このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

狭い玄関でも安心!メンズブーツを省スペースで収納できる便利グッズ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月21日

幅も高さも異なるメンズブーツは、下駄箱収納をする際に悩まされるアイテムの1つだ。とくに狭い玄関の場合だと、メンズブーツだけで収納スペースを占拠してしまい、ほかの靴を置けなくなってしまった人もいるのではないだろうか。そこで今回は、狭い玄関に靴をたっぷり収納するためのアイデアをいくつか紹介する。どの方法も100均アイテムで実践できるので、気になる収納アイデアがあったらぜひ試してみてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 狭い玄関にメンズブーツを上手く収納するコツ

狭い玄関にメンズブーツをしまうときは、見落としがちなデッドスペースを活用しながら収納するのがおすすめだ。たとえば玄関ドアの入り口上や、下駄箱に入れた靴の上のスペース、下駄箱と床の間などはどうだろうか。もし何にも活用していないのであれば、靴を収納するスペースを確保するチャンスだ。そういった空間は狭い玄関でも探せばたくさん出てくるので、まずはデッドスペースを見つけることから始めてみよう。

また、狭い玄関にメンズブーツを収納しきれなさそうな場合は、あらかじめ使用頻度で靴をグループ化しておくこともおすすめだ。あまり履く機会のない靴は玄関ではなく部屋に飾っておくのも1つの手なので、この機会にぜひメンズブーツの整理もしておこう。

2. 突っ張り棒を使ったメンズブーツの収納アイデア

狭い玄関のデッドスペースを活用した収納をするうえで、持っていると便利なアイテムが突っ張り棒だ。ここではショート丈・ロング丈別に、突っ張り棒を使ったメンズブーツの収納アイデアを紹介していこう。

ショート丈のメンズブーツを収納する場合

カジュアルブーツ・チャッカブーツ・サイドゴアブーツなど、比較的丈の短いメンズブーツを収納する場合は、突っ張り棒を棚板代わりに使うアイデアがおすすめだ。この収納方法は下駄箱の1つの段が上段と下段に分かれるので、収納できる靴の数を倍にすることができる。

やり方は簡単、2本の突っ張り棒を下駄箱の棚と棚の間、真ん中あたりに取り付けるだけだ。メンズブーツが安定して乗るように、突っ張り棒を手前と奥に1本ずつ設置しよう。突っ張り棒を設置したら、あとは靴を上段と下段に分けて収納すればOK。重い靴は落下しやすいので、突っ張り棒の下に収納しておくとよいだろう。

ロング丈のメンズブーツを収納する場合

エンジニアブーツやスノーブーツなど、丈がやや長いメンズブーツは、突っ張り棒を使った吊り下げ収納がおすすめだ。この方法でメンズブーツを収納する場合は、突っ張り棒のほかにピンチ付きのハンガーが必要となる。100均で売っているスラックスハンガーやスカートハンガーが便利だが、用意できない場合は通常のハンガーに洗濯用ピンチを付けてもOKだ。

アイテムが用意できたら、早速ピンチでブーツの履き口部分を挟んでいこう。あとはハンガーごと突っ張り棒に引っかけておくだけでOKだ。吊り下げられたメンズブーツの下に空間が生まれるので、そのスペースを使ってさらに靴の収納ができる。ただし、100均の突っ張り棒は耐荷重が低いので、メンズブーツを吊り下げる際は落下しても大丈夫なものを選んでおこう。

3. ニトリのシューズケースを使ったメンズブーツ収納術

使用頻度の低いメンズブーツは、ニトリのシューズケースに入れて玄関以外の場所に収納しよう。ニトリで販売しているブーツ用のシューズケースは、サイズの大きなメンズブーツでもすんなり入る大きめのサイズ(幅52×奥行30cm)になっているのが特徴だ。しかし横幅は11cmとスリムなので、立てて収納すれば狭い玄関でもメンズブーツをスッキリと収納することができる。ただし、購入する際はあらかじめブーツのサイズを測り、ケースに入るかどうか確認してから購入しよう。

また、ニトリのシューズケースは持ち出しやすい取っ手がついているのも嬉しいポイントだ。クローゼットや棚の上に積み重ねていてもすぐに取り出すことができるので、玄関に収納スペースがない場合はぜひ活用してほしい。

4. そのほかの100均アイテムを使ったメンズブーツの収納アイデア

メンズブーツの収納に活用できる100均のアイテムは突っ張り棒だけではない。ここでは、突っ張り棒以外の100均アイテムを使ったメンズブーツの収納アイデアを2つ紹介していこう。

100均のシューズケースを使った収納アイデア

100均のシューズケースは、デッドスペースを活用した収納にぴったりのアイテムだ。積み重ねて使えば収まりの悪いメンズブーツを何足も収納できるうえに、型崩れを起こす心配もない。さらに靴の汚れがつかないので、玄関以外にメンズブーツを収納することもできる。100均のシューズケースは中にどんな靴が入っているのかわかるクリア素材になっているため、使用頻度の低いメンズブーツをディスプレイ収納として飾っておくのもよいだろう。

100均のすのこを使った収納アイデア

玄関が狭いうえに下駄箱もない場合は、自分で収納スペースをDIYしてみるのも1つのアイデアだ。100均のすのこを使った下駄箱は、場所をとる大きめのメンズブーツも2~3足は収納することができるのでぜひチャレンジしてみてほしい。用意するものと作り方は以下の通りだ。

用意するもの

  • 同じサイズのすのこ×5枚
  • 木工用ボンド
  • 釘・トンカチ

作り方

  • 桁(出っ張っている部分)を内側に向け、すのこを2枚立たせる
  • 残りの3枚のすのこの両端に木工用ボンドをつけて、立てたすのこの桁部分にくっつける
  • 接着した部分に釘を打つ
なお、すのこに色をつけたい場合は、組み立てる前にペンキで塗装しておいた方がよいだろう。玄関の雰囲気に合わせ、自分好みの下駄箱を作ってみるのもおすすめだ。

結論

玄関にメンズブーツを収納するときは、すっきり見せるだけではなく、使いやすさにも気を配ることが重要だ。とくに狭い玄関の場合、メンズブーツをギチギチに収納してしまっては、取り出すときに形が崩れたり、ほかの靴がぐちゃぐちゃになったりしやすい。コツとしては、少しだけすき間を作って収納することだ。100均の突っ張り棒やシューズケースを使って、効率よくメンズブーツを出し入れできる玄関をつくっていこう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ