このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

気になる炊飯器の臭い!原因と正しい掃除方法を把握しよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月22日

炊飯器の釜や内ぶたは使用のたびに洗っている人も多いだろう。しかし、そのほかの箇所は掃除方法がわからず放置したまま、といった人も少なくないだろう。また、汚れだけでなく気になるのが臭いである。炊飯器内に臭いが溜まると、米にも移る可能性があるため対処が必要だ。そこで今回は、炊飯器の臭いの原因は何であるのかを解説し、除去する方法や掃除の仕方について紹介していこう。

1. 炊飯器の臭いの原因とは

炊飯器は主食となる米を炊くことから使用頻度も高く、できるだけ手軽にかつキレイを維持したいものだ。また、炊飯器を清潔に保つうえで、汚れだけでなく臭いを気にすることも重要なポイントとなる。臭いが出ている状態を放置すると米にも移りかねない。では、炊飯器から臭いを発する原因は一体何なのか。

臭いの原因はさまざまあるが、炊き込みごはんや炊飯器調理などで強い臭いの食材が消えずに残っていたり、汚れを放置したことで繁殖した雑菌などが考えられる。炊飯器内は蒸気によって湿度がどうしても高くなり、その湿気に米のでんぷん質が含まれているので、掃除せず放置していると雑菌が繁殖し嫌な臭いを発するのだ。

そのため、炊飯器は釜や内ぶたのみならず各パーツを、定期的に手入れする必要がある。しかし、時間に余裕がないとなかなか炊飯器掃除に時間を割くことは難しいだろう。しかし、臭いの原因が雑菌であるならば体調に悪影響を及ぼしかねないので、毎日は厳しくともせめて一週間に一度は炊飯器を丁寧に掃除することを心がけたい。

2. クエン酸を使った炊飯器の臭いの取り方

上記のように、米を炊くたびに発生する蒸気によって湿度が高くなり、汚れに雑菌が繁殖することが臭いの原因に繋がってしまうが、どのようにして対処すればよいのか。ここではクエン酸を使った炊飯器の嫌な臭いの取り方を紹介しよう。

クエン酸を使った臭いの取り方

炊飯器の臭いの取り方で効果が期待できるのが、クエン酸を活用することだ。クエン酸は天然成分で人体にもやさしく、また酸性の性質があるため水垢などのアルカリ性の汚れに効果的だ。またアルカリ性の性質をもつ臭いに対して消臭効果があるといわれている。

クエン酸で炊飯器の臭いを除去する方法は、まず炊飯器に水を入れ、そこにクエン酸を投入し、白米メニューにして通常の米を炊くように炊飯を開始するだけだ。ポイントは、炊飯が終わったら保温を切り、炊飯器内の熱が冷めるまでそのままで放置することだ。冷めた頃には炊飯器内の気になる臭いは除去できているだろう。また、炊飯器の臭いが少し強く感じるときは、水ではなくお湯にクエン酸を入れて同じ手順で行えば、より高い消臭効果が期待できるので実践してみよう。

3. 炊飯器掃除は重曹も効果的

炊飯器掃除に、クエン酸とともに活躍するのが重曹だ。重曹は炊飯器に付着している酸性の汚れや酸性の性質をもつ臭いに効果的といわれている。炊飯器で白米を炊くだけではなく、炊き込みごはんなどでも活用している場合には、肉や魚の油分がさまざまな箇所に付着している可能性が高い。油分は酸性の汚れなので、アルカリ性である重曹が効果を発揮する。クエン酸では落としきれない酸性汚れや臭いを除去すべく、重曹を使った炊飯器の掃除方法を紹介しよう。

重曹を使用した掃除方法

水で濡らした布もしくはキッチンペーパーを広げて、まんべんなく重曹をふりかける。キッチンペーパーに重曹がなじんだら数十分間、内ぶたなどの汚れが気になる部分に貼り付けておくと、炊飯器に付いた汚れが浮いてくる。

キッチンペーパーで汚れを丁寧に拭き取れば、内ぶたは元の輝きを取り戻すはずだ。炊飯器の内ぶたやその裏側には、炊飯時のコゲが付いていることも多いので、パーツを外してしっかりと汚れを取り除くことが大切だ。重曹は家の中のあらゆる場所で活用できる優秀な掃除道具になるので、これを機会にぜひ常備しておこう。

臭い消しにも効果を発揮

重曹は、炊き込みごはんや炊飯器で肉の調理などをした場合の臭い消しに効果的だ。方法は上記で説明したクエン酸と同じで、炊飯器に水を入れて、そこに重曹を投入し炊飯ボタンを押すだけである。炊飯が終了したら保温を切り、熱が冷めるまで放置すれば、気になる臭いも消えているだろう。

結論

食事を最大限に楽しむためには、衛生面の配慮は不可欠である。そのために、調理器具はこまめに掃除をして清潔を保ちたい。とくにどこの家庭でもほぼ毎日のように使っている炊飯器は想像以上に汚れ、雑菌が繁殖しやすい環境なので、使うたびに掃除をしたい。しかし、家電ということもあって掃除方法がわかりにくく、手間に感じることもあるだろう。今回紹介した手軽な掃除方法で定期的な掃除を心がけ、気持ちよく美味しいごはんを食べてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ