このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチンハイターと片栗粉だけ!ゴムパッキンのカビはこれで撃退

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月10日

カビ取り用洗剤を使用してもとくにゴムパッキンの黒カビはしつこくて落としにくいものだ。そんなときは、カビ取り剤がなくても、キッチンハイターと片栗粉を使えば頑固な黒カビを簡単に、そして安全に落とすことが可能だ。除菌用のキッチンハイターと料理に使用する片栗粉という意外な組み合わせだが、ともに身近なアイテムなので気軽に試せるだろう。手順や注意点も紹介するので、ぜひカビ取りの参考にしてほしい。

1. キッチンハイターだけでカビは落とせない?

結論からいうと、キッチンハイターだけでカビを落とすことは可能だ。しかし、液体であるため扱い方によっては人体に悪影響を及ぼす恐れがある。たとえば高い場所にできたカビをキッチンハイターを使って落とすとしよう。扱い方に十分注意を払わなければ、液が床に垂れて室内や人にかかる恐れがある。液が付着した場所は色が抜け落ちたり、素材が傷んだりすることがある。また、スプレーボトルに入れてカビに噴射すると、飛散したハイター液を吸い込んでしまう可能性もある。小さな子どもがいる家庭ではとくに危険だ。

キッチンハイターは塩素系の台所用漂白剤だ。薄めて使用するのが基本であり、キッチン用品をつけ置きする方法が一般的だ。強力な成分が含まれており、薄めても独特の塩素臭があるため、換気をしながら使用することが推奨されている。このことからも、キッチンハイター本体にはカビ取りとしての使用方法は記載されておらず、カビ取りには強力カビハイターなどの専用アイテムが販売されているのだ。

しかし、今回紹介する片栗粉と混ぜて使う方法を用いればキッチンハイターが飛散する心配はなく、安全に配慮しながらカビにしっかりと働きかけることができる。万が一家になくても、コンビニで簡単に手に入るのも利点だ。次の項目で作り方を紹介しよう。

2. キッチンハイターと片栗粉で作ろう!ゴムパッキン用カビ取り剤

それではキッチンハイターと片栗粉を使い、ゴムパッキン用のカビ取り剤を作ろう。

カビ取り剤の作り方

(用意するもの)
  • キッチンハイター
  • 片栗粉
容器に、キッチンハイターと片栗粉を1:1の割合で入れて、粘りが出るまでよく混ぜる。これだけでカビ取り剤の完成だ。なお、紙コップや割り箸を使えば、使用後は捨てればよいだけなので片付けが楽になる。

カビ取り剤の使い方

(用意するもの)
  • 作ったカビ取り剤
  • ラップ
  • ゴム手袋
  • キッチンペーパー
ゴムパッキンに発生したカビの上に、先ほど作ったカビ取り剤を直接塗る。薄く塗るのではなく、カビとその周囲も覆うように乗せるのがポイントだ。ラップをかけ、ぴったりと密着させよう。

時間を置くほどカビ取り効果が期待できる。5分経ったら、キッチンペーパーでカビ取り剤を拭おう。表面の黒カビが姿を消すこともあるが、ゴムパッキンの奥まで根を生やしている場合は黒い部分が残っていることもある。その場合は、さらにカビ取り剤を乗せて30分、1時間、2時間と時間をかけよう。最後に水でしっかりと流して完成だ。

このカビ取り剤は、浴室の目地にも有効だ。また、室内の窓のゴムパッキンに使用する場合は、最後に洗い流すのは難しい。そんなときは、カビ取り剤を拭った後にぬらした雑巾で何度も拭き取ろう。

注意点

必ずゴム手袋を着用し、換気をしながら行おう。また、カビ取り剤が跳ねたときに備えて、汚れてもかまわない服装やマスクを着用するのが望ましい。

3. キッチンハイターに頼る前に!カビを防止する掃除方法

キッチンハイターと片栗粉を用いたカビ取り剤は手軽な掃除方法だ。しかし、できれば頑固なカビが発生しないよう心がけたい。

カビの発生条件

カビの胞子は常に空気中を漂っている。温度が5℃から35℃の環境で胞子が付着した場所に水分があれば、カビがそこに住んで次々と繁殖する。また、湿度が80%を超える場所もカビが好む環境だ。

水分の付着と結露

外に温度差が生じると窓が曇り、結露が発生する。結露を放置しておくと、垂れてゴムパッキンがぬれてしまう。

適温とたっぷりの水分があるこの状態は、胞子の大好物だ。結露が発生したら必ず拭き取ってカビの発生を防ごう。また、室内を掃除する際に、窓も確認してゴムパッキンを常にキレイにしておくことも欠かせない。

浴室を使用後はサッと拭き掃除

ほぼ毎日使用する浴室は、水気以外に垢も落ちているためカビが好む場所だ。カビを予防するには掃除が必要だが、その後に浴室内の水気を拭き取ることが大切である。ゴムパッキン、鏡、目地の水気を取るだけでカビが根付くのを防ぐことができる。窓や扉を開けたり、換気扇を使用して通気性をよくすることも忘れずに行おう。

さらに気になるようであれば、明らかなカビが発生していなくても、キッチンハイターと片栗粉で作ったカビ取り剤をときどき使用するのもおすすめだ。

結論

身近な場所で手に入るキッチンハイターと片栗粉を使うことで、簡単にカビを除去することができる。カビは1度発生するとそこに根を生やすため、今回紹介した密着させるカビ取り剤はとても有効な撃退方法といえるだろう。カビが発生しない環境を作り、気持ちのよい住居を維持したいものだ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ