このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

無印の洗濯カゴさえあれば!大人インテリアが完成

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月31日

洗濯は家事のなかでもなかなか省くことがむずかしい。洗濯カゴが便利でおしゃれだと、億劫な洗濯もやる気があがるかもしれない。なかでもシンプルで高品質な無印のアイテムは男女を問わず人気だ。そこで、無印の洗濯カゴのなかから、おすすめのものを紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. シンプルで丈夫!ステンレスの洗濯カゴ

洗濯カゴは「ランドリーバスケット」とも呼ばれており、最近ではおしゃれなデザインのものがたくさん販売されている。プラスチックやポリプロピレン製、天然素材の編みカゴふうのもの、ステンレス製など、種類は豊富だ。好みはさまざまだが、ここでは男女ともに人気の高い、無印のものを挙げていこう。

まずは、シンプルなステンレスの無印の洗濯カゴ。無印らしいシンプルさと品質の高さで人気だ。ステンレスで作られており、丈夫で通気性がよいのが特徴。クールなスタイリッシュさにあふれ、余計なものがないデザインで、部屋に置いていてもさまになる。大と小の2種類あるので、洗濯物の量にあったサイズを選ぼう。

2. 無印の人気アイテム!おしゃれな洗濯カゴ

おしゃれで実用的な「ナイロンメッシュランドリーバスケット」も人気がある。メッシュ素材で通気性にすぐれており、意外と大容量だ。濡れたものや洗ったあとの洗濯物を入れてもOK。洗濯物と一緒にひっかけて干しておけば、すぐに乾くのも嬉しい。黒のパイピングとグレーのメッシュがおしゃれで、無印らしく男性にもぴったりなデザインである。コンパクトに折りたためて、持ち手がついているため、コインランドリー用にしてもおしゃれだろう。

3. 折りたたみの洗濯カゴなら場所をとらず便利

先述の「無印のナイロンメッシュランドリーバスケット」が人気な理由のひとつに、折りたたみできるという点がある。折りたたみができる洗濯カゴは、使わないときはたたんで空いたスペースに入れて置けるため、狭い洗面所にもぴったりだ。布製でも内側がビニールで防水加工してあるものなら、多少濡れているものを入れても大丈夫だ。折りたたみタイプはおしゃれなデザインのものがそろっているため、インテリア雑貨としても使える。洗濯以外にも小物入れや子どものおもちゃ入れとして活用できる。

スリムなものや折りたたみタイプの洗濯カゴを車に積んでおけば、旅行や水遊びの予定があるアウトドアなどで役に立ちそうだ。

4. 洗濯カゴの種類はさまざま。実用性を考えて選ぼう

インテリアや好みに合わせて選んでよいのだが、濡れた洗濯物を入れるため、洗濯カゴは湿気に強いものがよい。洗濯カゴに適した条件を知っておこう。

・水がしみこまない素材
(布の場合は防水加工がされているものがおすすめ)
・通気性のよいもの
(洗濯物をたくさん入れておくと湿気がこもり、いやなにおいやカビの原因に。プラスチックやポリプロピレン製の洗濯カゴならメッシュになっているタイプがおすすめ)

基本は防水性、通気性が重要なポイントだが、置く場所よっては丸見えになるため、インテリアに合ったおしゃれなデザインをチョイスしたい。

結論

おしゃれで機能的な洗濯カゴや、自分の好きなデザインのものが見つかれば洗濯が楽しくなりそうだ。雨の日の憂鬱なコインランドリー通いも、おしゃれなアイテムがあれば気持ちが上がるかもしれない。シンプルさやスタイリッシュさを目指すなら、無印のアイテムもなかなかおすすめだ。自分好みの洗濯カゴを探してみよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ