このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチンが狭くても大丈夫!カラーボックス食器棚で楽チン収納。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年9月23日

キッチンが狭いと保管場所も少なく、食器棚を置くところがないと諦めがちだ。しかしカラーボックスを使えば、スペースに合わせて食器棚が作れる。もしくは食器棚を使わない方法もよいだろう。そこで今回は、自分で作れる食器棚の作り方と食器棚を使わない収納術を解説する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 狭いキッチンは食器棚を使わずに収納する

食器棚を使わず狭いキッチンに食器を収納するには、多少の断捨離も必要だ。多すぎればたとえ棚があってもすぐに置くところがなくなる。始める前に整理整頓をしてみるとよいだろう。

シンク下を活用

料理中に取りやすい位置にあるシンク下は食器置き場として最適だ。お皿を取りにキッチン内をあちこち動く必要がないので、時間を有効的に使える。シンク下奥には使用頻度の低いお皿、手前にはお茶碗などのよく使うものと分けたほうが取り出しやすくなる。さらにラックを使って2段にして場所を増やすのもおすすめだ。

吊り戸棚にしまう

吊り戸棚には、お客様用食器などあまり出さないものを置くとよい。手を上げるよりも手を下ろしている状態で取れる位置のほうが取りやすいからだ。シンク下のように置ける場所が下にあれば、しゃがんでしっかりお皿を掴むことができる。手を伸ばさなければいけない場所は支えがほかになく、不安定になってしまうので頻繁に使うものの収納には向かない。

壁を収納に使う

キッチンでの取り出し頻度が高い小皿やコップなど軽めのものは、ネジを使わずに柱を固定できるディアウォールで棚を設置して置くこともできる。見せる収納、隠す収納どちらも可能で、狭いキッチンでも一気に収納上手の仲間入りだ。壁なら自分の好きな高さに棚を作れるから、使い勝手のよい棚になるはずだ。

チェストに入れる

チェストの引き出しに収納する方法もアリだ。仕切りケースやカゴを活用してスッキリと整理すると狭いキッチンスペースが効率的に使えておすすめである。

2. キッチンの食器棚をカラーボックスと100均で作る

キッチンに食器棚を設置したいなら、キッチンの面積に合わせて自作するのが一番である。それにはカラーボックスを利用すると簡単で、自作初心者も挑戦しやすくてよい。

食器棚の作り方

食器棚を作るには、カラーボックスを横置きにしてその上にもう一つ乗せる方法と、縦置きに使って横一列に並べる方法がある。横に置く場合は、そのまま重ねてそれぞれの間に滑り止めシートを置くだけで完成だ。

縦置きの場合は好きなだけ横に増やし、天板を乗せてつなぐとよい。ぴったりとくっつけずに、間を開けてみるのもよいだろう。このときもカラーボックスと天板の間に滑り止めシートを挟むとずれにくくなる。子どもがキッチンにやってきて、食器棚に触ったときに天板が動くのが心配な人は、ビス止めや接着剤を使用して固定するとよい。

100均用品でオシャレにアレンジ

100均用品を活用し、棚に合わせて使い勝手を高めるのもおすすめである。入れやすくするために仕切りが付いたスタンドやプラスチックの容器を用いるのはもちろんのこと、お好みで扉やカーテンを付けるのもよいだろう。扉には100均で販売している木製フレームが使えるし、つっぱり棒と布を使えばあっという間にカーテンが作れる。棚板を増やすときは、100均のすのこを板代わりにすると底面の通気性もよくなるので、ぜひ試してみてほしい。

3. カラーボックスを用いたキッチン収納の注意点

カラーボックスはアレンジが効くので、キッチンに一つあると心強い収納用品になる。代表的なのは、キッチンカウンターや収納棚だ。とくに何をするでもなく、食器用の棚として作成したままで流用可能なのが嬉しい。キッチンカウンターならさらに増設してL字型タイプに作るのもよいのではないだろうか。

カラーボックスを使ったキッチン収納の注意点

カラーボックスでキッチン収納を作ると使いやすいが、耐荷重と水濡れには注意しなければいけない。なるべく重いものは下、軽いものは上の棚と、バランスを取らないと倒れやすくなる。棚板を外しすぎるのも支えが減って危ないのでやめておこう。

念のため、カラーボックス購入時に耐荷重を確認しておいてほしい。そして棚板は木材なのでキッチンで使用する際は水に濡れると厄介だ。トレイを置いたり、食器棚シートや布を敷いたりして水に濡れないように対策をしよう。

結論

工夫することでキッチンが狭くても食器棚は置ける。カラーボックスや100均を使って自作すれば、世界に一つだけの家具にもなるはずだ。狭いキッチンを心地よい空間にするにはどうするべきかを考えながら、食器棚を自作してみてはいかがだろうか。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ