このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【無印良品が活躍】洗濯バサミをおしゃれに収納する秘訣とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月14日

洗濯グッズの中でも、小さくてたくさんあるため収納に困るのが「洗濯バサミ」だ。どうしてもごちゃごちゃとしてしまいがちな洗濯バサミだが、すっきりと収納したいと思っている方が多いのではないだろうか?そこで今回は、無印良品のアイテムを使って洗濯バサミをおしゃれでシンプルに収納するアイデアを紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 無印良品で洗濯バサミを収納するアイデア

シンプルでおしゃれなインテリアを目指す方にはおなじみの「無印良品」。洗濯バサミも、無印良品のアイテムを使ってシンプルでおしゃれな収納をしてみよう。

洗濯バサミの収納は、カゴに入れて洗濯機の近くに置いたり、洗濯干し場の近くに置いたりするのが一般的だが、もっとシンプルでおしゃれに、インテリアに合った洗濯バサミ収納をしたいと思ったらアイデアが必要だ。アイデアと工夫次第で、洗濯用品以外のアイテムも洗濯バサミ収納として活用することができるだろう。では、次の章より無印良品のアイテムを使った洗濯バサミ収納のアイデアをいくつか紹介しよう。

2. 無印良品アイテムでシンプルに洗濯バサミを収納

洗濯バサミをシンプルに収納する場合、まず紹介したいのが「やわらかポリエチレンケース」だ。これは柔らかい素材のポリエチレンを使ったケースで、別売りのふたを使用することでスタッキングもできる無印良品の人気アイテムである。耐水性にも優れているので、水を使う洗濯機まわりでの使用にも最適だ。サイズも豊富にあるのでぴったりのものが見つかるだろう。

洗面台の下などに収納したい場合におすすめなのは「PPファイルボックス」だ。こちらも無印良品ではおなじみの、シンプルで豊富なラインナップが魅力の人気アイテムである。PPファイルボックスの中に洗濯バサミを入れて洗面台の下などに入れれば、洗濯バサミがすっきりと収納できるだろう。

「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」に洗濯バサミやハンガー、布団はさみなどの洗濯グッズをまとめて収納するアイデアもおすすめだ。ポリプロピレン頑丈収納ボックスはベランダや軒下などの屋外でも使えて、持ち手がついているので運ぶのにも便利だ。簡易的な腰掛としても使えるので、ベランダの片隅にでも置いておけば何かと便利に使えるだろう。雨風による汚れも気にならず、使いたいときにさっと使えて片付けられ、ランドリーバスケット置き場にもなるシンプルだが優秀なアイテムだ。

3. 無印良品アイテムでおしゃれに洗濯バサミを収納

無印良品のアイテムでおしゃれに収納する時におすすめなのが「ワイヤーバスケット」である。強度が高くてさびにくいステンレスを使用したワイヤーバスケットは、水回りでの使用にも適しており、大き目のサイズのものにハンガーなどと一緒に収納してもよいだろう。

細かい洗濯バサミだけ「ポリプロピレンメイクボックス」に入れてワイヤーバスケットに収納する方法もおすすめだ。無印良品のステンレスワイヤーバスケットには、置いておくだけでおしゃれに見える不思議な魅力があるので、おしゃれ収納を目指す方にはぜひ使っていただきたいアイテムである。

また、ひとあじ違った収納方法としておすすめなのが口の広いビンに洗濯バサミを収納する方法だ。無印良品のキッチン用品である「ソーダガラス密封ビン」の中に洗濯バサミを入れて置いておけば、おしゃれなインテリアのように見えるだろう。洗濯バサミ自体を「ポリカーボネートピンチ」に変えて色を統一したり「ステンレスひっかけるワイヤークリップ」などにしてみたりすると、おしゃれさが一層際立つ収納となるだろう。

結論

数が多く小さいだけに散らばりやすい洗濯バサミ。しかし無印良品のアイテムを駆使すれば、あなたの自宅に合ったシンプルでおしゃれな洗濯バサミ収納が叶うだろう。洗濯バサミの収納を考える際には、今回紹介したアイデアをぜひ参考にしてみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ