このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

リュックを収納する際の注意!高湿度や日光を避ける方法は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月13日

アウトドアシーズンが終わると、リュックはあまり使わなくなり、押し入れやクローゼットなどに収納することがある。リュックにはいろいろな素材が使われているので、収納する際も、直射日光や湿度などに注意しなければならない。お気に入りのリュックであってもしっかり収納しないと、色移り、色あせなど発生してしまい快適に使えなくなる可能性もある。ここではリュックを収納する際の注意点などを紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ナイロンやコーデュラのリュックは高湿度な場所に収納しない

ナイロンやコーデュラは使い勝手がよい素材なのでリュックに使われることが多い。これらの素材のリュックを収納する際に注意しなければならないことがある。日本は雨が多く、湿度が上がってしまうことがよくあるので、ナイロンやコーデュラのリュックを収納する場所の湿度は気を付けなければならない。高湿度な場所にナイロンやコーデュラのリュックを収納すると傷みかねないので湿度を下げる方法を紹介する。

新聞紙や炭で湿度を下げる

新聞紙や炭は湿気を吸う働きがある。クローゼットや押し入れなど湿気が気になる場所に新聞や炭を置いておくだけで、湿度が下がるので、試してほしい。

重曹で湿度を下げる

洗濯や料理に使う重曹は湿気を吸う働きがある。重曹を皿などに入れておくだけで湿度が下がるので簡単だ。

エアコンで湿度を下げる

エアコンにある除湿機能によって湿気を吸ってくれる。エアコンを作動させると電気代はかかるが、確実に湿度を下げてくれる。

換気で湿度を下げる

室内に溜まった湿気は窓を開放して換気することで外へ出る。できれば窓は2カ所開放して、風に通り道を作ると湿度がよく下がる。

除湿剤で湿度を下げる

ナイロンやコーデュラのリュックをクローゼットや押し入れに収納する場合、除湿剤を置くことで湿度を下げることができる。

2. ポリエステルのリュックは色移りや色あせを防ぐ

ポリエステルのリュックを収納する際は色移りや色あせを防ぐためにいくつかのことに注意しなければならない。

たとえば、ポリエステルのリュックを長時間、他の衣類と密着して保管すると色移りすることがあるので気を付けよう。

さらに、ポリエステルのリュックは直射日光や蛍光灯の光によって色あせてしまうことがあるので、光を避けて保管する必要がある。たとえば、ベランダや窓際など直射日光が当たる場所での保管は避ける。クローゼットや押し入れなどにポリエステルのリュックを収納すれば、蛍光灯の光を避けられるので色あせを抑えることができる。

3. ナイロンなどのリュックを長期保存する方法

シーズンオフになったナイロンなどのリュックを次のシーズンまで保管する場合は、しっかり手入れをしなければならない。ここではナイロンなどのリュックを、長期保存する方法を紹介する。

ナイロンなどのリュックを長期保存する方法

  • リュックにカビが生えないように乾拭きする
  • リュックを陰干しする。
  • 丸めた新聞紙をリュックの中に入れて、型崩れを防止する

結論

リュックの素材にはナイロン、コーデュラ、ポリエステルといった種類がある。それぞれの素材に合わせて、直射日光や高湿度を避け、色移り、色あせしないように収納する必要がある。日本は雨が多いので、リュックを収納する場所の湿度について気を付ける必要がある。湿度は紹介した方法で下げることができるので試してほしい。リュックを長期保管する際は、しっかり拭いてから陰干しした後に、新聞紙を入れて、カビの発生や型崩れを防止しよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ