このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

大ヒット!カインズホーム「フライパン」の実力|軽い!取っ手が外れる

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月10日

あなたは現在、自宅で使っているフライパンに対して不満を抱いてはいないだろうか。もし、重い・洗いにくい・すぐに焦げ付きやすいなどといった不満が少しでもあるのならば、カインズホームのフライパンを是非使ってみてほしい。当記事ではカインズホームのフライパンの中からおすすめしたいシリーズをピックアップして紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カインズホームの大ヒットフライパン「ストーンマーブルシリーズ」

カインズホームのフライパンを紹介する上で、絶対に外せないのが「ストーンマーブルシリーズ」だ。その名の通り、ストーンのようなデザインのストーンマーブルシリーズは、2016年に発売されて以来、ロングセラーが続くカインズホームの人気商品である。

ストーンマーブル系のフライパンといえば重いというデメリットが挙げられる。こびり付きにくいのはいいのだが、重すぎて鍋振りがしづらい、洗いにくいという声が多いのだ。

しかし、カインズホームのものは、見た目からは想像できないほど軽さで、もちろん食材が焦げ付きにくい。また、フライパンと取っ手の間にくぼみがあるので、サイズ違いのストーンマーブルシリーズを重ねて収納も便利という点も嬉しいポイントだ。

カインズホームで販売しているフライパンの中では価格が少しお高めだが、それでもデザイン・機能性が充実しているだけあって、リピート購入する人が後を絶たない商品である。

2. カインズホームだけの「取っ手が外せるシリーズ」もおすすめ

こちらは、前項で紹介したカインズホームのストーンマーブルシリーズの長所をそのままに、さらに進化させたフライパンである「取っ手が外せるシリーズ」の商品もおすすめしたい。

このシリーズの魅力は何といっても取っ手を外して、フライパンをそのまま食卓に並べられることである。SNS映えするストーン調のデザインは、食卓をおしゃれに彩ってくれる。もちろん、キッチンのインテリアとしてもおすすめできるので、使わないときは吊り下げて、見せる収納をしてみてもいいだろう。

カインズホームの「取っ手が外せるシリーズ」は、20cm・22cm(深型)・26cm・26cm(深型)のフライパンに18cmの片手鍋が加わったラインナップとなっている。バラ売りもしているが、シリーズ全商品を揃えたい人はお得な5点セットを購入するのがおすすめだ。

3. カインズホームの新作フライパン「焦げ付きにくいシリーズ」

見た目よりも機能性を重視したいのであれば、カインズホームの新作フライパン「焦げ付けにくいシリーズ」がオススメだ。

このシリーズは耐熱性に優れ、焦げ付きにくいテフロンプラチナプラスというフッ素樹脂の最高級グレードのものを使っている。そのため、一般的なフライパンに比べて傷や焦げが付きにくいのだ。

重さはストーンマーブルシリーズよりもほんの僅かに重さを感じるが、その差はたった100g程度。シンプルで重厚感のあるデザインなので、男のキッチンインテリアには持ってこいのフライパンではないだろうか。

4. カインズホーム&世界的ブランドのコラボ商品「MEYERシリーズ」

カインズホームで販売されているフライパンは自社ブランドだけではない。圧力鍋やフライパンなどを手掛ける世界的ブランド「MEYER」とコラボ開発された「MEYERシリーズ」も販売されている。

ポップで鮮やかなオレンジ・レッドカラーのフライパンは、よりキッチンの雰囲気を明るくしてくれるとこちらも人気だ。カインズホームで販売されているフライパンの中では少し重めだが、洗いやすさや持ちの長さは文句なしなので、こちらも是非チェックしてみよう。

結論

カインズホームでは、今回紹介した商品の他にも数多くの実用的なフライパンが並べられている。また、フライパンの蓋もリーズナブルな価格で手に入れることができるので、是非お気に入りのフライパンと組み合わせてみてはいかがだろうか。なお、カインズホームで販売されているフライパンの中には、ガスコンロのみ、もしくはIHのみにしか使えないフライパンも販売されている。購入する際は、自宅のキッチンに合ったフライパンを選ぶように注意しよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ