このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

料理好き向け!キッチン収納棚が汚れない法則

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月31日

家族が多ければ多いほど、数種類のおかずをいかにに素早く、同時に処理するかが美味しい料理を冷まさせないポイントになる。しかし、使いやすさを重視するばかり、出しっぱなしでは見た目も悪い。そこで、どれだけ使いやすく収納されているかが重要といえる。今回は、使いやすさとキレイさの両面を実現できるキッチン収納のコツと、おすすめの収納棚について紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. キッチンは使い勝手よくスッキリ収納すべき

「料理上手は手際がよい」といわれるが、料理が苦手な人ほど複数の献立を作ると、あれやこれやとバタバタしてキッチンがすっかり汚れる。

収納が使いにくいと、食事時前のキッチン内は一種の戦争状態であるともいえよう。ここで重要なポイントは、料理自体に慣れることも当然ではあるが、食器や調味料あるいは調理器具などが如何にスッキリと使いやすさを考慮しながら収納されているかだ。そこでまずは、使い勝手よくスッキリさせる収納のコツについて解説しよう。

キッチン収納のコツ

・現状の収納をすべて見直す
・必要か不要かを分別する
・使う場所と収納場所を合わせる
・定位置を決める
・引き出しは縦入れで収納力を上げる
・開き戸はラックで収納力を上げる

裏を返せばキッチン内に不要なものがあふれている、使う場所と収納場所がリンクしていない、定位置がない、引き出しや開き戸のスペースをフル活用できていない家庭のキッチンは、効率が悪くゴチャゴチャしがちな状態といえる。上記の収納のコツを参考に、使い勝手も見た目もよいキッチンを目指そう。

2. キッチン収納棚に100均でひと工夫

現状のキッチンがすでにスッキリしていたとしても、収納棚を効率のよい配置にしていたとしても、さらに収納は向上させられる。それは100均を使って、プラスアルファの工夫を施すことだ。

既存の収納棚に100均アイデアをミックスすれば、より作業効率のアップしたキッチン収納棚を完成させられるだろう。その活用事例を紹介しよう。

ファイルボックス

キッチン収納棚の引き出しにしても開き戸にしても、単なる空間でしかすぎない場合も多い。そのような場合には空間を余すことなく最大限に活用すべく、書類を収納するアイテムである100均のファイルボックスで仕切りをつくろう。

また、ファイルボックスは丸ごと取り出せるメリットもあるため、高い位置の収納スペースにも効果的だ。

突っ張り棒

最近では、収納特集のテレビ番組でも常識であるかのように登場する100均の突っ張り棒だが、もちろんキッチン収納棚にも活用できる。突っ張り棒は2本並べれば空間内に棚をつくることも、1本にS字フックを組み合わせればかける収納もできる。使い方次第で空間を存分に収納スペースへと変えられるため、さまざまなアイデアを試してみよう。

3. キッチン収納棚ならニトリがおすすめ

思い切ってキッチンの収納棚を新たに買い替えようと考えても、収納量やデザイン、そして費用面で決めかねている人もいるだろう。

そのような時には、ニトリのキッチン収納棚がおすすめだ。ニトリの代名詞ともいえる「お値段以上」をきっと手に入れられるに違いない。幅広いラインナップから、迷っている条件に合致するようなキッチン収納棚をぜひ探し出してみよう。ここでは、数多くあるニトリのキッチン収納棚の中でも、おすすめの一品を紹介する。

ニトリのレンジ台

食器棚、キッチンボード、キッチンカウンター、キッチンワゴンなど、ニトリにはキッチン収納棚といっても実にさまざまな種類が存在する。その中でも、レンジ台は幅もさほど大きすぎず、食器のみならず電子レンジや炊飯器なども入れられる収納量を併せ持ち、かつ価格が1万円台前半とリーズナブルだ。ホワイト、ライトブラウン、ダークブラウンと3色展開しているので、自宅のキッチンに合うものを選んでみよう。

結論

今回は、見た目だけではなく効率も考慮に入れたキッチン収納のコツや、おすすめの収納棚を紹介した。100均の活用事例でも挙げたように、既存の収納棚もプラスアルファの工夫を添えるだけで、さらに自分自身に適した収納スペースへと変えられる。人それぞれに癖があるように、収納アイデアも独自のものを生み出して、キッチン収納をより快適にしてみよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ