このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カインズホームのキッチン収納を使って、片づけ上手になろう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月22日

家具・インテリアから日用品まで幅広くそろうカインズホームだが、実は収納アイテムも充実しているのはご存知だろうか。調理器具や消耗品で溢れやすいキッチンは、工夫をこらしたカインズホームの収納アイテムを活用するのがおすすめだ。今回紹介する収納アイテムは「収納」「取り出し」「中身の確認」が3拍子そろうため、キッチンに置くだけで整理整頓が得意になるだろう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カインズホームの引き出しケースはキッチンにおすすめ

カインズホームの収納アイテムはただ物を入れるだけじゃなく、保管のしやすさや取り出しやすさも兼ねそなえている。システムキッチンの引き出しにぴったりな「Skitto(スキット)」は上から見やすく中身を確認しやすいので、キッチンの消耗品の収納におすすめだ。隙間をつくりにくいシンプルなボックスタイプは、引き出しの中で並べて置いても見栄えがよく、正面がくぼんでいるデザインなので、キッチン棚に並べて置くのもおすすめだ。

カインズホームの収納アイテムは、シリーズごとに種類が多い。スキットはMサイズとLサイズ、隙間に収納しやすいスリムサイズがあるため、引き出しの空いたスペースに収まるサイズも見つかるはずだ。収納ケースをシンプルな色でまとめると中身が見やすく、統一感のある収納ができるだろう。

2. カインズホームのキャスター付き収納で隙間を活用

どうしてもできてしまう冷蔵庫やシステムキッチンの隙間には、スリムなキャスター付きストッカーがおすすめだ。カインズホームのストッカーは、17 cm×41.5cm、高さ83.3cmのスリムなサイズがある。キャスター付きなので狭い隙間から取り出しがしやすく、キッチンの掃除のときにも便利だ。

収納段は4つあるが、別売りの5種類のパーツを追加して自分好みにカスタマイズしてもいい。収納するものに合わせてスペースをつくれるので、無駄なスペースを決めやすくなる。キッチンごみの分別や、食材・消耗品などのストックに便利だろう。

ビンやペットボトルの収納はすぐに取り出しやすいワゴンタイプもおすすめだ。重くても取り出しやすいように、キャスターと取っ手がついている。取っ手はタオルかけとしても使うことができるので、料理中すぐに手を拭きたいときにも便利だろう。

3. カインズホームの積み重ね棚は鍋の収納に便利

キッチンのシンク下がデッドスペースになっていないだろうか。収納スペースはあるものの、排水トラップの存在が収納のハードルを上げてしまう。しかし、カインズホームのシンク下収納棚なら、排水トラップを避けての設置が可能だ。棚板の隙間や棚の高さを調節すると、場所をとる鍋や調理器具をコンパクトに収納できるだろう。棚板は水洗い可能のポリプロピレンなので衛生的に使えるのもいい。

どうしても収納が足りないと感じるときは、収納棚を見直してみよう。食器は積み重ね過ぎると下のお皿が取り出しにくくなる。カインズホームのコの字ラックは、約20×20cm、高さ17cmの食器棚に収まりやすいサイズだ。食器を重ねたり、和食用・洋食用に分けてお皿を収納してもいい。段の隙間を有効活用しつつ、取り出すスペースもできるので食卓の準備もはかどるだろう。

結論

キッチンで収納する物や種類はさまざまだが、収納するときの重さも考慮して、転倒や破損のリスクも頭に入れておこう。キャスター付きのストッカーは効率よく収納ができるが、重いものを収納すると床にキズがつく場合もあるので注意が必要だ。カインズホームの収納アイテムには、取り扱いが簡単なポリプロピレンが多く、組み立てや手入も楽なので、収納場所を変えたり、片づけたいときにも便利だろう。使い勝手のいい工夫をこらした収納アイテムは、置くだけでキッチンがきれいに片づきそうだ。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ