このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カインズホームのカラーボックスの使い方。おしゃれな上にアレンジ自在!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月10日

カラーボックスといえば、安い・丈夫・使い道が豊富、と3拍子揃った便利な収納アイテムである。どこのホームセンターにも必ずと言っていいほど置いてあるが、これから設置しようと考えている人は、是非カインズホームのカラーボックスをチェックしてみてほしい。当記事では、カインズホームのカラーボックスの特徴や使い方について解説しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カインズホームのカラーボックスの特徴

カインズホームのカラーボックスの特徴といえば、何といってもおしゃれな木目調のデザインだろう。ブラック・ホワイト・ピンク・イエロー・ブルーといった単色デザインのカラーボックスも販売されているが、やはり木目調のものはひときわ人気が高い。というのも、カインズホームのカラーボックスは他メーカーの商品よりも、インテリア収納にぴったりな木目調のデザインを採用しているからだ。北欧家具らしさを感じるナチュラルな木目調は、より部屋をおしゃれな雰囲気にしてくれるに違いない。

また、カインズホームのカラーボックスはほとんどの商品が稼働棚になっているのも特徴的だ(一部固定棚の商品あり)。棚受けのピンをズラして棚板の位置を調整できるので、わざわざカラーボックスを組み立て直す必要もない。さらに、ネジで棚板を固定すれば横置きすることも可能だ。

2. カインズホームのカラーボックスは別売の棚板や引き出しでアレンジ自在

カインズホームのカラーボックスは、別売りのアイテムでアレンジができるのも魅力的だ。棚板や引き出しも手頃な価格で購入できるので、是非自分好みのカラーボックスにアレンジしてみてはいかがだろうか。ここではカインズホームのカラーボックスにぴったりな別売りのアイテムをいくつか紹介しよう。

可動棚収納ボックス用 棚板

カラーボックスの段数を増やしたいときは追加棚板が便利である。棚受けピンとセットで販売されているので、購入したらすぐ取り付けることができる。価格も1枚498円(税込)とリーズナブルだ。現在販売されている追加棚板は木目調のデザインのみ。単色デザインの棚板は販売されていないので、追加棚板を購入する人はあらかじめ木目調のカラーボックスを購入しておこう。

カラーボックス用 シキレール

木目調デザイン以外のカラーボックスで段数を増やしたいときや、カラーボックスに引き出しをつけたいときはシキレールを使ってみよう。シキレールとは、カラーボックスの内側にある壁穴に取り付けるアイテムのことだ。同じくカインズホームで販売されているカラーコンテナと組み合わせれば、カラーボックスに引き出しを取り付けることができる。ただし、シキレールの耐荷重は約3kgなので、カラーコンテナに重たいものを収納するのは避けておこう。

インナーボックス

カラーボックスにアイテムを隠して収納したいときは、専用のインナーボックスを使うのがおすすめだ。カインズホームで販売されているカラーボックス用のインナーボックスは、大きさや素材、デザインのバリエーションが豊富でインテリアに合わせやすい。隠す収納をしつつ、インテリアをコーディネートする役割も担ってくれるだろう。

3. カインズホームのカラーボックスを使った収納アイデア

収納もできる子供用スツールに

子供がいる家庭におすすめしたいのが、カインズホームのカラーボックスを使って収納スツールをDIYすることだ。DIYといっても、カラーボックスを横にして上部分に座布団を敷くだけなので、特別難しい作業をする必要はない。ベーシックなカラーボックスを使ってもいいし、バラバラに座らせたいならシングルタイプのカラーボックスをスツールにしてもいいだろう。ただし、大人が座る際は重量に気をつけることが必要だ。

キャスターを付けて便利な移動式収納棚に変身

カラーボックスにキャスターを付けると、移動式の収納棚として活用することができる。簡単に動かすことができるので、寝室のサイドテーブルやキッチンワゴンにもぴったりだろう。クローゼットの中に設置すればスタイリッシュに洋服を収納することもできる。カラーボックスの定位置が決まっていない場合は、是非キャスターを付けて便利な使い方をしてほしい。

2つのカラーボックスとパイン材の組み合わせもおすすめ

カウンターや学習机、テレビ台などが欲しい人は、カラーボックス2つとパイン材で簡単なDIYをするのがおすすめだ。作り方はとても簡単。カラーボックスを少し離して並べ、その上にパイン材を乗せるだけである。パイン材をペンキやカッティングシートでリメイクすればおしゃれなインテリアにもなるので、是非試してみてはいかがだろうか。

結論

今回紹介した木目調のカラーボックスは、カインズホームオリジナルの組み立て家具との相性も抜群だ。ナチュラルエルムは「カロスシリーズ」「デココシリーズ」、ホワイトは「アペルトシリーズ」、ブラウンは「モデルノシリーズ」「デココシリーズ」とのコーディネートに向いている。インテリアに統一感を出したい人は、是非カインズホームに足を運んでカラーボックスをチェックしてみよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ