このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

布団の収納アイデア。ニトリやIKEAのグッズを使った収納術

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月 8日

布団はかさばるうえに、季節ごとのかけ布団や毛布、来客用、家族用と数も多いので、収納に困っている人は多いのではないだろうか?ここでは、かさばる布団の収納アイデアを紹介する。併せてIKEAとニトリのおすすめの収納グッズも紹介するので、参考にしてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. おすすめの布団の収納方法

布団のおすすめの収納方法には、次の3つの方法がある。どの方法でも布団をすっきりと収納できるので、自分に合ったおすすめ方法を選んでほしい。

布団収納ケースを使う

布団は、そのまま重ねて押し入れに収納すると下になった布団が取り出しにくい。また、あまり積み重ねすぎると崩れてしまうので、押し入れの上部にデッドスペースができやすいのも悩みだろう。その場合は、布団用の収納ケースを使用するとよい。布団収納ケースは、積み重ねても立てても使用することもできるので、デッドスペースを少なくして押し入れを有効に活用できるアイテムである。

布団圧縮袋を使う

布団圧縮袋を使用すると、かさばる布団が小さく収納できる。収納に使うスペースが少なくてすむので、押し入れやクローゼットなどの収納スペースが少ない家庭におすすめの方法だ。ただし、重いうえに固くなるので出し入れがしにくい、というデメリットがある。

ソファやクッションにする

普段使わない布団や毛布は、くるくると丸めたり布団収納袋に入れたりして、その上からマルチカバーをかけると、ソファやクッションとして使用できる。収納スペースが少ない場合におすすめのアイデアだ。

2. IKEAの収納ケースは布団の収納に最適

IKEAの収納ケース「SKUBB(スクッブ)」は、布団の収納に最適のアイテムだ。SKUBBには、四角、長方形、ボックスの3つの形がある。どれも重ねて収納できるので、収納スペースを無駄なく利用できるのがメリットだ。重ねるだけでなく立てて収納も可能なので、自分の家の収納スペースに合った方法を選ぼう。

IKEAのSKUBBは持ち手がついているので、押し入れの天袋やクローゼットの上部の棚にも収納しやすい。長方形の製品はスリムなので、ベッドの下にも収納でき、デッドスペースを有効活用できる。中が見えにくい仕様なので、ラベルをつけて、中にどの布団が収納されているかがわかるようにするとよいだろう。

また、似たような製品にIKEAの「STUK(ストゥーク)」がある。STUKは、横に置いたときに持ち手が横向きについているのが特徴だ。SKUBBの持ち手は縦向きなので、使いやすい方を利用するとよい。

3. ニトリの布団収納アイテムですっきり収納

ニトリでは、布団収納バッグや、布団を収納するのに便利な専用棚が販売されている。

ニトリの布団収納バッグの「タクミ」は、真ん中に取り外しが可能な仕切りがついている。仕切りを取ると、かけ布団など大きな布団が収納でき、仕切りを入れると、毛布やタオルケットを畳んで収納できるので自由度が高く便利である。立てて収納もできる点も、使い勝手がよい。サイズはS、M、Lの3種類展開されているので、必要なサイズを選びやすい。

ニトリの「ハンドルつき布団袋」は、その名の通りハンドルがついているので、持ち運びや出し入れがしやすい布団袋だ。布団収納バッグ「フォーレス」は、奥行のサイズが押し入れに2つ並べるとぴったりの大きさなので、押し入れの空間を無駄なく利用できる。中が見える窓が正面と側面の2カ所にあるので、どの向きで収納しても中が見えるのもメリットだ。それぞれ特徴が異なるので、ニーズに合ったものを選ぶとよい。

また、ニトリには、「幅の調整ができる押し入れ整理棚」と「幅と高さの調整ができる押し入れ整理(オシイレラック)」が販売されている。押し入れは空間が広いので、積み重ねすぎると出し入れが困難になるが、この棚を設置すると押し入れを2つに仕切って使うことができるのだ。押し入れ整理棚を設置して収納バッグや袋を使用すれば、押し入れのデッドスペースをなくすうえに、出し入れも簡単になるのでおすすめだ。

結論

布団はかさばるうえに数も多いので収納に困る場合が多いが、収納ケースや圧縮袋を利用すると
すっきりと使いやすく収納できる。また、押し入れやクローゼットに収納せずに、丸めたりケースに入れたりした後、マルチカバーをかけてソファやクッションとして利用するのもおすすめのアイデアだ。布団の収納アイテムを探しているなら、IKEAやニトリの専用ケースや棚を使うと、より収納しやすくなるだろう。おすすめアイテムを利用して布団をすっきりと収納してはどうだろうか?

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ