このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

お風呂の赤カビ除去方法とは?発生原因から取り方まで徹底解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月 7日

お風呂は汚れが溜まりやすい場所であり、なかでもカビに悩まされている人は少なくないだろう。湿気を好むカビにとって、お風呂場は絶好の住処であり掃除を怠ればみるみる繁殖してしまうため要注意だ。そこで今回は、お風呂の赤カビにスポットをあて、なぜ発生するのか、そして赤カビ除去に有効な重曹の使い方、赤カビを再度発生しにくくする方法について紹介していこう。

1. お風呂に赤カビが発生する原因とは

お風呂の赤カビを除去する方法について説明する前に、なぜ赤カビが発生してしまうのかという原因を解説していこう。実は、ヌルヌルしたお風呂の赤カビの正体は「ロドトルラ」という酵母菌の一種で、カビと呼ばれているがカビではない。

この赤カビは石けんカスや水垢などを養分として異常な速さで繁殖する。そのため、お風呂掃除をしてもすぐ発生してしまう厄介なものだ。赤カビが発生しやすい原因に水だけで成長することも挙げられ、お風呂場だけでなくトイレにも発生しやすい。赤カビはそのまま放置していると黒カビも生えやすくなり、黒カビが繁殖しだす原因にもなる。

お風呂場はどうしても石けんカスや水垢が出やすく赤カビが発生しやすいことから、正しい掃除方法を把握しておく必要があるだろう。

2. お風呂の赤カビ除去には重曹が有効

赤カビは酸性の汚れであり、酸性の汚れはアルカリ性の洗剤を使用することで分解される。そこでおすすめなのが身体にも害のないことで注目を浴びている重曹だ。重曹は弱アルカリ性の性質を持つため、酸性の赤カビに効果を発揮する。そして、手軽に作れる便利な掃除アイテムとして挙げられるのが重曹スプレーだ。作り方も簡単なため、ぜひ準備し赤カビ除去に役立ててほしい。重曹スプレーの作り方を紹介していこう。

重曹スプレーの作り方

1.ボトルに重曹を小さじ1杯入れる。
2.水100mlを追加して混ぜ合わせる。

作り方はたったこれだけで、だれでもすぐに取り入れることができる掃除アイテムだ。また、重曹スプレーはお風呂場の掃除はもちろん、トイレ掃除にも活用できるため、ひとつあれば非常に重宝する。さらに重曹スプレーはアロマオイルを入れることで、掃除をするたびによい香りが広がる。自分の好きな香りのアロマを使うことで、楽しくお風呂掃除をすることも可能だ。

3. お風呂の赤カビの取り方

上記で紹介したように、重曹を使うといった簡単な赤カビの取り方があるが、重要なことは取り方だけでなく、再度発生しないように根本から排除することだ。それに有効なものとしてエタノールが挙げられる。お風呂の赤カビに直接吹きつけるか、キッチンペーパーなどに染みこませて、10分ほど放置する取り方もある。

除去するだけでなく再発を抑えるために、お風呂場を赤カビが好む環境にしないことも大切である。赤カビは湿気が高い場所に発生するため、水気を残さないことも意識しよう。換気をしっかりと行い、お風呂場を湿度の高い状態にしないことなど、掃除をする以前に実行できるさまざまな対策も必要だ。お風呂場に乾燥機がついている家庭では乾燥運転をする、乾燥機がない場合は換気扇を回しておくなど、湿度への意識を高めることで赤カビは防止できる。

結論

お風呂はほぼ毎日使う場所なので、キレイに保ちたいと考える人が多いだろう。しかし、お風呂場は赤カビが発生しやすい場所となるため、十分な対策と正しい掃除方法を把握することが大切だ。赤カビは石けんカスや水垢だけでなく、水気を養分として成長するため、お風呂場の水分はできる限り残らないようにすることが重要である。また、赤カビはそのままにすると黒カビ発生の原因となり、悪化させないために掃除はマメに行おう。掃除アイテムとして活用できる重曹スプレーはアルカリ性の性質を持つため、酸性の赤カビに対して効果的だ。そして、赤カビの再発防止に有効なエタノールもあわせて用意しておこう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ