このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

Tシャツの収納ならニトリにおまかせ!おすすめの収納方法を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月30日

Tシャツはカジュアルなファッションには欠かせないアイテムだ。しかし、安価で購入できることも多いので、ついつい増えすぎてしまうアイテムでもある。いつの間にかクローゼットや引き出しの中がTシャツであふれてしまったという人も多いのではないだろうか。そこで今回は、ニトリの商品を使ったおすすめのTシャツ収納方法を紹介する。Tシャツが増えすぎて困っている人は参考にしてみてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ニトリのアイデア商品!Tシャツにやさしいハンガーを使った収納

Tシャツを収納する時は、たたんで収納する方法とハンガーにかけて収納する方法がある。ニトリの「すべりにくいアーチ型ハンガー」は、Tシャツをハンガーにかけて収納したい人におすすめのアイデア商品だ。

ハンガー収納の特徴

ハンガーにかけて収納する方法は、柄や形がひと目でわかるので目当てのTシャツをすぐに探すことができるというメリットがある。しかし、長時間ハンガーにかけているとTシャツが変形したり、肩の部分にハンガーの跡がついたりすることがある。生地への負担を軽減するために干し方を工夫したり、ハンガーにタオルを巻いたりするアイデアもあるが、少々手間がかかる。

すべりにくいアーチ型ハンガーは生地にやさしい

ニトリのすべりにくいアーチ型ハンガーは、ハンガー収納のデメリットをアイデアでカバーした商品だ。ハンガーにかけるとすべりやすい軽い生地でも、表面のコーティングがしっかりとキャッチしてくれるのですべりにくく、生地への負担が少ない。

全体をゆるやかなアーチ型にすることで段差をなくし、ハンガー特有の跡がつくのを防いでいる。Tシャツだけでなく、ニットなどのデリケートな衣類にもおすすめのハンガーだ。

すべりにくいアーチ型ハンガーの注意点

すべりにくいアーチ型ハンガーを使用する際の注意点として、「屋内で使用すること」「濡れたものをかけないこと」「火気や高温を避けること」がある。あくまで収納用の商品なので、洗濯したTシャツを干す用途では使用することができない。濡れたTシャツをかけると色移りやカビなどのトラブルが発生する原因になるので注意が必要だ。

2. 隙間を有効活用!Tシャツはベッド下に収納するのがおすすめ

ベッドの下の空間は無駄になりがちなデッドスペースである。ニトリでは、隙間にぴったりフィットするスリムな収納アイテムも取り揃えている。Tシャツの収納場所に困っている人はベッドの下を有効活用して収納スペースを確保しよう。

ベッド下収納のメリット

ベッドの下は普段は見えない場所である。そのため、Tシャツ収納していても目立ちにくく、部屋がすっきりして見える。また、寝ている場所のすぐ下にTシャツを収納することで朝の支度がスムーズになるというメリットもある。ベッド下収納は、Tシャツがクローゼットに入りきらない人や、朝の支度に時間がかかってしまう人におすすめだ。

ニトリのベッド下収納はキャスター付きで便利

ニトリのベッド下収納のサイズは幅80.3×奥行58×高さ16.2cmで、収納力の高さが特徴である。通常のタオルが約40枚入るほどの収納力があるので、Tシャツの収納場所に困っている人におすすめの商品だ。底には移動に便利なキャスターがついていて、縦に置いた場合でも横に置いた場合でもスムーズに出し入れすることができる。ベッドだけでなくソファーなどの下の収納にもおすすめだ。

上部には両開きのふたがついていて、Tシャツにホコリがつくのを防ぐことができる。全体が透明なので、ふたを開けなくても中身が確認できるのもポイントだ。ニトリのベッド下収納は、ベッドの下に使っていない空間がある人におすすめの商品である。

3. Tシャツ収納にも便利なニトリのランドリーバスケット

ランドリーバスケットは洗濯する前の衣類を入れたり、濡れた洗濯物を入れたりするのに使われるアイテムだ。大きさや素材によっては洗濯物以外の物を収納するのに使用されることも多い。ここではニトリのランドリーバスケットを使ったTシャツの収納を紹介する。

ニトリのランドリーバスケットの特徴

ニトリのランドリーバスケットは、幅44.5×奥行38×高さ29.8cmで、重さは約770gである。素材には柔らかいポリエチレンを使用し、多少形を変えることができるのが特徴だ。インテリアの邪魔にならないホワイトカラーなので、リビングやクローゼットに置いておいても部屋に馴染みやすいデザインである 。

ランドリーバスケットを使ったTシャツ収納方法

ニトリのランドリーバスケットは、持ち運びに便利な取っ手がついているので収納したTシャツを移動したい人におすすめだ。たとえば、取り込んだTシャツをたたんでランドリーバスケットに入れ、そのままクローゼットに収納する時などに便利である。また、取っ手の部分にS字フックなどを引っかけて吊るす収納にすることもできる。

出し入れしやすい形状なので、子どものお手伝いにも適した商品だ。Tシャツ以外にも、おもちゃや小物など、さまざまな用途で使用できる汎用性の高いアイテムである。

結論

お値段以上でお馴染みのニトリには、Tシャツの収納に便利なアイテムが豊富に取り揃えられている。インテリアの邪魔にならないシンプルなデザインは、隠す収納にも見せる収納にも取り入れやすい。Tシャツが増えすぎて収納方法に困っている人や、Tシャツの型崩れが気になる人はニトリの便利なアイテムを活用してみてはいかがだろうか。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ