このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

100均アイテムを使ったTシャツの収納方法のまとめ&アイデア術

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月30日

スポーツや旅行、部屋着など、さまざまな場面で活躍するTシャツ。着心地がよく、動きやすいので普段から愛用している人も多いだろう。しかし、使い勝手がよいためについつい買いすぎてしまうことも少なくない。そこで今回は、Tシャツの上手な収納方法や100均アイテムを使った収納アイデアを紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. Tシャツを整理整頓する収納アイデア

引き出しに入り切らないTシャツに困っている人や、いつも目当てのTシャツが見つからない人は収納方法が間違っている可能性がある。ここでは、整理整頓が苦手な人のために、Tシャツの収納アイデアを紹介する。

使用頻度で収納場所を分ける

1つ目のアイデアは、収納場所の決め方である。基本的に使用頻度の高いTシャツは出し入れしやすい場所に収納するのが効率的だ。逆に、コンサートTシャツなどのコレクションは普段着ることが少ないので、奥で大切に収納しておくとよいだろう。

また、いつも同じ場所に収納することも重要である。その日の気分でクローゼットに収納したり、引き出しに収納したりしていると、どこにTシャツがあるのかがわからなくなってしまう。毎回同じ場所に収納して、Tシャツを探す時間を短縮しよう。

ざっくり分類する

2つ目のアイデアは分類方法である。Tシャツには襟の形や袖の長さ、色や柄など、いろいろな種類があるが、それを細かく分類しすぎると収納がややこしくなってしまう。収納場所を分ける場合は「長袖と半袖」「無地と柄物」など、ざっくりと分類するのがおすすめだ。

収納アイテムを統一する

3つ目のアイデアは収納アイテムを統一することである。たとえばTシャツを複数の収納ケースに収納している場合、収納ケースの色や形がバラバラだと乱雑な印象になりがちだ。大きさが違うことで積み重ねられなかったり、微妙な隙間ができたりすることもあるだろう。収納がごちゃごちゃしている人は、一度収納アイテムを見直してみよう。

2. おすすめのTシャツ収納方法

Tシャツは引き出しなどに収納する方法と、ハンガーにかけて収納する方法がある。引き出し収納とハンガー収納それぞれの特徴を知り、自分に合った収納方法をみつけよう。

引き出し収納の特徴

引き出し収納の特徴は、ホコリや日光の影響を受けにくいことである。Tシャツに日光が当たると日焼けして変色してしまうことがあるが、引き出しに収納することで変色は軽減される。

引き出しの中を収納ケースなどで仕切れば、Tシャツを分類することもできる。用途別に分類したり、色別に分類したりして引き出しの中をスッキリさせたい人におすすめの収納方法だ。

ハンガー収納の特徴

ハンガー収納は家事の時短におすすめの方法だ。洗濯したTシャツをハンガーに干して、乾いたらハンガーごと収納できるので毎回たたむ手間が省けるのが特徴である。Tシャツの柄がよく見えるので、サッと選びやすいというメリットもある。

しかし、長期間Tシャツをハンガーにかけたままにしていると、ハンガーの跡がついたり、型崩れしたりするおそれがあるので注意が必要だ。

Tシャツは立てて収納するのがおすすめ

Tシャツを引き出しに収納する際は、立てて収納するのがおすすめだ。下から上に積み重ねて収納すると、上から見たときにTシャツを探しにくいが、立てて収納するとすぐに探すことができる。

3. Tシャツ収納に便利な100均アイテム

100均アイテムは同じものを揃えやすいので簡単に統一感を出すことができる。Tシャツ収納がごちゃごちゃしがちな人は、100均アイテムを利用してみてはいかがだろうか。ここでは、Tシャツ収納に便利な100均アイテムを3つ紹介する。

レタートレー

レタートレーは書類などの整理に便利な引き出しだが、実はTシャツ収納にも活用することができる。100均のレタートレーはジョイント式なので、複数個を組み合わせて収納量を増やすことができるのが特徴だ。ジョイントパーツで高さを変えることも可能である。

さらに、一つの引き出しに一枚のTシャツを収納できるので、出し入れが簡単で管理もしやすい。透明な引き出しは中を確認しやすいという特徴もある。

書類ケース

書類ケースはレタートレーよりも密封性が高いアイテムである。一枚ずつしっかり保管できるのでコレクションのTシャツ収納におすすめだ。積み重ねたり、立てたりできるので隙間収納にも向いている方法だ。

Tシャツロール

Tシャツロールは立てて収納するときの便利アイテムだ。Tシャツロールの上にたたんだTシャツを置き、くるくる丸めて固定できる。普通に丸めると倒れやすい薄手のTシャツなどでも自立させることができるので、引き出し収納をしている人におすすめである。

結論

Tシャツの使い方は人それぞれである。普段着にしている人やパジャマの代わりに着ている人、コレクションしている人などがいて、それぞれに適した収納方法があるだろう。ホコリや日光からTシャツを守りたい人は引き出し収納、家事を時短したい人はハンガー収納など、生活スタイルに合わせて最適な収納方法をみつけよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ