このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

電子レンジのアースの付け方と注意点!必要性を理解して安全に使おう

投稿者:ライター 渡辺恵司(わたなべけいじ)

2019年12月 4日

電子レンジのアース、正しく理解しているだろうか?必要性や取り付け方、アースを取り付けてはいけない場所、延長したい場合はどうすればいいかなど、正しく理解しておかないと感電など思わぬ事故の原因になることも。電子レンジのアースについて解説していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 電子レンジのアースの必要性を正しく理解しよう

電子レンジのアースとは本体裏から延びている、緑や黄色と緑の細いコードのことだ。電子レンジに限らず、水気や湿気の多い場所はアース工事が義務付けられている。

アースを接続していなくても電子レンジはその機能を果たしてくれる。ではなぜ必要なのか?再確認しよう。

電子レンジにアースが必要な理由

電子レンジのアースは、コンセントのアース端子に接続する。万が一電子レンジが漏電した場合、その端子を介して電気を地面に流す役割を担っている。もしアースがなければ、故障や水濡れによる漏電などで感電してしまう可能性がある。

ほかにも、アースにはさまざまな役割がある。電子レンジ本体に生じている静電気を逃がす役割、電子レンジが発する電磁波による妨害から他の家電を守る役割、そして避雷だ。

普段電子レンジのアースなど意識することは少ないだろう。だが、私たちの身を守る大切な役割を果してくれているのだ。

2. 電子レンジのアースの付け方は?取り付けNGな場所も!

電子レンジのアースの取り付け方

まずはコンセントを見てみよう。プラグを差し込む穴の下や横にアース端子があれば、そこに取り付けることができる。

電子レンジ裏のアース線の先端を「よじりながら」皮を剥いていく。力を入れすぎると芯線を傷つけてしまうため注意しよう。

アース端子がつまみタイプの場合、回してゆるめ、アース先端をフック状に少し丸めて端子に巻きつける。あとは外れないようにしっかりつまみを締めればOK。

アース端子がふたタイプの場合、ふたを開けてネジを緩める。同じようにフック状に丸めたアース線を端子に巻きつけてしっかりネジを締めてふたを閉じる。

アース端子がワンタッチタイプもある。この場合はカバーを押し上げ、アース線を丸めずにまっすぐな状態で差し込む。その後、カバーを閉めてアース線が抜けなければいい。

いずれも、取り外す場合は逆の手順で行う。

なお、複数のアース線を一箇所のアース端子に接続することができる。電子レンジと冷蔵庫などが、同じアース端子に接続されていてもいい。

注意点と取り付けNGな場所

作業前に、必ず電子レンジの電源が抜けているか確認しよう。また、アース線は抜けないかどうか、最後にしっかり確認することも忘れずに。

「ガス管」「水道管」「電話のアース線および避雷針」は、アース線の取り付けが法令で禁止されている。

一般的にはこうした場所に電子レンジを置いたりアース線を取り付けたりすることはないと思うが、念のため頭の片隅に入れておきたい。

ガス管に接続するとガス漏れ、引火、爆発などの恐れがある。水道管は樹脂製が多いため、安全にアースできない。また電話のアース線や避雷針は、落雷があったときに危険だ。

3. 電子レンジのアースが短く延長したいとき

電子レンジのアース線が短く、どう考えても延長しなければならない場合、「継ぎ足し」は避けたい。

ホームセンターには継ぎ足し用のアース線が売られており、継ぎ足し方法を説明しているサイトもあるが、素人がやるにはリスクがゼロではない。

安全性の観点からも避けたほうが無難だ。正しく継ぎ足せず、アースとしての機能を十分に果たせない可能性もある。

電子レンジのアースを延長したいときは、市販のアース線を購入しておおもとから付け替えよう。電子レンジ本体の裏を見れば分かるが、ネジ留めされているだけなので、取り外しは簡単だ。

なお、市販のアース線を新たに購入する場合は、芯線の外径が1.25平方ミリ以上の「銅撚線」か、1.6平方ミリ以上の「軟銅単線」を選ぼう。分からない場合は、電子レンジの取説をチェックだ。

4. 電子レンジやコンセントにアースがない場合

電子レンジにアース線が付いていないケースや、電子レンジのアースを接続する端子がコンセントにないケースもある。

前者は電子レンジを購入した販売店に連絡して相談しよう。取説も読んでおくとスムーズだ。

後者は電気工事が必要になる。アース工事は資格を持った専門家しか行えないため、販売店、電器店、電気工事業者などに連絡しよう。賃貸なら大家または管理会社に連絡するとよいだろう。

結論

電子レンジのアースは感電などのトラブルから身を守ってくれる大切な設備だ。もし取り付けていなければ、早速取り付けよう。またホコリが溜まらないように、定期的に乾いた布で拭くか、エアーダスターなどでキレイにしておこう。劣化が見られる場合も、取り替えることをおすすめする。少しでも分からないことがあれば、無理せず専門家に相談しよう。くれぐれも、作業は慎重に。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ