このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カインズホームの大人気収納ケース!「キャリコ」を使ってみよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月10日

ホームセンターで販売されている収納ケースは地味で味気のないものが多く、実用的でもインテリアとしてはいまひとつと感じることが多いのではないだろうか。そんなときは、カインズホームの収納ケースである「キャリコ」を使ってみてほしい。当記事ではキャリコの特徴や使い方について解説しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カインズホームのキャリコとは

キャリコはカインズホームが自社でつくっている収納ケースであり、正面にフタが付いていて積み重ねて使うことができる。正面のフタを止めて使うことができたり、異なるサイズでもスタッキングできたりと、シンプルながらも使いやすい工夫が凝らされておりカインズホームの商品の中でも上位を争うほど人気が高い。カラーバリエーションも豊富で、クローゼット収納だけでなく、リビング・寝室・キッチンなどのインテリア収納にも役に立つアイテムだ。

2. カインズホームのキャリコのサイズ・色・価格をチェック

カインズホームのキャリコはS・M・Lサイズの3種類に分かれている。カラーバリエーションは全種類共通だが、価格はサイズによって異なるため、購入する際は事前にチェックしておこう。なお、各種類のサイズ・色・価格は以下の通りだ。

サイズ(外寸)

Sサイズ...(約)幅22×奥行38.5×高さ31cm
Mサイズ...(約)幅44×奥行38.5×高さ31cm
Lサイズ...(約)幅66×奥行38.5×高さ31cm

カインズホームのキャリコは、Lサイズの上にSサイズ・Mサイズが丁度収まるつくりになっている。ただ、全サイズとも天板の耐荷重量は8kgであるため、積み重ねすぎには注意しよう。特にLサイズの場合は中身がたくさん入るので、積み重ねても3段程度が限界になる。

カインズホームのキャリコのカラーラインナップは全部で8種類(2019年7月現在)である。カラーラインナップは以下の通りだ。
  • スモーキークリア
  • スモーキーベージュ
  • ナチュラルブラウン
  • シックグレー
  • シンプルホワイト
  • エールイエロー
  • ウインドブルー
どのキャリコもマットな質感と色に加工されており、落ち着いた大人のインテリアとして楽しむことができる。

価格

Sサイズ...798円(税込)
Mサイズ...980円(税込)、スモーキークリアのみ880円(税込)
Lサイズ...1,780円(税込)
※2019年7月の時点での価格

別メーカーで販売されているスタックケースと比較すると、僅差ではあるがキャリコの方がお値打ち価格である。とはいえ収納力や使い勝手の良さも含めると、圧倒的にキャリコの方がコストパフォーマンスに優れているといえるだろう。

3. カインズホームのキャリコを使った収納アイデア

カインズホームのキャリコはデザインと実用性を変え備えているため、アイデア次第で使い道の幅も大きく広げることができる。ここでは多くの人が実践しているキャリコの使い方をいくつか紹介しよう。

子供グッズの収納に

大雑把に収納しても中身が見えないカインズホームのキャリコは、子供のおもちゃ収納にぴったりだ。どこに何が入っているのかラベリングすることで、子供に片付けの習慣をつけさせることもできる。少し大きくなれば通学バッグなどの収納にも役立つので、長い間活躍すること間違いなしだ。

クローゼット収納に

カインズホームのキャリコは奥行きがあり、洋服をたっぷり収納することができる。一番大きいLサイズは、何とセーターが約6枚も入ってしまう。また、キャスター付きで移動が楽チンなので、シーズンごとに洋服を収納しておけば、キャリコを入れ替えるだけで衣替えをすることも可能だ。

ゴミ箱として

カインズホームのキャリコは収納だけではなく、ゴミ箱の代わりにもなる。スタッキングすれば可燃ごみ・不燃ごみ・ビン・カン・ペットボトルなどを分別して捨てたいときにも便利だ。奥行きがあってゴミがたくさん入るので、キッチンの空きスペースに設置するとよいだろう。

結論

カインズホームではキャリコのシリーズ商品として「キャリコ ポルタ」や「キャリコG」など収納ケースも販売されている。これらもやはりインテリアに合わせやすいデザインとなっているため、是非キャリコと組み合わせて使ってみてほしい。カインズホームの収納ケースで、すっきりとしたおしゃれな部屋を目指そう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ