このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

Tシャツの上手な収納方法とは?無印良品の収納アイテムがおすすめ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月30日

クローゼットや引き出しの中はきちんと整理整頓されているだろうか。Tシャツは薄くて収納しやすい衣類だが、数が増えると管理しきれなくなることもあるだろう。いざ着ようとしたときに目当てのTシャツが見つからないということも少なくない。そこで今回は、Tシャツの上手な収納方法や無印良品の収納アイテムを紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. Tシャツの収納アイデア

Tシャツの収納で困ることといえば、「Tシャツを探すのに時間がかかること」や「収納がごちゃごちゃしてしまうこと」ではないだろうか。ここでは、上手にTシャツを整理整頓できる収納アイデアを紹介する。

収納場所を固定する

まずはTシャツを探しやすくするアイデアを紹介する。Tシャツを探すのにいつも時間がかかってしまう人は、収納場所が定まっていないことが多い。まずは、収納場所をしっかり固定して探す時間を短縮しよう。

使用頻度の高いTシャツは出し入れしやすい場所に収納するとよい。タンスなら立ったまま取り出せる位置の引き出しに収納するのがおすすめだ。ハンガーにかけて収納するのもよいだろう。

収納ボックスは統一する

次に紹介するのは収納をスッキリさせるアイデアだ。収納がごちゃごちゃして見える原因の一つは収納ボックスである。収納ボックスはTシャツを隠す収納に適しているが、バラバラの収納ボックスを並べていると逆にごちゃごちゃする原因になってしまう。

収納ボックスを複数組み合わせる場合は色や大きさを統一し、見た目をスッキリさせるとよいだろう。収納ボックスの中身がわかりにくい場合はラベルを貼るのもおすすめだ。整理整頓が苦手な人は、まず収納ボックスを統一することから始めてみてはいかがだろうか。

2. Tシャツは立てて収納するのがおすすめ

引き出しに収納したはずのTシャツが行方不明になってしまったという経験をしたことがある人も多いだろう。必ず引き出しの中にあるはずなのになかなか見つからず、見つけたときには下の方でシワシワになっていることもある。そんなトラブルを予防するには「立てて収納」するのがおすすめだ。ここでは、Tシャツを立てて収納するときのポイントを紹介する。

立てて収納するメリット

Tシャツを立てて収納するメリットは、上から見たときにわかりやすいことである。Tシャツを重ねて収納すると下にあるTシャツは隠れてしまって見えなくなるが、立てて収納するとすべてのTシャツを確認できる。

Tシャツを丸めてたたむ方法

Tシャツを立てて収納する場合は、丸める方法と小さくたたむ方法がある。丸める方法はTシャツがコンパクトになり、自立しやすくなるので立てて並べやすい。

しっかり丸めたい場合は「米軍式」というたたみ方がおすすめだ。米軍式のたたみ方は、まずTシャツを広げ、すそを5~10cmほど折り返す。次にTシャツを縦3等分に折り、襟からすそに向かって丸めていく。このときTシャツが長方形になるように袖をしっかり折り込むのがポイントだ。最後にすそを折り返してTシャツ全体を入れ込めばしっかり固定できる。

Tシャツを小さくたたむ方法

Tシャツを小さくたたんで立てる場合は、倒れないように工夫が必要である。Tシャツをキレイに立てるためには、収納ケースやブックエンドなどで引き出しの中に仕切りを作るのがおすすめだ。収納ケースならTシャツを入れたまま移動ができるので、衣替えのときにも便利である。

3. 無印良品のTシャツ収納アイテム

Tシャツの収納アイテムは色や形を統一するとスッキリする。100均などでも揃えることができるが、今回は無印良品の収納アイテムを紹介しよう。

PP衣装ケース引出式

PP衣装ケースは無印良品のロングセラー商品だ。シンプルな見た目と豊富な収納力が人気の商品で、置く場所に合わせて3種類のサイズから選ぶことができる。深型は幅40×奥行65×高さ30cm、大は幅40×奥行65×高さ24cm、小は幅40×奥行65×高さ18cmである。

積み重ねが可能なので、Tシャツが増えたときにも安心だ。別売りのキャスターをつければ移動式の引き出しにすることもできる。衣替えや引っ越しのときにも便利な商品だ。

ポリエステル綿麻混・ソフトボックス

無印良品らしいやさしいデザインが特徴の収納ボックスだ。布製なので通気性がよく、使わないときにはコンパクトにたたむことができる。サイズ展開が豊富なので、さまざまな場所に対応できる商品だ。ファスナー付きのフタがついているタイプとついていないタイプがあり、用途に合わせて選ぶことができる。あまり着ないTシャツをまとめて収納しておくのにも便利な商品だ。

吊るせる収納・シャツポケット

無印良品の「吊るせる収納シリーズ」はクローゼットの整理整頓におすすめのアイテムだ。バッグポケットや小物ポケットなどがあるが、Tシャツの収納にはシャツポケットがよいだろう。

幅41.0×奥行0.5×高さ80.0cmのスリムなデザインだが、表と裏合わせて6個のポケットがついていて収納力は問題ない。クローゼットが狭い人におすすめの商品だ。

結論

毎回Tシャツを探すのに時間がかかったり、取り出したTシャツがシワシワになったりする人は、収納方法が合っていないのかもしれない。Tシャツの収納に関するトラブルは、収納場所を固定し、たたみ方を工夫することで改善することもある。引き出し収納やハンガー収納など、自分の生活に合った収納方法を見つけよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ