このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

溜めすぎた香水はどう収納する?オシャレな収納グッズも紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月12日

香りで幸せな気分にさせ、見た目にも美しい香水。そんな香水だが、使っているといつの間にかたくさん余っていたという経験はないだろうか。コレクション性も高く、ついつい集めてしまう香水は、収納場所に困ることもあるだろう。そこで今回は香水のオシャレな収納術を紹介する。具体的には無印やニトリの収納グッズを活用したアイデアを取り上げる。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 香水を収納する場所は身支度をするところが最適

毎日使うような手の届きやすい場所に置く

香水の収納としては、手の届きやすい場所に置くのがポイントだ。引き出しのなかに眠らせておくよりも、毎日手軽に使ってオシャレに過ごしたいものなので、使った後もすぐ片付けることができるような身支度をする場所に香水の収納場所を決めておくとよい。そうなると、寝室や洗面所、化粧台などが香水の収納場所として適しているといえる。

一カ所にまとめて収納する

また、寝室や洗面所、玄関など、複数の場所に香水を置くのではなくて、一カ所にまとめて香水を収納するようにしよう。収納の基本はまず今もっているものの総量を知ることだ。香水をばらばらにおいていると、香水の総量を把握できず、どんどん溜まる一方なので、手持ちの香水がどれだけあるのかをまずは把握してから収納グッズを揃えよう。

2. 無印のアクリルケースを使った香水の収納術

香水の瓶の見た目を押し出す収納術

香水の見た目はオシャレなものが多い。収納するのであれば、外からも見える形でディスプレイすると目にとまり、使いやすくなる。透明な収納グッズがおすすめだが、香水の収納には無印のアクリルケースが役に立つ。

無印 重なるアクリルケース・深

無印のアクリルケースシリーズは、サイズも豊富でコスメなど「見せる」収納に特化した収納グッズだ。サイズは約幅17.5×奥行13×高さ9.5cmで高さに余裕がある。複数購入して積み重ねることもできる点が便利だ。

無印 アクリルボトルスタンド3段

無印のアクリルボトルスタンド3段は、約幅17.5×奥行6.5×高さ23cmの大きさで、小さいサイズの瓶やボトルを収納するのに適している。3段部分には化粧品やアクセサリーを置いて、香水は天板部分に置くこともできる。無印のアクリルケースシリーズはサイズも種類も豊富なので、手持ちの香水の形状にあわせてカスタマイズしていくのが理想だ。

ポリプロピレンメイクボックス

より機能的なのが「ポリプロピレンメイクボックス」シリーズの収納グッズだ。こちらは細かいアイテムをまとめて収納するのに適している。サイズは通常タイプで約150×220×169mm、1/2サイズで約150×220×86mm、1/4サイズで約150×220×45mmとなっている。奥行きと幅は同じなので、アクリルケースと同様に積み重ねることができる。サイズを変えて自分好みに組み合わせていこう。

3. ニトリの香水ケースを使ってインテリアもオシャレに

インテリアショップのニトリでも、香水を収納するのに適した収納グッズがあるのでご紹介しよう。

アクセサリーケース(SOFIA-ES)

ニトリのアクセサリーケース(SOFIA-ES)は、収納というよりもディスプレイ感覚で置けるガラスケースだ。香水ボトルが入れられるほか、日常的によく使う化粧品、アクセサリーを入れて飾ることができる。サイズは幅22×奥行13×高さ28cmで3段と収納スペースも十分あるのが嬉しいところ。値段もおよそ2,000円で購入できるのでコスパもよい。見た目もシンプルでオシャレなのでインテリアとしても活躍するだろう。

結論

香水の収納場所と収納グッズについて紹介した。香水は毎日使っていてもなかなか減らないこともあり、いつの間にか溜め込んでしまいがちなアイテムでもある。だからこそ毎日使えるような収納を工夫したいところだ。香水の収納ポイントとしては、身支度をする場所に一カ所だけ収納場所をつくることである。無印やニトリなどの収納グッズを利用してコンパクトにまとめて収納したい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ