このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

サングラスの収納アイテムは、無印とニトリならどちらがおすすめ?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月11日

玄関やリビング、車の中にサングラスを放置しっぱなしにすると傷が付き、劣化の原因になる。長く愛用できるよう、サングラスは専用の収納ケースなどに保管しておくべきだ。ただ、収納といっても見せる収納や隠す収納などいろいろある。今回は人気ブランドの無印とニトリのサングラス収納アイテムを比較し、また車中で使えるサングラスホルダーについても紹介する。

1. 無印とニトリのサングラス収納アイテムを比較してみた!

シンプルなデザインで高級感もある「無印良品」と品質以上の低価格がウリの「ニトリ」。どちらも世代を問わず人気のブランドだが、ベッドや机といった大きな家具から、キッチンアイテムや文房具といった小物まで幅広いジャンルを取り扱っているところも似ている。

商品を購入する際、無印で購入するか、それともニトリで購入するか迷うことも少なくないだろう。そこで今回はそれぞれで取り扱っているサングラスの収納アイテムに着目してみた。

アクリル収納ケースを比較

無印とニトリにはそれぞれ、サングラスを収納するのに便利なケースが多数揃えられている。その中で共通しているのがアクリル収納ケースだ。

アクリル収納ケースの特徴は、透けているので中身が確認しやすいことだ。また、シンプルで飽きないデザインであることも挙げられる。無印の収納ケースは4段の引き出しタイプで、引き出しの向きを入れ替えると縦置き、横置きのどちらにも対応できる。そしてニトリの収納ケースは4段の扉タイプで、こちらは縦置きや平置きするのに便利だ。

どちらも最大4つのサングラスを収納でき、価格は無印が2,490円でニトリが1,990円となっている。安いのはやはりニトリだが、1個ずつ収納できるタイプの無印は同じアクリルでも高級感が感じられる。

選ぶ基準は人それぞれだが、たとえば玄関やリビングなど人目に付く場所に置く時は高級感のある無印を、引き出しの中などに入れておきたい時はニトリを、といったように置く場所によって選ぶのもよいだろう。

腕時計も一緒に収納できるニトリの「メガネケース」

黒が基調のシックなデザインが特徴的で、一見ニトリの商品とは思えないほどの高級感もあり、玄関やリビングなどさまざまなところにピッタリだ。価格も2,490円と、お値段以上のデザイン性を感じられる。サングラス以外にも時計やカギをまとめて収納するのにも使えそうだ。

持ち運びに便利な無印の「ポリプロピレン小物ケース」

半透明のポリプロピレンは中身が透けて見えるのが特徴だ。横幅がサングラスを収納するのにちょうどよいサイズで、大小2種類のサイズが用意されている。価格はどちらも100円台とリーズナブル。持ち運びはもちろん、スタンド式としても使えるのでさまざまな場面で重宝しそうだ。

2. コスト重視におすすめ!100均アイテムを使ったサングラス収納術

「見た目も大事だが価格重視で選びたい」という人におすすめなのが100均アイテムだ。無印やニトリとは違い、いろいろな用途に使えるアイテムをサングラス収納として活用するため、もしサングラス収納として使わなくなった場合でも違うところで活用できる。そのため、無駄がないというのも100均アイテムの特徴だ。

たとえばフックを活用すればかける収納、アクリルケースを活用すればまとめて収納ができる。ほかにも100均アイテムを使ったDIYで自分好みのサングラス収納を作ることも可能だ。DIYはボンドで貼り付けるだけでできるものもあるので、初心者でも比較的簡単に作れるだろう。

3. 車にはサングラスホルダーが便利!

普段よりもドライブ中にサングラスをかける機会が多い、という人は少なくないだろう。そのため、サングラスを車の中に置きっぱなしにしてしまいがちだ。しかしその辺に放置してしまうと傷がついたり、どこにしまったか分からなくなってしまったりといった恐れがある。しっかり保管先を決めておくことで紛失を防ぎ、取り出しやすくもなる。

車中でサングラスを保管するのに便利なのが「サングラスホルダー」だ。ルームミラーやサンバイザーに取り付けられるタイプなど多種多様で、保管するサングラスの数に合わせて選ぶこともできる。また、駐車券やガソリンカードの会員カード、CDなどサングラス以外もまとめて収納できる多機能ホルダーもあるので、用途に合わせて選んでみてはいかがだろうか。値段は500~2,000円で購入できるものがほとんどだ。車でサングラスをその辺に置きっぱなしにしている人は一度試してみるとよい。

結論

お気に入りのサングラスを長く愛用するためには、保管方法にも気を付けるべきだ。まずはサングラスの収納場所を決めて、いろいろなところに置かないようにすれば紛失することはなくなり、必要な時にサッと出せるので利便性も高くなる。また収納ケースを活用すれば傷が付くのを防げる。自宅用や車用など使う場面によって用意しておくと便利だ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ