このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

100均で簡単!洗濯バサミのおしゃれ収納アイデアとは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月17日

数が多くてごちゃごちゃになってしまうことが多い「洗濯バサミ」の収納にお困りではないだろうか?すっきりときれいに収納したいが、できるだけお金をかけたくないという方におすすめなのが100均アイテムを使った収納だ。今回は、100均アイテムを使った洗濯バサミの収納方法について紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洗濯バサミのシンプル収納には「ピンチバスケット」

洗濯バサミをシンプルに収納したいという場合におすすめなのが、100均で売っている「ピンチバスケット」に収納する方法だ。ピンチバスケットとはその名の通り、洗濯バサミを入れるためのバスケットなのだが、持ち手がついているため持ち運びも簡単で、使わない時には物干しざおにかけられ、サイズも丁度よい。特別なこだわりがない場合にはこのシンプルなピンチバスケットを購入しておけば、洗濯バサミの収納に困る事はないだろう。

100均で見つけたピンチバスケットの大きさや色が今ひとつ気に入らないという場合には、シンプルなプラスチックカゴを代用するとよい。バリエーションが豊富なプラスチックカゴであれば、大きさや色など納得できるものが見つかるだろう。

2. 洗濯バサミをおしゃれに収納する

おしゃれなインテリアにこだわりたいなら、洗濯バサミの収納もインテリアに活かしてしまおう。とはいえ、洗濯バサミの収納はどうやったらおしゃれになるの?と思われている方に、その収納方法をいくつか紹介しよう。

色を揃える

洗濯バサミとひとことに言っても、いろいろな色や素材のものが存在する。収納方法を考える前に、洗濯バサミそのものをおしゃれにしてしまおう。シンプルなものが好きな方は、洗濯バサミを白や黒で揃えてみたり、ステンレスや木の洗濯バサミを選んでみたりしてもおしゃれだろう。

おしゃれな入れ物に収納する

自然素材でできたバスケットやカラフルなバスケット、ブリキのバケツやペーパーバッグなど、洗濯バサミが入るサイズのおしゃれな入れ物に収納するだけで、簡単におしゃれ収納が実現できる。収納用品以外のアイテムにも目を向けてみれば、意外と身近なところにおしゃれに使えるアイテムがみつかるだろう。

瓶に詰める

口が広い瓶に洗濯バサミを詰めるだけで、おしゃれなインテリアになる。中に入れる洗濯バサミのデザインや色にもこだわることで、さらにおしゃれになるだろう。

3. 洗濯バサミを収納するアイデアいろいろ

洗濯バサミはカゴに入れて収納する方法が一般的だが、アイデア次第でいろいろな収納が可能だ。その中でも、100均アイテムを使ってできる洗濯バサミの収納アイデアをいくつか紹介しよう。

厚紙に挟んで収納

洗濯バサミがばらばらになるのが嫌だという方には、段ボールなどの厚紙に挟んで収納する方法がおすすめだ。丈夫な素材を探すなら、100均に売っているプラスチック段ボールを利用してもよいだろう。

タオルハンガーに挟んで収納

カゴに入っていると取り出しにくいという方には、タオルハンガーに挟んで収納するアイデアはどうだろう。タオルハンガーならたくさんの洗濯バサミを挟むことができ、使いたい時にさっと取ることができて便利だ。

壁に掛けた「網」に収納

100均に売っている網に、フックやアルミ製の入れ物を取り付けて壁に設置しよう。その中に洗濯バサミを収納したり、網に挟んだりすることで、場所も取らず使いやすい収納になるだろう。

結論

ごちゃごちゃと散らかりがちな洗濯バサミも、100均アイテムを使えばシンプルでおしゃれに収納することができる。アイデア次第で使い勝手よく、おしゃれなインテリアアイテムとして飾っておくことも可能だ。洗濯バサミの収納に悩んだら、今回紹介した方法をぜひ参考にしてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ