このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

トイレ収納はニトリ!「コーナー型カラーボックス」や「突っ張り棒」でお悩み解決!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月10日

トイレがきれいなお店は店内もスッキリしている印象を持っている人は多いだろう。これは家でも同じことが言えるが、トイレットペーパーをはじめ、掃除道具や替えのマットなどが既存の収納棚に収まらない場合など、清潔にはしているものの、どことなくゴチャゴチャして見える家庭も少なくない。今回は、トイレをスッキリと見せるうえでおすすめの収納棚や、簡単にできる収納スペースの作り方について紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. トイレに置くならニトリの収納棚がおすすめ

トイレの収納スペースが足りないためになにか収納棚を購入しようと考えても、大きさや収納力、価格で迷っている人も少なくない。そんな人にはニトリの商品がおすすめだ。ニトリではトイレの収納に一役買ってくれる便利なアイテムが販売されている。ここからはおすすめのニトリ商品を紹介していく。

ニトリのスマートワゴン

ニトリのスマートワゴンを使えば、トイレにちょっとした収納スペースを作れる。トイレットペーパーやトイレの掃除グッズなど、収納場所がない場合はぜひ取り入れてみよう。使いやすい大きさであるため、比較的に取り入れやすい商品だ。

トイレロール収納

トイレ内では、トイレットペーパーをどこにしまえばよいか迷ってしまう人も少なくないだろう。そこで活用できるのが、ニトリにて販売されているトイレロール収納だ。トイレ内をスッキリさせられるうえ、収納力アップも図れる便利な商品である。

2. トイレの角にはコーナー型カラーボックス

トイレ収納だからといってトイレ専用の収納棚を購入する必要は無い。限られたスペースをより有効に活用するには、デッドスペースになりがちな角に据え置けるコーナー型のカラーボックスもおすすめだ。

コーナー型のカラーボックスはさまざまなメーカーから販売されているため、比較的入手しやすい。コーナー型のカラーボックスを使うことは、決してトイレが広くない家庭でも取り入れられる収納アイデアである。

トイレットペーパーをはじめ、掃除グッズなど収納場所に悩んでいるアイテムをしまってスッキリさせてみよう。

3. トイレはつっぱり棒で収納アップ

収納棚を買うもよし、収納スペースを作るもよし、重視するポイントによっては人それぞれのやり方もある。少しでも出費をおさえたかったり、希望の収納棚がない場合は自分で作ってしまう方が手っ取り早いだろう。

ここではわずかな手間でトイレに十分な収納スペースが作れてしまうつっぱり棒の活用方法について紹介していく。

つっぱり棒の活用方法

1.デッドスペースとなりやすい壁につっぱり棒を行き渡らせる
2.収納するアイテムによって1本もしくは2本を使う

つっぱり棒の使い方はいたって簡単で、壁に行き渡らせるだけで収納スペースを誕生させられる。つっぱり棒を活用することで、棚のようにしてトイレットペーパーをしまっておくこともできれば、掃除アイテムであるスプレーなどをかけて収納することも可能だ。

トイレは一般的に狭い家庭の割合が多いため、いかにデッドスペースとなる場所をうまく活用できるかが収納力アップの鍵になる。コストをおさえてトイレ内に収納場所を確保したい人は、ぜひチャレンジしてみよう。

結論

トイレはあまり広い場所ではないだけに、いかにうまく収納スペースを作れるかが重要だ。さまざまな家具が販売されているニトリのスマートワゴンを使えば、トイレットペーパーや掃除道具などをしまっておける棚を作ることができる。また、デッドスペースになりやすい隅には、コーナー型カラーボックスを設置することで、スペースを有効活用して収納場所を作ることが可能だ。100均などでも販売しているつっぱり棒を使えば、空間を最大限に活かした収納場所を確保できる。少しのアイデアで、比較的狭い場所であるトイレも収納力アップが図れるため、ここで紹介したアイデアをぜひ取り入れてみよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ