このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

冷蔵庫をトレーとラベルでもっと使いやすく!収納アイデアをご紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月13日

冷蔵庫の中がいつも食材でいっぱいで、うまく整理できないと悩んでいないだろうか?実は、冷蔵庫はトレーとラベルを使うだけでとても使いやすくなる。そこで今回は、冷蔵庫の収納アイデアや、100均で購入できるおすすめの収納グッズをご紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 冷蔵庫収納のトレー活用法

冷蔵庫の収納には、いくつか注意すべき点がある。まず、何がどこに置かれているのかを把握することが大切だ。加えて、冷蔵庫に食材を詰め込んでしまうと、冷えるまでに時間がかかってしまうし、省エネの観点からもデメリットが大きい。そのため、限りあるスペースを有効活用して、食材を保管する必要がある。

このような冷蔵庫の問題を解決してくれるアイテムが「トレー」だ。とくに冷蔵庫収納では、スリムな細長いタイプのトレーが活躍する。トレーに置くことで、冷蔵庫の奥にある食材も取り出しやすくなる。また消費期限が近い食材をトレーにまとめて収納すれば、食べ忘れなどを防ぐことができる。

また、同じサイズのトレーを用意すれば、重ねて置くことでスペースを有効活用できるだろう。透明なタイプのトレーを使えば、中身も分かりやすい。ぜひトレーを使って冷蔵庫収納に挑戦してもらいたい。

2. 冷蔵庫の中はラベル仕分けで整理整頓

冷蔵庫の収納は、ラベルで仕分けをするとよい。とくに、冷蔵庫上段の見えにくい場所にある食材の管理におすすめだ。また、ラベルに消費期限を記載しておくことで、食材の保存期間をひと目で把握できるので、食品を無駄にすることもない。

冷蔵庫で使用するラベルは、100均などで手に入る名前用シールでもよいが、マスキングテープもおすすめだ。マスキングテープは貼ったり剥がしたりしやすく、好きな長さだけ切り取れるほか、カラーやイラストも豊富なので選ぶ楽しさもある。無機質で生活感が出やすい冷蔵庫内が、マスキングテープのラベルを貼ることで、明るくきれいに整理できるのだ。

冷蔵庫内のラベル管理は、細かく仕分けすると逆に使いにくいので、まずは食材を同じジャンルをまとめることから始めてみよう。

3. 冷蔵庫の整理におすすめの100均グッズ

冷蔵庫内の整理には、100均グッズが何かと便利だ。とくに、同じものを複数購入したいときなど、コスパのよい100均グッズは重宝する。プラスチック素材の収納グッズが多数だが、意外に丈夫で壊れにくいのも嬉しい。おすすめの収納グッズをご紹介しよう。

冷蔵庫内をきれいに整理するおすすめの100均グッズは、先にお伝えしたトレーがある。100均には、細長いタイプや深型タイプ、取っ手付きタイプやメッシュタイプなど、さまざまな種類のトレーがあるので、入れる食材に合わせて選ぼう。

また、チューブ入りのわさびやにんにく、しょうがなどの収納に便利なのが、冷蔵庫のドアポケットに引っ掛けて使う100均グッズだ。ピンチ部分にチューブ調味料を挟んで、ドアポケットに吊るせば見つけやすく、使うたびに探さなくて済むのでストレスも少なくなるだろう。そのほか、ボトルの形状が異なるドレッシングや醤油などの調味料類は、100均のお揃いのボトルなどに移し替えれば、スマートに収納できるだろう。

結論

冷蔵庫の収納は、トレーやラベルを活用すれば整理整頓がしやすくなる。また、庫内がスッキリすれば、食材の在庫も把握しやすく、献立を考えることも楽になるだろう。さらに食材を探す手間も省けるので、調理の時短にもつながる。冷蔵庫を使いやすくするために、便利な収納グッズを利用してきれいに整理しよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ