このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

無印良品グッズで、絡まりやすいケーブルをすっきり収納!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月16日

気がつくとごちゃごちゃしてしまうケーブルに、あなたもうんざりしていないだろうか?しかし、ケーブルの収納には、無印良品の収納アイテムを利用するとすっきりと片付けることができる。おすすめの収納アイテムをご紹介していこう。

1. 無印良品のEVAケースはケーブル収納にぴったり!

ごちゃごちゃと絡まりやすいケーブルの収納には、無印良品のEVAケースを利用することがおすすめである。なぜなら、無印良品のEVAケースならば、ケーブルを省スペースながらコンパクトに収納することができるからだ。ケーブルをコンパクトに収納しようとすると、無理にケーブルを曲げてしまうことから、コンセントや電子機器に差し込む部分を損傷してしまうこともよくあるものだ。

だが、余裕のあるサイズのEVAケースに、ケーブルをひとつずつゆるくまとめて入れることでケーブル自体にダメージを与えることなく、なおかつキレイに収納することが可能である。

また、ケーブル収納の悩みとして多いのが、ケーブル同士を一緒に収納しておくと絡まって必要なときに取り出しにくいことではないだろうか。このような場合は、無印良品のEVAケースを利用して一つ一つのケーブルを収納することで悩みを解決できる。一つ一つのケーブルが絡まることなく取り出しやすいため、余計なストレスを感じずに済むだろう。

それに、ケーブルを片付ける際にも軽くまとめて無印良品のEVAケースに入れるだけで、簡単に収納することができる。そして、残念ながらケーブルの収納が面倒だとどうしても床や延長コードに放置してしまいがちで、掃除もしにくいことが多いものだ。しかし、そういったストレスも無印良品のEVAケースを使うことで軽減することができるだろう。

2. ケーブル収納には無印良品のポリプロピレン整理ボックスが便利

無印良品のポリプロピレン整理ボックスは、さまざまなサイズがラインナップされているので、一つ一つのケーブルを仕分けして収納するのにとても便利なアイテムといえる。具体的には、無印良品のポリプロピレン整理ボックスは10cm角以下の小さめの整理ボックスのほか、ペンケースサイズやお弁当箱サイズの整理ボックスが用意されている。そのほか、スパゲッティーなどが入る長めの整理ボックスもあるため、ケーブルに合わせて自由に選ぶことができる。

無印良品のポリプロピレン整理ボックスの中に、ケーブルを軽く束ねて収納すれば、キレイにそして簡単に片付けが完了する。そのため、収納したいケーブルのサイズや量、収納スペースに合わせて、無印良品のポリプロピレン整理ボックスをチョイスしてみよう。

また、無印良品のポリプロピレン整理ボックスは、ネット限定のまとめ買いをすることでお得に購入することもできる。このまとめ買いを利用すれば、家中のケーブルをキレイに収納することも可能だ。なお、対象商品は限られるので注意しよう。そして、さまざまなサイズを組み合わせて、上手にケーブルを収納してみてはいかがだろうか。

3. 無印良品の収納キャリーボックスもケーブル収納におすすめ

気をつけていても絡まってしまうことが多いケーブルには、無印良品の収納キャリーボックスを利用するのもおすすめだ。無印良品の収納キャリーボックスには、6つのマスが分かれていて、それぞれにケーブルを収納することができる。ケーブルを軽く束ねて収納キャリーボックスのマス目に入れておくだけで、ケーブル同士が絡まることを防いでくれるし、簡単に取り出すことが可能だ。

また、無印良品の収納キャリーボックスの中央部分には持ち手部分が付いており、ケーブルを使用したい場所にそのまま持ち運びできるのも便利でおすすめできる点だ。たとえば、スマホを充電したいときは、無印良品の収納キャリーボックスの中に充電器につないだ状態のスマホを入れて、そのままケーブルをコンセントに差し込もう。

ケーブルの長さを調節したい場合は、持ち手部分にケーブルを巻きつけておけば、ケーブルが長くて邪魔になることもない。そのほか、ケーブル収納の悩みでは、どのケーブルが何用のケーブルだったか分からなくなってしまうケースも多い。そのような場合は、無印良品の収納キャリーボックスのそれぞれのマス目に、マスキングテープなどで何のケーブルを収納するスペースか明記しておくのがおすすめだ。

結論

生活の中で常に身近にあるケーブルは、どうしても収納しにくいアイテムの一つである。バラバラになったり絡まってしまうことが多いケーブルは、ご紹介した無印良品のアイテムを利用してスマートに、そして使いやすく片付けるのがおすすめだ。
「無印良品の収納グッズ」記事を読む!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ