このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カバンの収納に悩んでない?便利グッズを使ってスッキリ収納しよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月 7日

形や大きさがさまざまなカバンは収納が難しいアイテムのひとつだ。適当に収納しておけば型崩れをおこしたりカビが発生してしまったりと、大切なカバンを台なしにしてしまうこともある。そこで今回は、狭いスペースを有効活用してカバンをスッキリと収納する方法を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. クローゼット・押入れにカバンを上手に収納する方法

カバンの収納場所としてまず挙げられるのが、クローゼットや押入れだろう。カバンをそのまましまうではなく、便利グッズを利用すると見栄えよく片付けられる。

収納ボックス・ファイルボックスを使う方法

100均・生活用品ショップなどで購入できる収納ボックスやファイルボックスは、じつはカバンの収納にも便利だ。

収納ボックスなら大きいサイズのカバンを入れることもできるし、小さ目のカバンをいくつかまとめて収納することもできる。ポイントはカバンを寝かして入れるのではなく、型崩れを防ぐために「立ててしまう」ことだと覚えておこう。ファイルボックスの場合は、カバンをひとつずつ収納できるのがメリットである。クローゼットの床や上の棚などにピッタリと並べておけば、かなりの数を収納できるだろう。

「吊るす」アイテムを使う方法

S字フックを使って、クローゼットの中に吊るして収納するのもよい方法である。普通のS字フックでもいいが、滑り止め加工をしてあるバッグ・スカーフ専用フックを利用すれば出し入れもより快適になるはずだ。

また、収納袋が縦につらなっている、吊るせるタイプのバッグホルダーもおすすめアイテムだ。洋服と並べて、数個のカバンを縦に吊り下げて収納ができて便利である。こちらは無印良品などで購入できるのでチェックしてみてほしい。

ブックエンドを使った方法

ブックエンドを使ってカバンを立てて並べておくというのも、サッと取り出しやすくおすすめの方法だ。カバンに合わせて幅を調整できるのがメリットである。ちょっとした空きスペースなどを活用してやってみよう。

2. カバンの収納場所として「壁」を活用しよう

クローゼットや押入れに収納場所がないときや使用頻度の高いカバンを収納するなら、壁面を上手く利用するのがおすすめだ。

壁に取り付けるタイプのフックを活用

カバンを壁面に収納する場合は、壁に付けるタイプのフックを利用しよう。フックがいくつか横並びになっているタイプなら、フックの数だけカバンをかけることができる。いつも使っているカバンや買い物用のエコバッグをかけておくのもいいだろう。帽子やストールなどを引っかけることもできる。また、デザイン性の高いカバンをあえて壁にかけることで「見せる」収納にもなり、オシャレな雰囲気になるので試してみてほしい。

チェーン型のジョイントバッグハンガーも便利

チェーンのように縦に連結できるジョイントバッグハンガーもおすすめアイテムのひとつだ。5個、6個と縦に並べてカバンを収納できるのでこちらもかなり省スペースになる。バラして使うこともできるので、場所によって使い方を変えられるのも便利な点だ。吊り下げ場所は壁のほかに、ドア裏やクローゼットの扉でもよいだろう。

3. カバン収納には湿気やカビ対策も忘れずに

カバンを収納しておくと、いつの間にかカビが生えたりカビ臭くなってしまったりすることがある。長期間使わない場合は、湿気・カビ対策も忘れずにしておこう。

収納場所には除湿剤を置く

クローゼットや押入れは湿気が多く、カビが発生しやすい場所だ。カバンを保管するときには除湿剤を置いておこう。除湿剤は期限を確認しておき、効き目が切れたら取り替えることも大切だ。カバンの中に乾燥材を入れておくのも、カビを抑えるには有効である。

カバンには詰め物をして布で包んで保管する

カバンを長期収納する際には、型崩れを防ぐため中に詰め物をしておこう。詰めるのは、通気性のある不織布や古いストッキングに新聞紙を丸めて入れたものがおすすめだ。新聞紙が湿気を吸収してくれるため、カビの予防にもなる。ただし、新聞紙をそのまま入れるとインクがカバンの裏地に移る危険があるので注意しよう。

さらにカバンを不織布の袋などで包んでおけば、押入れのにおいなどが移ることも防止できる。ビニール袋で包むと湿気が逃げないため、通気性のいい布製の袋がおすすめだ。

結論

収納が難しいカバンだが、収納ボックスや吊り下げるタイプの収納グッズを使えば意外とスッキリ収納できる。家の壁や扉といったスペースを活用するのもおすすめである。保管の際には湿気やカビ対策も怠らず、カバンを長く大切に使ってほしいものだ。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ