このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

靴下の収納にニトリが大活躍!最適なケースや価格帯まで解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月27日

きちんと分類していないと、散らかりやすい靴下収納。ただケースに放り込むだけでは、片付いたとはいえないだろう。そこでおすすめなのが、収納グッズの活用だ。とくに家具や生活雑貨を取り扱うニトリには、靴下収納に最適なアイテムが揃っている。今回は、靴下をすっきり収納するのに活躍するニトリグッズや、価格帯について解説していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 引き出しの靴下収納はニトリの整理ボックス

引き出しに靴下を分かりやすく収納するには、小分けにスペースを設けるのがベスト。取り出しやすく、パッと一目で選べる利便性の高い方法だ。靴下を見失うことなく、片方だけになる心配もないだろう。

そしてまさに打ってつけの商品が、ニトリにある。ニトリで販売されている「整理ボックス」は、靴下が1足ずつ収まるのに丁度よいサイズ感なのだ。整理ボックスには8マス・15マス・24マスの3タイプあり、靴下には15マスをおすすめする。不織布でできているため通気性がよく、湿気の籠りやすい引き出しに最適だ。整理ボックス1つで15足分が収まるとあって、収納力も文句なしといえる。

また、さらにすっきり収納を目指すのなら、靴下の畳み方にも着目してほしい。すべての靴下を同じ方法で畳めば統一感が生まれ、見た目にも美しくなるのだ。シンプルにくるくると丸めて収納しても、小分けに仕切られているのでバラけることもない。引き出し収納は、決められたスペースをどれだけ有効活用できるかが鍵である。ニトリの整理ボックスを活用し、整った靴下収納を叶えよう。

2. ニトリの収納ケースは靴下入れにベスト

ニトリでは整理ボックスだけではなく、靴下収納に活躍するケースも取り扱っている。下着用の収納ケースとして販売されているが、機能性・容量ともに靴下収納にぴったりなのだ。

ケースは、全部でS・M・Lの3種類。なんとすべてに可動式の間仕切りが備え付けられており、自在に仕切りスペースを調整できるのだ。また、インデックスも付属されているので、間仕切り板に何が入っているかを記しておけば、必要な靴下を瞬時に取り出せるだろう。仕切り板に厚みがあるのでインデックスは前後だけではなく、上部にも貼り付けられ、どの角度からも確認可能だ。家族ごとに記名するもよし、ショート丈やロング丈で分けるもよしと、活用法は幅広い。

ケースのサイズだが、靴下にはSサイズまたはMサイズをおすすめする。子ども用の小さいサイズであればSサイズ、大人用はMサイズと使い分けてもよい。もちろん下着収納にも最適なので、引き出し全体をケースで見やすく整えても使いやすいだろう。スチロール樹脂でできているので丈夫で機能性バツグンのニトリのケース、靴下収納に活躍すること間違いなしだ。

3. ニトリの靴下収納グッズの価格は?

ニトリのおすすめグッズを幾つか見てきたが、気になるのは価格ではないだろうか。いくら機能性が高くても、商品価格が高額では手が出にくいものだ。その点ニトリは財布に優しく高品質を有しながらも価格帯はリーズナブルである。

引き出しに最適な整理ボックスは、S・M・Lどのタイプも300円前後という価格帯だ。ポケットが多くしっかりとした造りでありながら手頃な値段で買いやすい。また下着収納ケースは、S・Mが500円前後、Lサイズは1,000円でお釣りがくる価格設定だ。Sサイズに関しては、2つセットで販売されている。

収納力の高さや品質もさることながら、ニトリの魅力は買いやすい価格にもあるのだ。家族全員の靴下を収納するのにも、ニトリであればグッズを揃えやすいだろう。靴下の収納に悩んだら、まずはニトリに足を運んでみてはいかがだろうか。

結論

品揃え豊富なニトリには、靴下収納にも活躍するアイテムが多数ある。簡単便利に収納したいなら整理ボックス、インデックスを付けて分かりやすさを意識するなら下着収納ケースと、使い分けも可能だ。また価格もリーズナブルでまとめ買いにも最適だろう。靴下を整頓する際は、ニトリグッズですっきり収納を体感してほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ