このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カインズホームの収納アイテムを買ったらキッチンが片付く仕組みに変わる

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月10日

キッチンは家の中でも1位2位を争うほど、たくさんの物で溢れかえっている場所だ。どこに何を置いてあるのか把握しきれず、また同じ商品を買ってきてしまった…なんて経験をした人もいることだろう。そこで今回は、キッチン収納に役立つカインズホームの便利アイテムを紹介しよう。キッチンの収納スペースがごちゃごちゃしている人は是非参考にしてみてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カインズホーム「整理収納小物ケース スキット」

カインズホームの自社製品「整理収納小物ケース スキット」は、吊り戸棚や食器棚、シンク下の引き出し収納などに使える収納ケースだ。一見、他メーカーの収納ケースと変わらないが、スキットはカインズホームならではの工夫が施されている。

カインズホームのスキットは100円ショップで販売されている収納ケースと違い、側面がまっすぐになっているのが特徴だ。これなら並べて使っても無駄なスペースが生まれず、すっきり整理整頓することができる。

また、カインズホームのスキットは縦横に連結できるのも嬉しいポイントだ。積み重ねができる上に付属のジョイントパーツでケース同士を連結することができる。シンデレラフィット収納をしたい人にとって、これほど魅力的な収納ケースは他にないだろう。

さらにカインズホームのスキットは、用途に応じて見せる収納と隠す収納ができる。片面の上部がくり抜かれているので、ストック用品の収納に使いたいときはそのまま。中身を隠したいときは裏返して収納することが可能だ。

なお、カインズホームのスキットシリーズは今回紹介した形状以外の商品もあり、当記事で紹介した形状のケースは全部で10種類である(2019年7月現在)。価格はサイズによって異なるので、公式サイトまたはカインズホーム各店舗で確認しよう。

2. カインズホーム「キャスター付き スリムストッカー」

冷蔵庫や食器棚の横にあるちょっとしたすき間スペースには、カインズホームの「キャスター付き すき間ストッカースリム」がおすすめだ。17cm幅のスリムボディにもかかわらず、きちんとものを収納できるようになっている。4段ケースの場合、2リットルのペットボトルが約4本、350mlの缶詰めが約10本、加えてラップやホイルを約4本も収納することが可能である。キャスターがついているので、たくさん詰め込んでも移動が楽チンだ。

また、カインズホームのすき間ストッカースリムはパーツを追加して収納スペースをさらに増やすことができるのも便利なポイントである。天井近くまですき間スペースをしっかり有効活用したい人は、是非使ってみてはいかがだろうか。

3. カインズホーム「片手で開け閉めができる保存容器」

調理中などで手が塞がっているときは、片手で開け閉めができる保存容器が役に立つ。ただ、その手の商品は各メーカーから販売されているので、どこの商品が一番良いのか迷ってしまう人も多いことだろう。そんなときは、カインズホームの「片手で開け閉めができる保存容器」をおすすめしたい。

カインズホームの片手で開け閉めができる保存容器のおすすめポイントは、スタイリッシュな形状である。白くて四角いシンプルな容器なので、キッチンインテリアの邪魔にならず、シリーズ同士でスタッキングができる。重ねて収納可能で、さらに片手で開けられる保存容器は非常に便利ではないだろうか。キッチンが狭く、収納スペースが限られている人には特におすすめの商品だ。

カインズホームの片手で開け閉めができる保存容器もサイズによって価格が異なる。400mlまでのサイズであればワンコインで購入ができるので、是非試してみてほしい。

結論

キッチン収納のコツは、どこで何をどれぐらい使うのか事前に把握しておくことだ。アイテムの使い道や使用頻度が把握できれば、あとはいくつかのグループに分けて収納するだけでよい。カインズホームには、キッチン収納を手助けする商品が多く取り揃っている。なかなかキッチンの整理整頓が上手くできない人は、今回紹介したカインズホームのアイテムを試してみてほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ