このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ハイターを使って洗濯機のカビ取を取る際の、落とし方や注意点を徹底解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月18日

衣類の汚れや水垢、洗剤の残りカスが集まる洗濯機は、雑菌の繁殖にぴったりな環境だ。問題なく使えていても、実は洗濯槽の中は黒カビでいっぱいかもしれない。カビが増え続けると洗濯機が臭ったり、衣類にワカメのようなピロピロとした汚れがついたりしてしまう。そこで今回は、ハイターを使った洗濯機のカビ取り方法について紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洗濯機のカビ取りに使う道具を用意しよう

ハイターは塩素系と酸素系のどちらを選ぶべき?

ハイターは大きく分類すると、塩素系と酸素系の2種類に分けられる。どちらも洗濯機のカビ取りに使うことができるが、洗浄力の高さで選ぶのであれば、塩素系のハイターを使うのがおすすめだ。一方、取り扱いが難しい塩素系のハイターを使うことが心配であれば、酸素系のハイターから始めてみるといいだろう。

ただし、洗濯機によっては塩素系または酸素系のいずれかが使用不可となっている場合もある。ハイターで洗濯機のカビ取りを行う際は、事前に説明書を読んで塩素系・酸素系のハイターが使えるかどうか確認しておこう。

ハイター以外に用意しておくべき道具

塩素系と酸素系のハイターではカビ取りの方法が違うため、用意しておく道具も異なる。塩素系のハイターはカビそのものを分解除去するため特に道具を準備する必要はないが、酸素系のハイターは汚れを剥がして落とすため、汚れをすくいとる道具が必要だ。

100円ショップで売っているパッチンお風呂ネットなどがおすすめだが、ない場合は編み目の細かいストッキングとハンガーなどで代用しよう。また、カビ取りと同時に掃除も行うのであれば、使い古しのタオルや歯ブラシも用意しておくといいだろう。

2. ハイターを使った洗濯機のカビの落とし方

塩素系のハイターを使ったカビの落とし方

  • まずは洗濯槽に水またはお湯を溜めて、塩素系のハイターを入れよう。専用の洗濯槽クリーナーを使用する場合は製品表示に従えばよいが、キッチン用ハイターや衣類用ハイターを使用する場合は、水50Lに対して200~250mlを目安にハイターを入れよう。
  • 洗濯機の「つけおき洗いコース」または「槽洗浄コース」を選び、あとはスイッチを入れてしばらく放置する。いずれかのコースがない場合は「洗う」のみを選択してハイターと水をよく混ぜておこう。
  • そのまま一晩つけ置きをする。一晩置けない場合でも最低2~3時間は放置しよう。
  • 最後に全自動モードで洗濯機を回せば完了だ。カビ取りが終わったら、湿気がこもらないように洗濯機のフタをあけておこう。

酸素系のハイターを使ったカビの落とし方

  • 酸素系のハイターは40~50℃のお湯で効果を最大限に発揮するので、まずはお湯を高水位まで貯めて、それから酸素系ハイターを投入しよう。ハイターの量は、お湯50Lに対して250ml程度を目安にしよう。
  • 塩素系ハイターの場合と同様に、洗濯機の「つけ置き洗いコース」または「槽洗浄コース」を選択して2~3分ほど回し、お湯とハイターがしっかり混ざるのを確認しよう。
  • 2~3時間ほどつけ置きをすると洗濯槽の中に汚れが浮いてくるので、ネットで丁寧に取り出そう。この工程を何度か繰り返して汚れをしっかりすくい取る。
  • 汚れが浮いてこなくなったら全自動モードで洗濯機を回せば完了だ。カビ取りが終わったら、湿気がこもらないように洗濯機のフタをあけておこう。
塩素系と酸素系のハイターのどちらの落とし方にしても、水を溜める前に糸くずネットや洗剤の投入口を外しておくと、洗濯槽のすみずみまでカビ取りを行うことができる。外したパーツは使い古しのタオルやブラシでしっかりと洗っておこう。

3. ハイターで洗濯機のカビ取りをするときの注意点

使用前の注意点

メーカーによってはハイターが使用できない洗濯機もある。ハイターが使えない洗濯機にハイターを使ってしまうと素材を傷めてしまう恐れがあるので、カビ取りを行う前は必ず洗濯機の取扱説明書を読んで確認しておくことが必要である。

使用中の注意点

ハイターを使ってカビ取りを行っている間は、衣類を洗濯機の中に入れないように注意しよう。特に塩素系のハイターを使っている場合だと、衣類の色が落ちたり生地が傷んだりすることがあるので注意しよう。

もう1つの注意点として頭に入れておきたいのが、塩素系と酸素系のハイターを混ぜて使わないことだ。有毒なガスが発生する恐れがあるので、混同せずに別々に使い分けよう。

結論

ハイターを使ってカビ取りを行う場合、塩素系での洗浄はカビを根こそぎ分解するため半年に1度ぐらいの頻度でOKだが、酸素系のハターを使う場合は1~2か月に1度のペースでカビ取りを行うことが必要だ。洗濯の回数が多いときや梅雨の時期はカビが発生しやすいので、こまめに洗濯機のお手入れも行っていこう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ