このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

下駄箱収納はニトリのアイテムが大活躍!広くてキレイな玄関の作り方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月 9日

「お、ねだん以上。」のキャッチフレーズでおなじみのニトリには、安くて機能的な下駄箱だけではなく、靴を上手に収納できるアイテムが豊富に揃っている。そこで今回は、ニトリのアイテムを使った下駄箱の収納アイデアを紹介しよう。現在、玄関に靴が何足も出しっぱなしになっている人はぜひ参考にしてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 下駄箱の収納力アップはニトリの突っ張り棒におまかせ

カーテンレールの設置やタオルかけとして使われることが多い突っ張り棒は、下駄箱の収納にも役に立つ。2本の突っ張り棒を下駄箱の棚の真ん中あたりに設置すれば、何と靴の上にさらに靴が収納できるスペースが生まれるのだ。また、突っ張り棒とシューズハンガーを併用することで、靴を何足もぶらさげて収納することもできる。まさに突っ張り棒は、下駄箱の収納に悩んでいる人が真っ先に用意するべきおすすめアイテムといっても過言ではないだろう。

なお、スニーカーやブーツを収納する場合は、100均ではなくニトリの突っ張り棒の活用をおすすめしたい。というのも、100均で販売されている突っ張り棒は耐荷重が約1~2kgと低く、靴ごと落下してしまう可能性が高いからだ。一方で、ニトリの「強力つっぱりポール(税抜925円)」なら、最大約15kgまでの重さに耐えることができる。お気に入りの靴を並べておきたい人は、ぜひニトリの突っ張り棒を下駄箱収納に使ってみよう。

2. ニトリのカラーボックスでおしゃれな下駄箱をつくろう

靴の収納スペースが足りないときは、玄関に下駄箱をもう1つプラスしてみてはいかがだろうか。ニトリの下駄箱はおしゃれなデザインのものが多く、インテリア収納にもおすすめといえる。しかしもっとおすすめしたいのは、ニトリのカラーボックスを使っておしゃれな下駄箱を自作することだ。

ニトリのカラーボックスはスリムなサイズになっているものから、扉がついているものまで、実にさまざまな種類がある。そのまま置いても便利だが、棚板を増やして靴をディスプレイ収納したり、ペンキやステッカーでリメイクしたりすれば、さらにおしゃれな下駄箱として活用することができるだろう。

3. 下駄箱に眠るシーズンオフのアイテムを収納するアイデア

下駄箱の中には、シーズンオフの靴や普段あまり使わないスポーツ用品、趣味の道具などが眠っていることも多い。そんなときもニトリのアイテムを使えば、下駄箱をすっきり見せて無駄のない収納ができるはずだ。ここでは、シーズンオフのアイテムを収納するアイデアをいくつか紹介しよう。

アイデア1.使用頻度の低い靴はニトリのシューズスペーサーに収納しよう

普段あまり履くことがない靴には、ニトリの「シューズスペーサー(税別370円)」を使ってみよう。ニトリのシューズスペーサーは、1足分の幅で2足の靴が収納できる商品だ。下駄箱の棚に並べておけば、すっきりと見栄えよく靴を収納することができる。ただし、取り出すときはいったんシューズスペーサーを下駄箱から取り出さなくてはいけないため、使用頻度の高い靴は収納しないように注意しよう。

アイデア2.履かなくなった子どもの靴を収納する

サイズオーバーで履けなくなった子どもの靴をとっておく場合は、ニトリのシューズケースがおすすめだ。ニトリのシューズケースはクリア素材になっており、中にどんな靴を入れているか一目で分かるようになっている。さらに、重ねて収納ができるつくりになっているので、玄関上のデッドスペースなどにも活用することが可能だ。販売されているシューズケースは男性用(税別462円)と女性用(370円)のみの2種類でキッズ用はないが、13~15cmの靴は女性用シューズケースに約7足収納することができるので、ぜひ試してみてほしい。

アイデア3.スポーツ用品や趣味で使うものはニトリのインボックスに

靴以外のアイテムは、ニトリのインボックスを使って隠す収納をしてみよう。目的別にアイテムをまとめておけば、いざ使うときでもサッと取り出すことができて便利だ。また、玄関下とたたきの間にスペースがある場合は、インボックスにキャスターをつけて活用するとデッドスペースにもアイテムを収納することができるので試してみてほしい。

結論

収納スペースが足りないからといって、大容量の下駄箱を購入してしまうと、コストがかかるだけではなく、玄関自体が圧迫された空間になってしまう。下駄箱の収納に困ったときは、まず靴が置けそうなすき間を見つけてみることから始めてみよう。そして、ちょっとしたすき間をニトリのアイテムで有効活用すれば、さらに効率よく靴が収納できるはずだ。「お、ねだん以上。」の商品で、すっきりした下駄箱を目指していこう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ