このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

寝室の収納が大事だと言い切れる理由〜機能的収納術のススメ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月29日

寝室のスペースを有効活用できている人は意外と少ない。機能的な収納を作っておかないと、部屋が散らかってしまう。しかし、諦めは禁物だ。デッドスペースをちょっとしたアイデアで上手く活用すれば収納量は何倍にもアップする。今回は、寝室にたっぷり収納してすっきり見せる収納術を紹介する。

1. 狭い寝室はデッドスペースを有効活用する知識が必要

寝室が散らかっていると感じたら、室内の収納をチェックしてみてほしい。狭くても導線を意識した機能的な収納があると寝室は自然と片付く。いつも片付いていて、人に見せても恥ずかしくないような寝室のポイントは収納にあるのだ。

もし寝室の中で収納をどうするのか悩んだら、どこがデッドスペースがないか確認しよう。一般的なデッドスペースはベッドの下だ。ベッド下は広いスペースを使えるので、衣類はもちろん、すぐには使わない季節の寝具や本など、さまざまな物を収納できる。狭い寝室だからこそ、このスペースを使わない手はないのだ。

最初から収納用の引き出しがついているベッドもあるが、ついていない場合でも収納ボックスを置けば、収納スペースに早変わりする。引き出し式や、ふたが半分で開くタイプの収納ケースが出し入れがしやすいのでおすすめだ。

サイズの大きな収納ボックスを置く場合は、キャスターつきだと便利だ。キャスターつきは、通気性もあり掃除がしやすいというメリットもある。

ピッタリサイズがない場合は、すのこやカラーボックスにキャスターをつけて自分でDIYしてもいいだろう。また、使い勝手を重視するなら、何が入っているかが一目瞭然の透明ボックスを選びたい。そして、狭い寝室でもすっきりした印象にする場合は、ボックスを統一することが鉄則だ。

2. アイデア収納で寝室の収納力はさらにアップ

「さすがにベッド下のスペース以外には、もう収納スペースはないだろう」と、思っていないだろうか。実は、寝室にはまだまだ使えるスペースがあり、ちょっとしたアイデアで、さらに収納力はアップするのだ。では、2つのアイデア収納を紹介する。

壁面収納をつくる

寝室の壁やドアの上部は、案外見落としがちなスペース。ここに吊り棚やウォールシェルフなどを設置すると多目的に使える収納棚に早変わりする。また、壁と壁の間が狭ければ、突っ張り棒を利用してその上に収納ボックスを置く方法もある。

部屋の角にハンガーラックを置く

コンパクトなハンガーラックを置けば、一気に収納力がアップする。いつも着る洋服やマフラーなどの小物も収納でき便利に使える。

収納力を増やすためにはさまざまな方法がある。限られた空間だからこそ、デッドスペースをなくしアイデア収納術で寝室スペースを有効活用しよう。

3. 寝室に洋服を賢く収納する方法とは?

寝室のクローゼットや押し入れに、物を詰め込み過ぎて何が入っているのかわからない、という人もいるだろう。収納はしまいやすく、取り出しやすいのが重要である。ここでは、クローゼットと押し入れの収納術を伝授していくので参考にしてほしい。

クローゼットの収納術 4つのポイント

1.上棚には、ふたつき収納ボックスなどに入れて、出番が少ない物を収納する。

2.ハンガーにかけて収納する洋服は、丈を揃える。たとえば、右に行くにつれて丈がない物にする。また、左右を日常着と通勤着でわけたり、シーズンでわけるといい。

3.下には、引き出し式の収納ケースを置いて、たたんだ洋服などをしまう。仕切りスタンドなどを使って立てて収納すると取り出しやすい。

4.収納ボックスの上には、使用頻度の高いバッグなどを置く。また、普段よく使う小物類はカゴなどを利用して収納する。

押し入れの収納術 4つのポイント

1.天袋には、出番が少ない物を収納する。ただし、重い物は落ちてきた場合、ケガをする恐れがあるため置かないこと。

2.上段には、押し入れの奥行きを生かしてハンガーラックを設置し、洋服をかける。または、長い突っ張り棒を利用すればクローゼットのようになり便利に使える。

3.下段には、高さのある引き出し式の収納ケースを置いて、たたんだ洋服をしまう。仕切りスタンドを使って立てて収納すると取り出しやすい。

4.下段には、扇風機などの家電を収納してもいい。扇風機の上がデッドスペースになる場合は、コの字型の棚を設置すれば、無駄なスペースがなくなり押し入れを最大限有効活用することもできる。

結論

デッドスペースを上手く活用したり、クローゼットや押し入れの収納術を見直すことで、収納力はグンとアップする。既存の収納スペースがないなら、壁や空間を活用して収納スペースをつくればいいのだ。寝室を居心地のよい空間にするためにも、早速、収納を見直してみてはどうだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ