このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

無印良品のゴミ箱は使い勝手がよい!おむつ用ゴミ箱としても活躍

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月12日

無印良品のゴミ箱は、シンプルでどんなインテリアにもなじみやすいと人気が高い。高品質で使い勝手がよいため、キッチンやダイニングの分別用ゴミ箱だけでなく、おむつ用のゴミ箱など、幅広く使えるものもある。ここでは、無印良品のゴミ箱の中から用途別におすすめの商品を詳しく紹介するので参考にしてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 無印のゴミ箱はゴミを分別するのに最適

無印良品の「ポリプロピレンフタが選べるダストボックス」は、ゴミを分別するのに最適なゴミ箱だ。20L袋と30L袋対応の2つの大きさがあり、内側に2分別可能な袋止めワイヤーが付いている。両者ともに幅は約19㎝で奥行きが約41cmとスリムでシンプルな長方形なので、いくつか並べてもスッキリしており、資源ゴミの分別に適している。

ふたは別売りだが、縦開きと横開きの2種類があるので、設置場所に合わせて使いやすい方を選ぶことができる。ふたが必要ない場合はふたなしで、シンプルにそのまま使えばいい。また、キャスターが別売りで販売されているので、ビンやカンで重たくなる場合や、掃除をしやすくしたい場合にはキャスターを付けるといいだろう。キャスターの取り付けは、ゴミ箱の底に押して差すだけと、簡単だ。

2. おむつ用ゴミ箱も無印で

おむつが必要な子どもがいる家庭にも、無印のポリプロピレンフタが選べるダストボックスをおすすめする。ポリプロピレンフタが選べるダストボックスは、デザインがシンプルでカラーも白っぽく、リビングなどに置いても目立たない。置きたいスペースに応じて縦開き、横開きと、ふたの向きが選べるのもおすすめポイントだ。20Lと30Ⅼ袋対応の2種類があるので好みのサイズを選べるが、子どもが一人で週2回のゴミ出しであれば20Lサイズでも十分だろう。

密閉タイプではないが、おむつをチラシに包んだり、ビニール袋などに入れて処分すれば、におい漏れはほとんど気にならないだろう。しかし、ふたを開けたらやはりにおいはする。この場合には、コーヒーのかすを消臭剤として使用するとよい。コーヒーのかすは酸性なので、アルカリ性のにおいを中和させ脱臭する性質がある。消臭効果が高いことで知られる活性炭の5倍ものアンモニア吸収率で、優れた脱臭効果があるといわれているのだ。捨てるはずのコーヒーかすは、おむつ用ゴミ箱の消臭剤として高い効果が期待できるだろう。

3. 無印の木製のゴミ箱で部屋をオシャレに

ゴミ箱は部屋の必需品だが、生活感が出てインテリアに溶け込めない・・と悩んでいる人には、無印良品の木製のゴミ箱をおすすめしたい。無印の木製のゴミ箱はオーク材を使用しているので、ナチュラルで主張しすぎず、ほかの家具やインテリアとなじみやすい。丸型と角型の2種類があり、ふたは別売りだ。

丸型のふたは中央に穴が空いているので、ティッシュなど小さいものを捨てるときにふたを開閉する必要がなく便利だ。角型のふたは、穴は空いていないが縦開きと横開きが可能で、4方向どこからでも開けることができる。ゴミ箱を置く向きを選ばない点が特徴だ。また、開けたときにふたが自立するので、ゴミが捨てやすい。

木製のゴミ箱は、丸型も角型も内側に袋止めワイヤーが付いている。そのため、装着したビニール袋が外側から見えず、見た目の美しさと細部まで工夫がこらされているつくりだ。無印の木製ゴミ箱ならインテリアの雰囲気を崩すことなく、デザイン性を重視する人にはとくにおすすめしたい。

結論

無印のポリプロピレンフタが選べるダストボックスは、シンプルでスリムなデザインなので、並べて置いてゴミを分別するのに向いている。ふたとキャスターが別売りなので、不要であれば購入する必要もなく無駄がない。おむつ用のゴミ箱としても利用されており、実際に使った人の評価も高い。また、無印の木製のゴミ箱は、木目が美しいオーク材を使っているので高級感があり、オシャレなデザインだ。使い勝手の面でも工夫が施され、デザイン性、機能性を兼ね備えている。ゴミ箱にこだわりたい人には無印良品がおすすめである。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ