドを使うと便利だ。無印良品の仕切りスタンドは幅が38mmと83mmがあるので、フライパンの厚みに合わせて選ぶとよい。ニトリのスタンドはボックスタイプではないので、入れるものに合わせて位置を変えられる。もっと手頃な価格のものがよければ、100均のファイルボックスでもこと足りる。

2つめは、シンク下のスペースを使いラックなどを利用して収納する方法である。排水管を避けて伸縮タイプの棚を入れたり、突っ張り棒でスペースを作ったりすれば空いたスペースにフライパンを収納できる。

3つめは、あえて見せる収納にするという方法だ。壁にワイヤーラックや有孔ボードを設置し、S字フックで吊るしておくと料理をするときにも楽に取り出せる。壁にそれほどスペースがない場合は、換気扇の凹み部分にS字フックを取り付けたり、強力なマグネットでフックを付ける方法もある。

2. キッチンで電子レンジを収納するアイデア

今や多くの家庭にあり、キッチンの中でも場所を取る家電の一つが電子レンジだ。毎日使うものだからこそ使いやすいところに置きたいが、大きなものなのですっきりと収納したい。電子レンジを収納するなら、食器などと一緒に収納できるタイプの棚にするか、電子レンジをメインに考えたレンジボードを選ぶとよい。

食器棚が一緒になったタイプだと、電子レンジだけでなくキッチン周りの細々としたものも一度に収納できて便利である。木製の食器棚やウッドシェルフを使うと温かみのある雰囲気になる。高さ調節できるようにしたい場合は、ステンレスのラックが便利だ。電子レンジに合わせて高さを変えられるうえに、重いものを置いても問題ない。スタイリッシュな雰囲気にしたい場合もステンレスがおすすめだ。

レンジボードを選ぶときにはサイズと耐荷重の確認が重要である。電子レンジは熱や蒸気を逃がすために裏側だけでなく、左右や上部にも適切な隙間が必要だ。いざ電子レンジを置いてみたら、幅がギリギリでなんとか入ったという状態では困る。余裕を持って収納できるようにきちんとサイズを測る必要がある。また、電子レンジはかなり重量のある家電である。万が一でも落下しないよう、レンジボードの耐荷重をしっかり確認して、余裕を持って設置したい。

3. キッチンの収納棚にスチールラックを使う

スチールラックは幅がいろいろあり、高さも調節できるので、キッチンのスペースに合わせて設置できる自由度の高さが魅力の収納棚だ。電子レンジなどの重い家電も難なく置くことができるうえに、汚れに強く調理器具を収納しておくのも便利である。収納力もあるため、食器棚として使うことも可能だ。そのまま見せる収納として使ってもよいが、見せたくない場合は布をカーテンのようにして隠すこともできる。

スチールラックに食器やカトラリーを置くときには、カゴやトレーを使うと収納しやすい。陶器などをじかにおくと傷が心配なので、お茶碗などはラタンのカゴや収納ボックスに入れて上に布をかけておくとよい。オシャレなだけでなく埃がかぶるのも防ぐことができる。トレーに乗せておくと奥まで無駄なくスペースを使いながら、取り出すのも楽になるだろう。

また、棚板を木製のものにしたり、布を敷いたりすることで温かみのある雰囲気にすることもできる。スチールは丈夫だがキッチンに木製の家具が多い場合は、雰囲気がちぐはぐになってしまう。一部に木や布を取り入れることで雰囲気が変わるのだ。食器を置くのにもラック独特のガタガタが気にならなくなり一石二鳥である。

スチールラックはサイズ選びが重要なので、置きたい場所のサイズをきちんと測っておいてほしい。買ってから「入らない」などという事態は避けたいところだ。

結論

フライパンなど毎日使うものは、すっきりと取り出しやすく収納したい。今までうまく重ならなかったという人は立ててみる、吊り下げてみるなど今までとは違った方法を試してみてほしい。スチールラックは収納力があり、使い方次第で家電から食器まで収納できる優れものである。隠す収納、見せる収納、アレンジができるのも便利である。キッチンの収納棚は好みに合わせて使いこなしてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ