このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カインズホームのフライパンで料理が快適!おすすめのシリーズも紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月14日

フライパンは料理に欠かせない調理器具のひとつだが、かさばる、重い、こげやすいなどのデメリットがある。しかしカインズホームのフライパンは、これらのデメリットを解消したり軽減するものが多い。今回は、カインズホームのフライパンやフライパンの蓋のおすすめのポイント、おすすめのシリーズを紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カインズホームのフライパンは取っ手がはずれる

カインズホームのフライパンのおすすめポイントは、取っ手がはずれるというところだ。

フライパンは取っ手があるので収納しにくいと思う人は多いのではないだろうか。カインズホームのフライパンには、取っ手がはずれる「はずれるハンドルシリーズ」があり、フライパンを積み重ねることができるのでかさばらず収納しやすいのだ。

取っ手は別売りなので、フライパンが焦げ付いたら本体だけ買い替えることができる。異なったサイズのフライパンを使用する場合でも取っ手はひとつ買えばよく、取っ手をはずしてそのまま冷蔵庫に保存もできるので、食卓にそのまま出すことができる、洗いやすい、などのメリットも見逃せない。

はずれるハンドルシリーズ以外でも、「ストーンマーブルシリーズ」のフライパンも取っ手がはずれるので、好みの方を選ぶといいだろう。

2. カインズホームのフライパンの蓋は工夫がいっぱい

フライパンの数だけ蓋を用意すると収納が大変だという場合は,カインズホームの「ステンレス製ガラス窓付きフライパンカバー」をおすすめする。カインズホームのステンレス製ガラス窓付きフライパンカバーは1つで3つのサイズに対応するので、フライパン3つに対して蓋は1つですむのだ。ガラスの窓があるので中が見え、料理の進行具合が蓋を開けなくてもわかるのが便利で、つまみの部分が折りたためるようになっているので、収納の際にかさばらないのもいい。

また、カインズホームの「立つフライパンカバー」もおすすめだ。料理の最中、フライパンの蓋を開ける必要がある場合に蓋を置くスペースがなくて困ったことがないだろうか。立つフライパンカバーは、フライパンの蓋を立てることができるのでこの問題を解決してくれる。

16cm~20cm、22cm~26cm、26cm~30cmに対応と、3種類の大きさがあるのでほとんどのフライパンで使用でき、中が見えるガラス窓もついているのでおすすめの蓋のひとつだ。

3. おすすめはカインズホームのストーンマーブルシリーズ

カインズホームのフライパンには、「焦げ付きにくいシリーズ」、「MEYERシリーズ」など多くのシリーズがあるが、その中でもおすすめは「ストーンマーブルシリーズ」だ。

ストーンマーブルシリーズのフライパンは、焦げ付きにくく、金属ヘラでの耐摩耗試験では200万回もクリアしているほどだ。カインズホームの従来の商品よりも20%軽く腕が疲れにくいので、フライパン料理を長時間すると腕が疲れると感じる人におすすめ。また、その色と木目調がとてもおしゃれで、壁にかけて見せる収納をしたい人にもおすすめの製品である。

結論

カインズホームのフライパンやフライパン関連商品は、取っ手がはずれる、蓋が自立する、蓋が3つのサイズに対応する、など使う人に嬉しい機能が多い。カインズホームのフライパンは、種類も豊富でさまざまなシリーズがある。その中でもストーンマーブルシリーズは、焦げ付きにくい、軽い、取っ手がはずれる、見た目がおしゃれ、と使いやすくおすすめだ。カインズホームのフライパンで快適に料理をしよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ